合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2021年度合格】Y・Kくん

  • 修道中
  • 広島なぎさ中
  • 協創中

 僕は五年生から白石学習院に入塾しました。しばらくは宿題以外のことはしていませんでした。初めての模試で偏差値五十ぴったりをとった時は正直びっくりしました。その後、調子に乗っていたら少しずつ成績は下がっていき、あっという間に一年が過ぎました。
 六年生になり、さすがにやばいと思いました。算数の先生から「わからなかったら質問して」と言われ、質問をしまくりました。すると算数の成績が急上昇しました。この結果に僕はおどろきました。クラスもFに上がることができました。しかし、クラスが上がったことでまた調子に乗っていると成績が下がり、最後の答練会でも下がったままでした。最後の一か月、本気で頑張ったら、第一志望の学校に合格することができました。
 中学受験を経験し、継続することの大切さを知ることができました。

【2021年度合格】Y・Kさん

  • 広島なぎさ中
  • 県立広島中
  • 広島女学院中

 私は、五年生になってから入塾しました。
最初の模試からJクラスの中では成績は良い方で、すぐにFクラスに上がることができました。そのとき私は少し油断をしていて、あまり勉強しなくなってしまいました。模試ではなかなか思ったような成績が取れず、その後も少しずつ成績が下がっていってしまいました。
 六年生になり、今までで一番悪い成績をとってしまい、このままだと危ないと思いました。そこで、休憩時間に算数のわからない所を先生に聞いていくようになりました。すると、算数は偏差値六十くらいとれるようになりました。
 受験は、最後まで油断せずに勉強に取り組むことが大切です。いつも支えてもらっている家族、先生達に日々感謝しながらあきらめずに最後までやりぬいて頑張って下さい。

【2021年度合格】O・Kくん

  • 広島なぎさ中
  • 広島学院中
  • 修道中

 僕は五年生から白石学習院に入塾しました。五年生の前半は成績も一応良く、当時の僕はそれで満足し、授業もさほど真面目には受けていませんでした。すると、六年生になって成績がガタっと落ちてしまいました。理由は理系科目で点数が取れなくなってきたことと、得意な社会を調子に乗ってやらなかったことです。それを見て激怒したのが母です。直しをきちんとやらされました。算数の先生には何度も怒られたので、算数をとにかくやっていると、だんだん楽しくなってきました。それに伴い成績も良くなりました。
これから受験をするみなさん、苦手な科目もやり続ければ楽しくなります。そして両親には尊敬と感謝を忘れないようにしましょう。ありがとう、です。

【2021年度合格】Y・Sくん

  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中
  • 広島城北中

 僕は、小さい頃から剣道をやっていました。昔から努力することだけが、自分を伸ばすことだと思っていたので、何事にも精一杯やればすべてできると思い、受験を始めました。
 しかし、どれだけ頑張っても思うようにはいかず、時には授業から逃げたい日々も多くありました。でも、そこであきらめなかったことが今の自分につながっていったと思います。
 受験日から八十日ほどある十月頃には、苦手科目の勉強をし、少しでも点数をあげようと頑張りました。そして、受験当日。自分なりに、はりきって試験に挑みました。
 結果では、第一志望ではなく、第二志望までしか届きませんでしたが、自分なりには精一杯やれたと思いました。それにこの結果は、自分だけの努力の力ではないと思います。自分を最後まで支えてくれた先生方、自分が受験をやり通すまで、最後まで背中を押してくれた両親や、祖父母のおかげだと今でも思っています。
 受験という試験は、単なる自分自身だけの力ではできません。自分を見守ってくれる人々がいることで、初めて成立するのです。
僕はその志を持ちながら進学後も頑張ろうと思います。僕を支えてくれた先生方、両親、本当にありがとうございました。二〇一九年から流行している新型コロナウィルスに負けずに頑張ってください。

【2021年度合格】N・Tくん

  • 広島なぎさ中
  • 広島学院中
  • 修道中

 受験をしてよかったと何度も思いました。そして、いろんな人に助けられることもありました。まず、先生です。わからないところを教えてくれたのは塾の先生たちでした。
そして親です。いろいろ協力してくれて、受験のサポートをしてくれています。自分ひとりでは合格は当然、受験するのも不可能でした。しかし、先生と両親が助けてくれたおかげで、頑張ることができました。
模試、答練会。良い成績は出ませんでした。だから直しをします。直しをすることで覚えていきます。受験に必要なのは、「やり直し」、「努力」、「やる気」の三つです。後悔だけはしないでください。良い結果が出なくても、決してあきらめないでください。時間はもとにはもどりません。
目指すのは志望校よりも、もっと上の学校を目指してください。志望校を目指すと、それなりの結果しか出ません。でも、それよりも上の学校を目指すことによって、志望校に到達しやすく、成績も伸びるでしょう。
入試当日になると、緊張しませんでした。楽しくなりました。すると、「ある気持ち」が生まれました。その気持ちを見つけるために、勉強を頑張ってください。

【2021年度合格】I・Kくん

  • 広島城北中
  • 広島なぎさ中
  • 広島国際学院中

 僕は、四年生の春に入塾しました。四年生のころは成績が良かったのですが、それで調子に乗ってノートに式を書いていなかったのが原因なのか、五年生になると急に成績が落ち、クラスもFからJになってしまいました。「このままでは第三志望校すら受からないのでは?」という不安が頭の中にありました。五年生の最後の模擬試験で一度成績は上がりましたが、コロナウィルスの感染拡大で、オンライン授業に切り替わった春ごろから、またモチベーションが下がってしまい、ずっと成績が低迷してしまいました。そして最後の答練会では国語で三十五点という、ぼろぼろの結果でした。さすがにやばかったので、「週二日の自習と、わからないところの先生への質問、さらに友達どうしでもわからないところを教えあう」ということを一か月続けた結果、成績が急に伸びました。結果は、惜しくも第一志望には届きませんでしたが、第二志望校に合格しました。これから受験にのぞむ皆さん、まずは「式をきちんと書く」ということと、入試本番では「今まで教えてくれた先生の顔を思い出すこと」この二つを守って受験にのぞんで下さい。

【2021年度合格】N・Kくん

  • 広島なぎさ中
  • 修道中
  • 広島国際学院中

 僕は五年生の春に入塾しました。入ったときは周りのレベルが高いと感じました。五年生の途中までは、偏差値が目標を超えられず、ずっとJクラスでした。しかし、先生との三者面談がきっかけで勉強する量が増えました。そして、五年生の第四回模擬試験で目標を超えることができました。
一方で、勉強しても成績があまり伸びない教科がありました。それは理科です。理科は自分の中でも苦手な教科であり、内容があまり理解できていませんでした。必死に解こうとして悩んで解けなかったら、すぐに質問するようにしました。すると、すぐに理解し、段々と色々な問題が解けるようになっていき、過去問の問題も少しずつ解けるようになりました。
そして、自分を支えてくれた、お父さんやお母さん、白石学習院の先生に感謝し、これから中学校で頑張っていきたいと思いました。

※1

【2021年度合格】I・Eさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 広島なぎさ中
  • 市立広島中

 受験を通して大切だと思ったことがあります。まず、体調管理です。コロナが流行っている今は、より体調に気を付けなければなりませんでした。コロナにかかったら、どんな理由があっても受験することができません。私は、手洗いやうがいをこまめにして、感染予防に努めました。
次に、自分を支えてくれた人に感謝することです。コロナのせいでずっとマスクをしていたことや、オンライン授業で、勉強がやりづらくなったことで、ストレスがたまってイライラすることが多くなりました。でも、そんな中でも自分を支えてくれる人がたくさんいました。私があきらめずに、最後までがんばることができたのは、私を支えてくれた人たちがいたおかげです。そんな人たちを大切にすると、きっと神様も味方してくれます。最後まであきらめずに精一杯やりきってください。

【2021年度合格】Y・Mさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中
  • 安田女子中

 私は小三から白石学習院に入りました。入試が終わる最後の日まで先生方の授業は楽しかったし、何度も先生方には励まされました。面倒なことが嫌いだったはずの私でも必死に勉強しました。私はVクラスにいましたが、自分の中ではVクラスにしがみついているような感覚でした。クラスの人たちとは仲は良かったけど、Vクラスの枠に片足くらいしか入れていないと思っていたりもしました。「合格したい。」という気持ちが盛り上がったり、少し沈んでしまったりしながら、それでも「Vクラスに残って勉強したい。」、と頑張りました。入試本番ぎりぎりまで頑張って、やっとVクラスに全身入れたような気がしました。私の母は「一番頑張ったのは自分だよ。」と言ってくれましたが、私は素直に受け入れられませんでした。私が「何の問題もない立派な子」でなかったからこそ、母や塾の先生方の支えが人一倍私に伝わってきました。受験は苦しいです。でも絶対に楽しいはずです。毎日こつこつ頑張ることを忘れることなく、後悔のない受験を楽しんでください。

【2021年度合格】O・Rさん

  • 広島なぎさ中
  • 広島女学院中
  • ノートルダム清心中
  • 安田女子中

 受験を通してわかったことがあります。一番大切なのは、テストの結果などで一喜一憂しないことです。模擬試験や答案練習会の結果で落ち込みすぎたり、喜びすぎたりすると、勉強に集中できなくなってしまいます。
また、分らないところがあったら質問することです。五年生のときはわからないところがあっても、まあいいや、と思い質問しませんでした。しかし六年生になり、みんなに追いつけなくなることがありました。それから質問するようにすると、その遅れを取り戻すことができました。
そして最後に、受験前の追い込みが大切だということです。十二月、一月に今までよりたくさんの課題をしました。それが入試の合否に影響します。
受験は一人ではできません。周りの人達に支えられて受けられる。どうかそのことを頭に入れて臨んでください。