愛情レシピ

blog-recipe

主食が大切!

【塾デリカ】でもおなじみの“一汁三菜”=汁物、主食、副菜×2、あるいは果物です。

日本人の主食は、何と言っても“お米”!

この“お米”には、本当にたくさんの栄養素が含まれているだけでなく、効率良くエネルギーを供給してくれる車のガソリンのようなものです。

なので、“お米”を毎日食べることはとても大切です。

さらには、“お米”の中に含まれているブドウ糖は、唯一脳の栄養になることができる成分なので、“お米”をしっかり食べていると、「頭がはたらく」ようになるのです。

“お米”を食べることは、実は【頭が良くなるための第一歩!】なんですね~♪

よく保護者の方々から、「頭が良くなる食事」があれば知りたい…というご質問をいただきます。

主食の“お米”が大切!ということで、和食を中心とした普通の“一汁三菜”が、実は栄養バランスの取れた「頭が良くなる食事」と言えるのかも知れません。

お母様方が、心を込めて作る毎日の料理がすべて、頭が良くなるどころか‘心もカラダも健全に育つ’こと間違いなしで、かなりの頭が良くなる食事だと思います。

塾に通っている皆さんは、塾前に腹ごしらえをしたり、限られた時間の中で食事をしたりと忙しいでしょうが、“お米”のブドウ糖をしっかり摂って、脳を働かせる効果をフル回転させるため、手軽に食べられる栄養たっぷりの【栄養バランスおにぎり】をご紹介してみます。

この場合、合間で食べる食事ということで、夕飯ではありませんよ。

今が旬の菜の花や、山口名産のハナッコリーを混ぜ込んだ、たっぷりと青菜が食べられて栄養の摂れる混ぜご飯のおにぎりです。

 

【栄養バランスおにぎり】  2人分

・白米    2合

・菜の花(ハナッコリー) 1/2袋 

・生姜    1片 ~千切り

・ちりめん  10g

・白いりごま・かつお節  適量じじじら、さじの「頭が良くなる」

・しょうゆ  適量

・塩     少々

・ごま油   大さじ1

①菜の花はさっと茹でてしっかりと水気を切っておく。飾り用に穂先を取り、残りは刻んでおく。

②フライパンにごま油を熱し、生姜とちりめんを炒め、カリカリになってきたら、①としょうゆを1回しかけて、さらに炒める。

③白ごま(大さじ1/2)とかつお節(3g)を加えて軽く炒めたら、すぐ火を止める。

④炊き上がった白米に混ぜて、おにぎりにして穂先をトッピングしたらできあがり!

 

よくコンビニ等で売られている、ちまたでお馴染みのおにぎりの具材(=梅・鮭・ツナマヨ・昆布・めんたいこ・ワカメ&じゃこ・納豆・鶏五目・赤飯)で、栄養ポイントがかなり違うのですよ。

*梅 :エネルギーをストックして、長距離ランナー等におすすめ

*鮭 :ストレスを軽減してくれる抗酸化作用の栄養素が豊富

*ツナマヨ:栄養補給やウエイトアップには○

*昆布:ミネラル補給にはOKですが、カロリー、塩分は高め

*めんたいこ:必須アミノ酸は多いが、コレステロールや脂質は高め

*ワカメ&じゃこ:健康志向には○、ビタミンやミネラルが豊富でイライラ解消UP

*納豆:良質のたんぱく質が摂れ、腸内環境が整い、免疫力UPにつながる

*鶏五目:具材が豊富で満腹感が得られるため、エネルギーを温存する人等におすすめ

*赤飯:もち米が使われているため、腹持ちが良い。間食におすすめ

 

いかがですか。

具材でこんなにも違うおにぎり!

子どもさんに、腹ごしらえで食べさせる、塾弁に持たせるおにぎりの参考にしてみてくださいね。

春のエネルギーで花粉症対策?!

今春はいつまでも寒かったせいか桜の開花が遅かったですね!  

春の始まりが遅い感じのスタートでしたが、一旦晴れると花粉の飛散がハンパなく、花粉症の皆さんにとってはつら~い日々ということで、落ち着いた新年度スタートとはならかった方も多いのではないでしょうか。

皆さんは、どのような新年度をお迎えでしょうか。

いよいよ今年が受験の年!と、思いを新たにされている新6年生のご家庭もたくさんおられることでしょう。

勉強も運動も遊びも、おまけに花粉症等のアレルギー対策も、すべてはバランスの良い食事があってこそ。

新学期を機に、食生活を再度見直してみて、免疫力強化でぜひ好スタートを切って行きましょう。

 

春はすべての命が芽吹く季節です。

山菜の芽等は寒い冬の雪の間を、必死に地上を目指して成長していきます。

昔から日本人はこのエネルギーをいただいて、春の不安定な気候による体調変化を乗り切ってきたということです。

ムズムズ、グシュグシュ…のつら~い花粉症にも、この春のエネルギーをいただきながら、また、花粉症の症状を軽くすると言われている食物を加えていただきながら、【食べる花粉症対策】をしてみませんか。

 

花粉症の症状を軽くすると言われている食べ物のひとつが、”レンコン”!

“レンコン”+αで、花粉症の季節を乗り切ろう!という提案レシピが、夕飯の副菜やお弁当にも入れられる【レンコンサラダ】です。

“レンコン”は、活性酸素を除去するポリフェノールの他にも、食物繊維や鼻の粘膜を保護するムチン、消炎効果のあるタンニンに、抗酸化作用のあるビタミンC等が盛りだくさん!  この”レンコン”に腸内環境を活性化してくれる’ひじき’を加えて、免疫機能をさらに高めます。

また、春の旬の野菜である”菜の花”を加えて、抗酸化作用を強化するビタミンAとC,Eの栄養を強化してくれますよ。

 

 

【レンコンサラダ】  2人分

・レンコン   80g位(約中1本分)

・菜の花    50g位(1パック)

・乾燥ひじき  大さじ1 ~水戻しをする

  • すりごま   大さじ2
  • マヨネーズ   大さじ1~2
  • ヨーグルト   大さじ1
  • しょうゆ    小さじ1

①レンコンは2~3㎜のいちょう切りをして、少量の酢を入れた水の中でアク抜き後、5~8分程度茹でてお好みの柔らかさにする。

レンコンが茹で上がる1分前にひじきを入れて、茹でる。

②菜の花も塩茹でをしておく。

③●をすべてボウルに合わせ、①と②を入れて、混ぜ合わせたらできあがり。

*味をみて、調整してください。

 

デパ地下風のお惣菜=デリカ風になりますよ~♪

 

お祝い飯に【鯛めし】!

何かとお祝い事の多い“春”のシーズンがやって来ましたね~♪

お家で簡単にできて、でも、ちょっぴり普段よりは豪華で、そして、栄養効果もバツグン!なものーー(?!)

考えました!!  “お祝い飯”に【鯛めし】はいかがでしょうか。

【鯛めし】は愛媛県に伝わる郷土料理のひとつです。 

鯛は瀬戸内海近海等で漁獲され、『魚の王様』とも呼ばれる高級魚です。 

また、‘めでタイ’とも言われるように、おめでたいお祝いの席に登場することも多い、縁起の良い魚です。 こんな‘鯛’を使った【鯛めし】を、お家でのお祝い事の席に登場させてみましょう!

【鯛めし】と聞くと、焼き上げた鯛を一匹丸ごと土鍋に入れて、ご飯と一緒に蒸し上げるイメージで、‘なんだかな~~’、と思われるかもしれません。

お祝いの席は、あくまでお家~!です。

もっと簡単に、鯛の切り身を使って、炊飯器で炊き上げます。

いつもの炊き込みごはんの延長で、気持ちも楽~に、【鯛めし】をどうぞ!

【鯛めし】の栄養は、お茶碗一杯でも、炭水化物・タンパク質はもちろんのこと、ビタミンAやB、食物繊維やミネラルの中でもカリウムが多く含まれますので、エネルギーの維持や疲労回復、疲れ目や夜間の視力低下を防ぎ、便秘にもよいという、お勉強に頑張っている子供さんにもバッチリ!のものばかりです。

お祝いとともに、これからの更なるエール!にも、良いと思いますよ。

 

 

【鯛めし】   2~3人分

・真鯛の切り身   6切

・塩        適量

・酒        大さじ1

  • 米        2合
  • 生姜(千切り)  1片
  • 麺つゆ     大さじ1~2(味見加減で)

  ~しょうゆ・酒   各大さじ2  でもOK!

  • みりん      大さじ1

・だし昆布     約10㎝

・三葉・刻みネギ  適量(トッピング用)

①フライパンにホイルを敷いて熱したところに、塩をしておいた鯛の切り身を並べて、焼き色を付けるように焼く。焼き色が付いたところで酒を振り入れて、フタをして蒸し焼きにし、身がふっくらとしたらOK!

②炊飯器に研いだ米と●の調味料を入れ、2合の水分量まで水を加えたら、だし昆布と①の鯛をのせて、スイッチON!

③炊き上がったら、昆布を取り出してさっくりと混ぜ、茶碗によそって、三葉(茹でて結び三葉にしておく)やネギをトッピングしてできあがりです。

★もっともっと栄養価を加えたい場合は、人参やごぼう、揚げ等を加えてもいいですよ。

★木の芽があれば、トッピングに木の芽を使うともっと格式アップです。

 

 

+αの旬のフルーツ!

【塾デリカ】の中の「贅沢デリカ」、+αで付いている”デザート”の中身が今年度から”旬のフルーツ”になりました!

お気づきでしたか!?

 

フルーツって美味しいですよね~♪

“旬のフルーツ”には、健康に良い栄養や効能がたっぷりです。

また、健康だけでなく、子供さんのお肌や粘膜系にも良いフルーツがたくさんあります。 

ということは、これからの時期、花粉症や乾燥肌などにもバッチリ!です。

フルーツってそこそこ高価で、どうしても”デザート”ってイメージがあるからか、日常的に食べているって少ない気がします。 また、甘いからか嗜好品として見られがちだったりしているように感じます。

でも、”フルーツ”の持つ健康効果に目を付けないのは、もったいない!!

健康的な生活を送るために、”フルーツ”を積極的に摂ることをオススメしますよ。

 

野菜やフルーツにはそれぞれの「旬」の時期があり、旬の時期に食べることは、美味しいだけでなくカラダに良いと言われています。 

では、『なぜ、旬のフルーツを食べるのが良いのか?』ということです。

昔の人々は旬の食べ物を食べることによって、四季の変化を楽しんできました。 また、旬の食べ物が人間のバイオリズムと深く関わっているとも言われており、気候の変動によって現れる体調の変化に合わせて食材を選ぶことを、古くからの知恵として持ち合わせていたのだとか。

旬の時期は”フルーツ”によっても異なりますが、基本的には3~4ヶ月と言われます。

“フルーツ”が季節に適応しながら成熟していくため、他の時期に育つものよりも栄養価が高く、味も優れていて美味しいという訳です。 野菜やフルーツの栄養価には必ず一年の間で山があり、栄養価が高くなった時期こそが、いわゆる「旬」と言われる時期なのです。 そして、旬の時期ではない時に収穫されたものは、旬の時期の何倍もの量を摂取しないと同じ栄養は摂れないというのです。 

これこそが、”旬のフルーツ”を摂取する必要性、ということです。

また、旬の時期は収穫量も多くなることから、フルーツの値段も手頃になり、私達主婦にとっては嬉しいことばかりです。

 

これから4月、5月=春の季節の”旬のフルーツ”は!?

いちご、キウイフルーツ、デコポン、甘夏みかん、グレープフルーツ等の柑橘類、びわ、マンゴー、さくらんぼ、ブルーベリーなど、です。

どれもこれも、甘酸っぱさと水々しさがたっぷりのフルーツです。 ビタミンCが豊富なので、含まれている抗酸化作用によってお肌や粘膜を活性化してくれますし、免疫力も強化してくれますから、風邪や花粉症予防、乾燥肌予防にも力を発揮してくれることでしょう。 また、ビタミンCはストレスや激しい運動等によって消費されやすいため、お勉強に頑張る子供さん達にとっては積極的な摂取が必要になりますよ。

栽培方法の多様化によって、旬とは関係なく一年中出回る”フルーツ”が多くなりましたが、どうせならば、食べたい”フルーツ”を何となく選ぶのではなく、栄養価の高い「旬」の時期を知り、”旬のフルーツ”を積極的に摂取することが賢い食事の方法だと言えそうです。

お家でも、お子さんといろいろとお話しながら、探してみませんか。

そして、「贅沢デリカ」の”旬のフルーツ”に何が付いてくるか、また栄養効果にも乞うご期待!ですよ。

 

塾デリカ試食会★2017

    今年も新年度への移行に伴い、「塾デリカ試食会」が各教室にて開催中ですよ!

東雲教室を皮切りに、国泰寺教室、牛田教室、五日市駅前教室で順次、開催されています。

今年度から「お弁当=‘塾弁’」が必要になってくる新5年生、または新6年生の生徒の皆さんと保護者の方々を対象とした「試食会」です。

 

「お弁当=‘塾弁’」を栄養面から、さらにパワーアップさせた「塾デリカ」です。

ここ最近は、例年にも増して「塾デリカ」の注目度がアップ!~で、昨年度は、過去最多の注文数をいただき、たくさんのお子様たちに利用していただきましたよ。

“デリカ”とは、ドイツ語で‘おいしい’という意味!

『一汁三菜』を基本とした、お食事パターンのお弁当で、安心・安全な食材や無添加に近い天然素材の調味料にこだわった、カラダにも頭にも良い「塾デリカ」です。

『一汁』は、こだわりのある出汁(アゴだしや昆布だし等)から作られている‘だしの素’を使い、甘味の出る野菜を煮込むことでカラダの芯からホッ!とできる一品として提供していただいている人気の味噌汁です。 

味噌には、国内産の大麦こうじと有機大豆から作られている“麦みそ”を使っているというこだわりようのものなのです。

 

また、毎日12~15品目の食材から作られたメイン&副菜で『三菜』を構成していて、体力&脳力&精神面にも強化できることを目指した、こだわりのあるものに仕上がっていますよ。

メニューコースは3種類!  基本の「応援デリカ」に、デザート=‘旬の果物’が付いた「贅沢デリカ」、そして「のっけデリカ」です。

‘旬の果物’は、プラスαすることで、免疫力を強化するため、風邪予防や疲労回復に欠かせません。

 

先日、マルハニチロホールディングスという食品会社が『受験と食事』ということで、受験生を持つご家庭にアンケート調査を行った結果を公表していました。

そこで、気になった結果がありました。 <親がどのようなことで「受験」をいかに応援しているか?>という調査回答です。

1位がやはり、「食事で応援」という回答が圧倒的で71.8%という結果でした。 その中には、「お弁当で応援」ということも3割強、含まれていて、いかに「食事」ということに気を使っているかということがわかった結果となっていました。

受験生を持つ保護者の方々が思うことは、全国共通なのだな~と改めて感じますし、私達「塾デリカ」チームとしましても、専属の栄養士・食育インストラクター・そしてハーストーリィプラスの主婦シェフの全員が一丸となって、日々考えながら前進していくこと、そして子供さん達に喜んでいただけるメニュー等で構成している「塾デリカ」を堪能していただけることを、まずは「塾デリカ試食会」で楽しいひと時として過ごしていただけたならば、嬉しい限りです。

 

昨年の「塾デリカ試食会」において、お子様はもちろん、保護者の方々にも大変好評でした“味噌汁”を今年もご試飲いただいています。

【どうしてこんなにもやさしいお味なんですか?】というご質問を多くいただきますので、ご家庭の“お味噌汁”をおいしくできる【プチ・ポイント】をお伝えいたしましょう。

まずは、【基本のだしの取り方】から!

 

 【基本のだしの取り方】  お椀で3~4杯分

・だし昆布     10㎝

・かつお節(削り) 30g(両手一杯位)

・水      1000cc

①昆布はサッと乾拭きをし、両側に適度にハサミで切り込みを入れておく。

②鍋に水と①をいれて、20~30分程度は浸しておく。

(浸す時間は、1時間でも前の晩からでもOK!です。)

③強火にかけて、沸騰直前で昆布を取り出す。=沸騰させると粘りやエグ味が出てきます!

④かつお節を入れて弱火にし、再度グラッ!としたら火を止め、鍋底にかつお節が沈むまで待つ。(アクが出るようなら取りながら行います。)

⑤かつお節が沈んだら、ザルにキッチンペーパーを敷いた上から、静かに濾してできあがりです。

*ペーパーを絞るとだしが濁ってしまうので、静かに待つのがポイント!

 

だしが取れたら、ほっこりとやさしいお味になる【プチ・ポイント】がコレです!

それは甘味!!

単なる甘味ではなく、野菜を煮込むことででる甘味が【ポイント】なのです。

「デリカ」の場合、毎回薄切りにした玉ねぎをトロけるくらい煮込んでいます。

他の具材もたっぷりと入れていただくことで、みんなが大好きな【味噌汁】になりますよ!

お味噌は、ほんのりと甘い‘麦みそ’を使っていますが、ご家庭の味の味噌を使ってもOK!  ぜひ、お試しくださいね~♪

 

2017年★酉年!パワーフード

2017_aijou02_1_02あっ!という間に一月も終わり、二月になってしまいました。

2017年(平成29年)は酉年です。 嘘か誠か(!?)、今年は鶏料理が運気アップの縁起物なんですって!

“信ずる者は救われる”ではありませんが、酉年にちなんで縁起物の鶏肉を使った鶏料理を日頃の食事に取り入れつつ、パワーアップしてみませんか。

酉年だから、鶏料理! 

中国のテッパンの鶏料理【油淋鶏】のご紹介です。

カリッと揚がった鶏肉に、ネギをふんだんに使った甘酸っぱいタレをたっぷりとかけていただきます。 風水では揚げ物は運気を上げる(=揚げる)と言われているので、今年の干支である鶏を揚げた料理はまさに開運効果が絶大のパワーフードというわけです。

鶏肉は鶏肉でも、今年一年間、お勉強に邁進する子供さんへの更なるパワーフードにするために、あえて“鶏のムネ肉”を使いましょう!  

なぜ“鶏のムネ肉”が最強のパワーフードなのかという理由ですが、闘い(!?)につきものの「肉体と精神の疲労に持って来い!」の食材だからなのです。

“鶏のムネ肉”は、美味しくて食べごたえバツグンなうえに、節約に持って来い!の食材だから~。。。  いえいえ、それだけではございません!

『なぜ、渡り鳥は休まずに何千キロも飛び続けられるのか?』

何千キロも飛び続けるなんて、よく考えたらスゴイことですよね。

実は、渡り鳥がずっと飛び続けていられるのは、彼らの体の中に含まれる抗疲労成分(=イミダペプチド)が影響しているということらしいのです。

健康予防医療産業振興プロジェクトが、渡り鳥の生態を分析し続けた結果、羽を動かす周辺にこの成分が多く含まれていることが分かったということです。

羽を動かすのに最も力を使うムネ周りに、疲労を感じずに居続けられることで、鳥はずっと飛び続けていられということなのです。

これは、今年のパワーフードとして、日々の食事でも取り込まない手はありません!

2017年の最強の縁起物として、【鶏ムネ肉】を使いましょう♪

2017_aijou02_1_01

   【鶏ムネ肉で油淋鶏】  2人分

・鶏ムネ肉      1枚

<下味>・塩こしょう 少々 ・酒  大さじ2 ・生姜のすりおろし  大さじ2

・片栗粉、サラダ油  適量

■油淋ソース

・長ネギ    Ⅰ/4本(みじん切り)

・麺つゆ    大さじ2

・みりん、酢  各大さじ1

・砂糖     大さじ1

・ごま油    小さじ1

・生姜     1片(すりおろし)

・ニンニク   1片(すりおろし)

◆付け合せ:・白髪ねぎ  10㎝位 ・赤パプリカ  Ⅰ/4個(細切り) 

      ・レタス等  適量

①鶏肉は、食べやすい大きさに削ぎ切りし、ビニール袋に入れて<下味>をつける。

 良く揉んで10分位放置しておく。

②■油淋ソースの材料をすべて混ぜ合わせ、レンジで1分~1分半加熱しておく。

③①に片栗粉を入れてまぶし、フライパンにサラダ油を少し多め(底から1~2ミリ位)に入れて熱し、片栗粉をまぶした肉を揚げ焼きにしていく。

④カリッときつね色になるまで揚げ焼きにしていき、中まで火が通ったらできあがり!

⑤お皿に、油を切った④と付け合せをトッピングし、上から熱々の油淋ソースをたっぷりとかけていいただきます。

 

鶏ムネ肉でもう一品! お弁当や一口おつまみにもOK!の簡単な【マヨ焼き鳥】です。

2017_aijou02_1_02

     【マヨ焼き鳥】 2人分

・鶏ムネ肉     1枚

<下味>・塩こしょう 少々 ・酒  少々 ・マヨネーズ  大さじ1

・小麦粉or片栗粉  大さじ1

・醤油、塩     少々(仕上げ用)

・長ネギ            食べやすい大きさで適量(付け合せ用)

①ムネ肉は皮を取って、繊維に沿って、食べやすい大きさに細切れにしていく。

②ビニール袋に①と下味を入れて揉み込む。小麦粉も入れて馴染ませる。

③爪楊枝に②のお肉をバランスよく刺していく。 

 *間に長ネギを刺してもOK!

④フライパンに油をひき、③を並べて焼いていく。 下側に焼き色が付いたら、ひっくり返して、弱火にしフタをして、お肉に火を通す。(2分位~)

⑤火が通ったら余分な油を拭き取り、醤油を回し入れて、お肉にサッと絡めてできあがり!

★お皿に盛ったら、塩をふるのがポイント!です。

 お好みで、マヨネース&七味唐辛子、青のり、すり胡麻等をつけていただきます。

★フタをして焼くのが、パサつかず、ふっくらとやわらかく仕上がるコツですよ♪

 

2017年、パワーフードで、ぜひ鳥のように大きく羽ばたいて、飛躍の一年にしましょうね!

 

カラダ&心も芯から温まろう!

受験本番!!
受験生のみなさんが万全な状態で本番に臨むことができるよう、また健康体で乗り切れるために、あと少し、まだまだ油断大敵です。
寒い中、入試の日程が連日のように続いて、お疲れモードもピークに達してくると、カラダのだるさや喉、頭の痛みなど風邪のひきはじめの状態を感じやすくなると大変です。
ゆっくりと休んでいる時間もまだまだないし~という時は、美味しいごはんで早めにカラダを温めましょう。
試験の終わったお昼ごはん時などに、早めのケアということで胃にもカラダにもやさしくて、カラダが温まるほっこり味わいの【炒めネギおじや】はいかがでしょうか。
生姜とネギがたっぷり入っているので、ポカポカと温まってきますよ。
ごま油で生姜とネギを炒めて、中華スープの素などを加えます。これだけで美味しさが伝わってきますが、ふんわりとやさしい卵で仕上げて、カラダ&心もほっこり気分です。
疲労回復・ストレスの緩和に最強のはずです!!

aijou_2017_1_2_1

【炒めネギおじや】  1人分
・ごはん     1膳分
・長ネギ     1/2本
・分葱      1~2本(小口切り)
・生姜      1片(5~10g)~チューブ(3㎝位)OK!
・溶き卵     1個分
・ごま油     小さじ1
・水       300cc
・中華スープの素 小さじ1
・塩       少々
①長ネギは斜め細切り、生姜は千切りにし、鍋にごま油と生姜を入れて熱して香りが出たら長ネギを炒める。
②焼き色がつく程度に①を炒めたら、水と中華スープの素を入れて煮立てる。そこにごはんを入れてほぐれて煮立ったら、分葱と塩で味を整え、最後に溶き卵を回し入れて馴染ませたらできあがり!
*お好みで、焼シャケや茹でささみのほぐし身、しらす、ザーサイ等をトッピングしていただきます。 ~中華がゆ風でお召し上がりください♪

さらに、香ばしい焼きおにぎりを熱々のお茶漬けでいただきませんか。
こちらもお腹にもやさしくて、ほっこり気分の一品です。

aijou_2017_1_2_2

【焼おにぎり茶漬け】  1人分
・ごはん   1膳分
<おにぎりの具>~脳の活性化に持って来い!のお好みの具材でどうぞ。
・三つ葉   1~2歩 ~茹でて刻んでおく
・大葉    1枚   ~刻んでおく
・ちりめんじゃこの佃煮  適量
・白ごま         適量
・梅干しのほぐし身    適量
●お茶orだし汁      適量
●塩昆布・梅干し・三つ葉
①お好みの具をごはんに混ぜておにぎりする。
②テフロンのフライパンで、香ばしい焼き色が付くまで①を両面焼く。
③器に②を入れて、トッピングにお好みの塩昆布や梅干し、三つ葉をのせ、熱々のお茶やだし汁をかけていただきます。
aijou_2017_1_2_3

*焼きおにぎりはオーブントースター、グリル等で焼いてもOK!ですが、テフロンのフライパンで焼くのが、表面が一番パリパリに香ばしくなってオススメですよ。

お腹に優しくてカラダが温まる~、心も芯から温まって頭もリラックスできるはずです。ゴールはあと少し、もう少しだけ頑張りましょうね!!

受験シーズン到来!で”ゲン担ぎ”!?

2017年、新年の幕開けです。
そして、やって来ました、受験シーズン!
この時期には、スーパーに行くと”ゲン担ぎ”の商品がたくさん並んでいます。
「勝つ」とか「合格」などの言葉に掛けた”ゲン担ぎ”のものや気持ちを落ち着かせるための”ゲン担ぎ”の風習(?!)気になりますよね~。
そんな受験直前の皆さんに向けて、受験当日に実力を発揮できるように、受験生の活力の素となるような”ゲン担ぎ”のレシピをご紹介します。
とにかく<食べること>はとっても大切!
食事と集中力は深く関係していて、食事の摂り方で集中力が大きく変化するようです。
カラダを温め、血行をよくする食材と、たっぷりのビタミンCを摂ることで、高ぶっているであろう子供たちの神経をリラックスさせて、目の前のことに集中できるような脳内になるそうですよ。
そこで、”ゲン担ぎ”の【合格を取りに行く!=’鶏肉のおにぎり’】と、カラダに優しい【春菊のポタージュ】です。

 

 【合格☆”鶏肉おにぎり”】 3~4個分
・鶏こま肉    80g ~塩こしょう、酒少々で下味を付けておく。
・片栗粉     小さじ1
●生姜の搾り汁  小さじ1
●みりん・醤油  各小さじ1
・青ネギ     1本  ~小口切り
・おかか&白ごま 適量(たっぷりめで!)
・ごま油     少々
①下味を付けた鶏肉に片栗粉をまぶし、ごま油を熱したフライパンで色が変わるまで炒める。
②①に●の調味料を加え、煮汁がほぼ無くなるまで炒め合わせて、青ネギとおかか&白ごまを加えて混ぜ合わせたらできあがり!
③②を中身の具とし、おにぎりにします。(混ぜご飯風にしてもOK!)
*ピリ辛が大丈夫であれば、②にコチュジャンを少々入れてもOK!~我が家では小さじ1程度入れるのが好みです~♪

aijou_201701_1_2 

 【春菊のポタージュ】  4人分
・春菊      1袋
・ジャガイモ   1個
・玉ねぎ    1/4個
・白ネギ    1/2本
・バター    15g(大さじ1)
・水      250cc
・固形コンソメ  1個
・牛乳or豆乳  400cc
・塩こしょう、クルトン  少々
①春菊はざく切り、ジャガイモ・玉ねぎは皮を剥いて小さめにカット、白ネギは斜めに細切りにする。
②鍋にバターを入れて、ジャガイモ・玉ねぎ・白ネギを炒め透き通ったら、水とコンソメ、そして春菊を入れます。鍋のフタをして具材が柔らかくなるまで煮る。
③②の粗熱を取ったらミキサーで撹拌し、鍋に戻し入れたら牛乳を加え、沸騰させないように温め、塩こしょうで味付けしたらできあがり! 器に入れてクルトンを散らします。

カラダを温めてくれて、頭&お腹にもやさしいので、受験当日の朝ごはんにも持って来い!ですよ。

そして、もうひとつ! 我が家の子供たちオススメ!の、当日のリラックス効果がバツグン(!?)=当日の”ゲン担ぎ”アイテムです。
それは【グリコ】!!
毎年10月に『トライアングル勉強会』で講演をしてくださっている板谷先生からお聞きして以来のリラックスアイテムです。
脳の構造は細胞のネットワークがメインということで、そのネットワークを強化させることによって、記憶力や思考力など脳の働きが活性化されるそうです。
その脳の働きを強化するための栄養素のひとつがグリコーゲンなんだそうです。 グリコーゲンは多糖類でアスリートなどの筋肉を動かすエネルギー源としても知られています。
(ちなみに広島名産の牡蠣は、グリコーゲンが豊富な食材です。)
頭を使うと糖分が失われていくので、疲れた脳を手早く動かしたい時のエネルギー源としてもグリコーゲンが注目されているのだとか。 筋肉を動かすのと同様に、素早く脳内の情報伝達や記憶を司ってくれるそうですよ。
そんなグリコーゲンが入っているところからネーミングされたのが【グリコ】なんですって。
受験時のお疲れモードのとっさの時、【グリコ】のアメを救世主としてポケットに入れておいて、休憩時間に口に入れて乗り切った、まさに”ゲン担ぎ”のリラックスアイテムなんです。
【グリコ】を持っているという気分だけでも、底力になってくれるかもしれませんよ~?

 

白石特選!?★合格ひじきふりかけ

【合格ひじきふりかけ】=カラダにやさしくて、頑張る子供たちを応援できる食べ物として考え出した“ひじきのウエットタイプのふりかけ”です。
5色の食材を取り合わせると自然とバランス良く栄養が摂れる!ということを基に考え出したふりかけですよ。
考案の基となっているのが、今でこそ広島のデパ地下や通販でもお見かけするようになった『えとやの“梅の実ひじき』です!~ご存じですか(!?)

201612121-1
 九州の学問の神様・合格祈願の神様でも有名な「太宰府天満宮」の参道に位置するお店『えとや』さんのふりかけで、大宰府の名産品であるカリカリ梅の実を使ったあっさり味のひじきふりかけです。 
なので、ネーミングに【合格】の二文字を取り入れたという訳です。
もちろん、我が家の子供たちの受験期にも、一役かった代物なんです~♪
ひじきを薄味に煮たものに、五色の色目の食材をお好みで混ぜ合わせて、各自が各々で作る【合格ひじき】ふりかけです。
私の考える五色の食材とは、<赤・白・黄・緑・黒>色(見た目の判断でOK!)のすべての食材が対象です。五色になるように食材を何でも取り入れて作ると、不思議と必要な栄養がほぼバランス良く摂れるというもので、塾デリカやお弁当作り、日々の食事作りにも率先して取り入れているひとつの方法です。
<五色の色の効用>
*赤色の効用:活力を与え、バイタリティーを高めます。“血となり、肉となる”と言われています。
*白色の効用:心を落ち着かせます。 ごはんのイメージで、“カラダの素”となります。
*黄色の効用:脳を刺激して、希望につなげるイメージで、頭とカラダを動かすための“原動力”となります。
*緑色の効用:ストレスを和らげ、心的効果が強く、体調を整えてくれます。 野菜や果物に多い色ですからバランスを整えるイメージです。
*黒色の効用:安定や強さを与えてくれます。カラダ&頭、健康等の維持に必要なものと言われます。
専門的にも立証されていることですが、専門的なことを考えながらの毎日の食事作りは嫌になりそうなので、ザックリと大まかに捉えていくというのが、この『愛情レシピ』でご紹介させていただいていることのほぼほぼ(!?)のコンセプトとなっています。

そこで、これからいよいよ終盤を迎える、頑張る子供たちに、ぜひ、お母様特製の『我が家の【合格ひじき】』を手作りして、食事や塾弁に取り入れてほしい!
そんな思いを込めまして、元祖!?【合格ひじきふりかけ】のレシピのご紹介です。

 

 201612121-2  

【合格ひじきふりかけ】
・芽ひじき  30g位(~戻した状態で100g位) 1~2袋
・だし汁   120cc(水120cc+和風だしの素小さじ1)
・しょうゆ  大さじ2
・みりん   大さじ3
・砂糖    大さじ1
・昆布茶   小さじ2~3 ★隠し味になりますよ!
◎トッピング  適量(~お好みで)
カリカリ梅(種を取って細かくカットしたもの)、白ごま、桜海老、柚子の皮(細く千切り)、タラの実、ちりめん、鰹節(細かくしたもの)、アオサ海苔、きざみ海苔、納豆昆布等
①ひじきは、軽く混ぜ洗いをしてたっぷりの水で戻す。(約10分位~)
 *約8~9倍に増量しますよ!
②戻したひじきの水分をザルでしっかりと切って、だし汁と調味料をすべて合わせたもので煮る。汁気が無くなるまで、混ぜながら煮たら、【合格ひじき】の素のできあがり!
★少し乾煎りする勢いで、しっかり水分を飛ばすことがポイント!ですよ。
③お好みのトッピングを適量混ぜ入れたら、特製の【合格ひじきふりかけ】の完成です。

【合格ひじきふりかけ】の場合、ひじきがウエッティーなので、トッピングとして、乾物系のものを1つでも取り入れた方が食べやすいように思います。
赤色のカリカリ梅は、【合格】のネーミングどおり、お味共々必須ですよー♪

201612121-5

 

 

 

 

 

熱々の白ごはんで召し上がっていただくと、いくらでも食べられる(!?)感じですが、
卵焼きの具材にしても、ピーマン等の野菜と炒めても、肉の落とし揚げのように、衣にまぜた混ぜ衣に使ってもお弁当に取り入れられますよ。
ごはんに混ぜて卵で巻いた“和風オムライス”もあっさりといただける絶品です。(甘酢のタレをかけてどうぞ!)
ぜひ、各ご家庭特選の【合格ひじきふりかけ】をご堪能ください!

 

2016/12/21

食事で風邪対策

寒さが本格的になってくる季節がやってきました。 

受験生の子供たちも本気モードになってくる頃で、そろそろ子供への体調管理にも厳戒態勢で臨むご家庭も増えてきていることでしょう。 

何だか今年はなかなか寒くならないな~と思っていましたが、12月に入り、やっぱり寒くなっています。 おまけに、風邪やインフルエンザの流行の声も聞こえ始めています。 皆さんの周りでは流行っていませんか(!?) 受験生をお持ちのお母様方にとっては、インフルエンザ対策や体調管理については「百も承知」と言われてしまいそうですが、頑張る子供を見守ることしかできない親の立場から、まずは、この冬の時期を健康で乗り切るための風邪対策をお話します。

◆風邪をひきやすい環境ってあるの?

風邪の原因は様々ですが、大半が200種以上もあると言われている風邪のウイルスによるものです。(この中にインフルエンザのウイルスが型を変えて存在するそうです!)

健康な人であれば、ウイルスが体内に侵入しても影響はでませんが、過労や栄養バランスが偏っている人、睡眠不足やストレス等で体力が落ちていたり、免疫力が下がっている人の場合だと、体内に侵入したウイルスによって鼻や喉に炎症を起こしやすくなります。

まさに、今この時期の受験生本人とお母様やご家族の方かもしれません。

◆風邪ウイルスに感染するポイントは?

咳などで空気中にウイルスは飛散しています。 それを吸い込むことで風邪を発症してしまいますが、感染の大きな原因のひとつはウイルスが付着したものを触って手から伝わり、口や鼻や喉などの粘膜に侵入してしまうこと=ここが一番の気を付けるポイント!です。

子供たちが小さい頃は、<うがい・手洗い・マスク>を徹底されて来られたことと思いますが、やっぱりこの基本的なことがとっても大切なのです!

お勉強も何事も“基本が大事”ということですね。

◆風邪ウイルスを寄せ付けない方法って?

本来の誰もが持っている体力やカラダの抵抗力をアップ!させることがカギとなります。

そして、風邪の処置はひき始めのケアが肝心!でポイントとなりますよ。

気を付けることの3つのポイント!

①保温・水分・栄養補給:体力を温存することが大切!

②乾燥を防ぐ:部屋の温度は20~25度をキープ!

                    加湿器を使い湿度を50%に保ちます。

③栄養を摂る:栄養バランスのよい食事をしっかりと摂ります。

[ポイントⅠ栄養バランスのよい食事]

ウイルスに対する抵抗力・免疫力が高まるビタミンやミネラルを十分に摂るバランスの良い食事がコツ!

*たんぱく質=基礎体力を付け、抵抗力を高めます。

<魚介類 卵 肉類 大豆・乳製品等>

*ビタミンC=免疫力を高めます。

      <イチゴ みかん等、ブロッコリー ホウレン草 イモ類等>

*ビタミンA=喉や鼻などの粘膜を保護します。

      <ホウレン草 人参 カボチャ等の緑黄色野菜 うなぎ チーズ等>

*ミネラル・亜鉛=疲労回復 新陳代謝を活発にし、免疫機能を高めます。

      <牡蠣などの魚介や海草類 赤身の肉類 ナッツ類等>

[ポイントⅡあったかいメニューでカラダを冷やさないこと!]

ウイルスの侵入を防ぐには、外敵と戦う免疫機能を高めることが大切!カラダが温まり、血液循環が良くなるほど高まります。

*カラダを温めるメニュー <鍋 雑炊 うどん スープ類等>

*カラダを温める食品 <ねぎ ニラ ニンニク 玉ねぎ 生姜 唐辛子等>

 

ポイントⅠ、Ⅱを踏まえて、食事でできる“風邪予防対策”レシピのご紹介です。

ビタミンAとCを豊富に含む食材をたっぷりと使った、カラダの温まる【あったか☆野菜のポトフ】です。~風邪ウイルスを寄せ付けませんよ!

 

20161213-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【あったか☆野菜のポトフ】 2人分

・鶏の手羽先  4本~塩こしょうをしておきます。

・粗挽きウィンナー  6本くらい

・ベーコン  2~3枚

・白菜   1/4  ~白菜の間にベーコンをはさみます。

・玉葱、ジャガイモ、子カブ、人参、ブロッコリー  1~2個分お好みで! ~冷蔵庫内にある野菜でOK!

・水   900cc

・コンソメキューブ  2個

・オリーブ油  大さじ1

・粗挽き黒コショウ  少々

梅干し  大粒1個  ~2、3等分に割っておきます。(種は食べる直前に取り出す)

①鍋にオリーブ油を入れて、鶏肉に焼き色を付ける。

②食べやすい大きさにカットした野菜類と梅干しを油がなじむ程度に炒め合わせ、水とコンソメを入れたところに、ウィンナーと白菜ベーコン(2~3等分にカットしたもの)も入れて、やわらかくなるまで煮込む。

③仕上げに、黒コショウで味を整えたらできあがり!

 

梅干し入りのポトフが今回のレシピのポイント!です。

梅干しを加熱する‘ホット梅干し’は、腸内細胞を刺激して代謝をアップしてくれて、免疫力もさらにアップされるそうですよ!(脂肪の燃焼も促進してくれるようでダイエット効果も期待大ですって。)

お味がさっぱりとした、食べやすい【ポトフ】です!

合格祈願のパワーフード!

11月と言えば、白石学習院恒例☆出雲大社への「合格祈願ご参拝」。

受験生の皆さんに前もって書いてもらっていた「合格絵馬」の奉納もしっかりと行う、合格祈願です。

『縁結びの神様』として有名な出雲大社!

11月は、旧暦10月=‘神無月’に当たりますが、ここ出雲地方だけは‘神在月’。

日本全国の神様が全員集合されておられる場所なのです。

「縁結び」とは、単に男女の仲を結ぶことだけでなく、人が立派に成長できるように、すべての物事が幸福であるように、また、人々がお互いの発展のためにつながり、そのつながりが結ばれることを願って結ばれていくものを言うのだとか。

受験生の皆さんにとっては、【合格】を願う「縁結び」です!

毎日勉強に頑張っておられる受験生の皆さんにも、そんな<出雲の旅>の雰囲気をちょっぴり味わって(!?)もらいたくて、お家でできる【合格祈願の旅レシピ】をご紹介します。

まずひとつめのレシピ!

出雲地方は、‘神在月’の‘神在’とは、神在と書いて“ぜんざい”と方言で発音をする、まさに“ぜんざい”の発祥の地なのですよ~♪

2016_11_2_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“ぜんざい”の中には、「神在餅」というのが入っています。 小判型のお餅なのですが、もち米からできているお餅は、お米のパワーが絶大の、受験生の皆さんにはぜひとも食べてほしいパワーフードです。

お米=もち米は、頭=脳のエネルギー源で<頭の良くなる食べ物>のひとつ。 

そして、“ぜんざい”の小豆も糖質をエネルギーに変える作用が最強なんですよ。

お米パワーと小豆パワーをダブルで取り込めて、頭をフル回転させてくれる“ぜんざい”を味わってみませんか。

寒くなってきたこの季節にピッタリ! カラダも温めてくれる、塾帰りの夜食にもバッチリの“ぜんざい”です~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お餅入り神在】  2人分

・茹で小豆   1缶or1袋

・水      200cc(茹で小豆と同量で)

・お餅     1~2個

・お好みで塩・砂糖  適量

①鍋に茹で小豆と水を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたらアクを取る。

②弱火にしてお好みで味(砂糖・塩)を調整し、お餅はお好みで、茹でたり焼いたりしておく。

③器に盛り付けてできあがり!

*栗の甘露煮などをトッピングしても美味しいです~♪

 

そして、「合格祈願の旅」ふたつめのレシピは~。

最強のパワースポット「伊勢神宮」のお伊勢参り気分をちょっぴり堪能してみたくて、

『名物☆お伊勢うどん』です。 

茹でたてのうどんに、甘味強めの醤油タレを混ぜ絡めていただきます。
お伊勢参りの時には欠かせない、無性に食べたくなるおうどんなんですって! 

2016_11_2_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では、“伊勢うどん”なるものも、デパ地下やスーパー等でパックになって売られていますよ。

がしかし、お家で簡単にできるので、お手軽“お伊勢うどん”をご紹介します。

【お家で★お伊勢うどん】 2人分

・うどん(できれば太目)     2玉

・和風だしの素(茹で用です)  小さじ1=茹で湯の中に入れておきます。

<甘辛タレ>  

●しょうゆ   大さじ3

●みりん    大さじ3

●砂糖     大さじ1/2

●だし汁    大さじ2(湯 大さじ2+だしの素 小さじ1)

<トッピング> 白ネギ、茹で卵、かまぼこ、天華(天かす)、ごまetc.

①●を耐熱容器にすべて入れて、レンジで1分位チン!

②うどんをだしの素入りの茹で湯で茹で、湯切る。

③②を器に入れて、①を混ぜ絡め、お好みのトッピングをのせてできあがり!

 

お家でも、出雲大社と伊勢神宮のパワーを、パワーフードで取り込んでみませんか。

【合格祈願の食】ということで、子供さんたちの底力もみなぎってくること間違いなしだと思いますよ~♪

 

2016/11/19

 

 

お手製クッキーで~。

11月の<塾デリカ>“贅沢デリカ”で初お目見え!

【スペシャルスイーツデー】の登場です。

通常の“贅沢デリカ”でのスイーツは、‘ミニチーズケーキ’だったり、‘フルーツ&フルーツゼリー’(ゼリーはアップルやオレンジ、グレープ etc.入れ替わっています。)だったりしますが、今回初チャレンジということで、‘クッキー’を付けていただきますよ!

‘クッキー’はデリカらしく、かわいらしい【ミニスプーン&フォーククッキー】となっています。(今後も型は変化していく予定です。)

もちろん、素材にこだわったカラダにやさしい‘クッキー’です。

生徒の皆さんの目先も変わり、お味も美味しい‘クッキー’ですから、テンションもUPで、頑張れること間違いなしですね!

 

お家でも、お疲れモードの時などにパクッ!と口に入れたくなる甘~いスイーツ!

塾弁だけでなく、学校のお弁当等にもお手製の‘クッキー’を登場させていただきたくて、材料も少なくて、とっても簡単にできる‘クッキー’レシピのご紹介です。

チョコレートと薄力粉だけで‘クッキー’ができる、混ぜて焼くだけの簡単さなんですよ。

チョコレートは、「思考力」をアップさせてくれるポリフェノールを含みますから、お疲れモードの時や気分転換時に、受験生にはぜひともオススメの‘クッキー’となっています。

おまけに、チョコレートによる超濃厚な美味しさです~♪

 

201611aijou01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【簡単★お手製クッキー】  16枚分位

・チョコレート    80g:板チョコで2枚分

(ホワイトチョコ、ミルクチョコ、ビターチョコetc.お好みで)

・薄力粉       40g ~ふるっておきます。

・ナッツ類   大さじ2位(今回はアーモンドクランチを使用)

①ボウルにチョコレートを割り入れて、湯せんやレンジで溶かす。

②①の中に、粉を入れて、サックリと粉気がなくなるまで混ぜる。

 ナッツが入る時は、ここで入れて混ぜる。

③生地をラップに包んで、棒状に形を整え冷蔵庫でしばらく休ませる。(少し固くなる位)

④天板にクックシートを敷き、③を5㎜厚にカットしたものを並べて、150℃に予熱したオーブンで15分焼成してできあがり!

*焼き過ぎに注意です。

冷めるとサックサク!の‘クッキー’になりますよ。

 

 201611aijou02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生の皆さんの応援スイーツということで、栄養効果をアップさせるために、ぜひナッツ類(アーモンドスライス、アーモンドクランチやアーモンドダイス、くるみやマカダミアンナッツetc.)を加えて、<ナッツクッキー>にしてほしいです!

ナッツ類は、脳の機能を高めてくれる栄養効果がありますから、脳の健康には欠かせません。記憶力が冴え渡ってくること間違いなしですよ。

 

201611aijou03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるいは、チョコペンで母からのメッセージプレートにして、お弁当のデザートに持たせたりしても(!?)いいかもしれませんよ~♪

でも、お子さんのプレッシャーにならないようにホドホドでーー!

 

2016/11/08

 

 

“ランチョンマット”効果!

『トライアングル2016』の特別セミナーにおいて、話題にのぼったもう1つのテーマが [子供の肥満対策]でした。

最近、子供の生活習慣病(糖尿病・高血圧・脂質異常症)が増加傾向にあるのは、お母様方はご周知のことと思われます。

‘子供の肥満’は、生活習慣病のみでなく、思考能力の低下や運動能力の低下によりさらに肥満の悪循環を及ぼすということです。 血流が胃腸消化器系に留まることで脳まで届かないため、脳に廻っていく糖分が少なくなるということらしいです。

確かに、脳のエネルギーである糖分が廻って来ないと、思考力は低下しちゃいますよね!

そこで、特別セミナーの講師 板谷先生からのご提案が【“ランチョンマット”の活用】というものでした。

ranchon1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご家庭では、食事の時に“ランチョンマット”を敷きますか(!?)

テーブルが汚れないように、またテーブルコーディネートをするために食器の下に敷くアレ!です。

肥満となんら関係が無さそうに思えますが、これが工夫次第でダイエットに効果があり、子供の脳力や勉強にも大きく貢献するとおっしゃるのです。

目を引く“ランチョンマット”は、テーブルの汚れを防ぐだけでなく、「なんかお店屋さんみたい~!」と子供たちから声が上がるほど、イメージ演出やプロモーションツールとして活躍してくれます。

食事を作るのが面倒な時でも、“ランチョンマット”を取り入れると料理の見せ方がアップしますよ。

 

そして、うれしいダイエット効果がー!!

“ランチョンマット”いっぱいに並べられた自分個人の食事を、責任を持ってすべて食べるようにすることで、視覚からも全部をたいらげる感覚が身につき、自然とお腹いっぱいになっていくそうです。 

‘栄養バランスの取れた食事を適量食べる’という健康的な食事の基本が身についていくようです。

ranchon2ranchon3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常にパーティー(!?)のような大皿盛りの料理は廃止することが一番の[肥満対策]とのことでした。

 

さらに、特筆すべき効果がもうひとつ!

それは、“ランチョンマット”を使えば、子供の脳力・学力がアップする(!?)らしいのです。

“ランチョンマット”内の食べ物をどのように食べれば、ごはんだけ残らないで最後までおいしく食事ができるか(場合によっては、ごはんのお代わりはOK!)~、無意識のうちに食べ物のマネージメントができるようになり、これは後々に「社会構成力」の勉強につながるということです。

“ランチョンマット”の基本サイズはA3サイズですが、ある時は、それを<学習ポスター>に変えてみてOK~♪

今時は、ネット上で<学習ポスター>が検索できて、無料で取り込めたりしますから、

A3サイズで印刷してクリアーケースに入れて“ランチョンマット”代わりです。

ranchon4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢字でも、算数等の公式でも、世界地図や年表等…活用してみてください!

学力アップにつながったという報告もあるようで、子供って、意外と眺めているものなんですって~。

 

みなさ~ん、“ランチョンマット”のもたらす効果が侮れませんよ!!

 

 

2016/10/20

「秋のトライアングル勉強会2016」

今年も、10月の恒例となりましたスペシャルイベント『秋のトライアングル勉強会2016』

が、小学4年生の皆さんと保護者の方を対象として開催されました。 今回も100名超えの参加があり、賑やかなイベントセミナーとなりました。

 

生徒の皆さんはゲーム感覚でお勉強をし、実験をして、大変盛り上がっていましたし、保護者の方々もセミナーで、受験に向けての親業のお勉強や、【我が子の頭が良くなる食事】について等、大変楽しくて興味深いお話を聞いていただきました。

この『トライアングル』のセミナーコンセプトである中学受験を取り組むべきイメージが“三位一体”=子供を頂点にして底辺左右を保護者と塾が支える<三角形>と捉えて、すべてが共鳴することでこの『トライアングル』がキレイな音色を響かせることができること。 すなわち、その時が受験の合格の時!ということなんです。 

その日を迎えるべく、私も専属食育インストラクターとして、微力ながら「食」の部分で参加をさせていただきました。

昼食タイムのお楽しみということで、中区三川町に【以多屋】というお店を構えておられるオーナーシェフの板谷先生自らが、この日のためだけに特別に作ってくださる特製【以多屋】オリジナル弁当を、先生方も加わって皆さんでおいしくいただきました。

秋色満載の日本料理の本格的なお味を堪能していただきました~♪

 

今回の特別セミナー【我が子の頭が良くなる食事】‘どうなると頭が良くなるか’というテーマの、板谷先生のお話の中で、私が大変興味を持ったお話をほんのちょっぴり、お伝えしたいと思います。

“頭の良くなる食事”ということで、何かを食べることで頭が良くなることはないということ。 バランスよく食事を摂ることで健康になり、結果的に頑張れるカラダができるので、【食事のケア=体調のケア】につながるということ!

 

<頭の良くなる食材として、持続効果があるもの>

①大豆食品;記憶力の「レシチン」を含む

②青身魚;脳細胞の活性化&記憶力の「DHA,EPA」を含む

③チョコレート・ココア;思考力の「ポリフェノール」を含む

④炭水化物;認知力の「ブドウ糖」=脳の唯一のエネルギー源

⑤卵;集中力の「レシチン」を含む

⑥緑茶;記憶力の「カテキン」を蓄えている

⑦ナッツ類;記憶と整理&抗酸化作用を強化

これらは、食べないより食べた方が良いもので、しかし、欠落してしまうと効果が落ちるのは実証されているということですよ。

そして、究極の、受験期のお子様の夜食としてオススメのもののお話!

 

思考力強化のポリフェノールたっぷりの【ココア】と、

cocoa

 

 

 

 

 

 

 

脳の栄養素グリコーゲンの即効性が一番である【カキフライ】

kakifurai

 

 

 

 

 

 

 

(~千切りキャベツをたっぷり添えて)を与えるととっても効果的なのだとか。

牡蠣の栄養は水溶性なので、鍋やごはんで炊き込んでしまうと栄養が流れ出してしまうため、フライで栄養を包み込むのが牡蠣の栄養をすべて取り込める最良の方法なのだそうですよ。

いかかでしたか。

これから、旬を迎える広島産の【牡蠣】と、カラダもほっこりと温めてくれる【ココア】!

塾から帰って来て、お子様に食べさせたい最適の夜食メニューです。

これらの内容が、“頭の良くなる食事”のポイントとして、私的に面白く、興味を持ったセミナーの抜粋でした。

 

 

 

“塾デリカ”【ロコモコ丼】☆人気のヒミツ!

9月になり、後期の授業が開始している当院の生徒さんたち!!
ここから、どんどん加速して、あっ!という間に受験が始まっていくというのが毎年の常です。
微力ながら、食を通じて、受験生の皆さんの応援に尽力いたしますよ。
 
「塾デリカ」の中でも、手軽に食べられて、なおかつ栄養がしっかりと摂れる丼もの=「のっけデリカ」の中で、いつも人気があり、リクエストの多いのが【ロコモコ丼】です。
カフェランチでも、よく見かける【ロコモコ丼】。
ハワイのファストフードが発祥と言われる【ロコモコ】は、ハンバーグと目玉焼きをごはんの上にのせて、グレービーソース(=調理される肉から出る肉汁を素に作られるソース)をかけたどんぶりのようなワンプレートごはんです。
当院の“塾デリカ”でも、パパッ!といただけて、なおかつ栄養豊富になるように、こだわりの手作りハンバーグと、お野菜たっぷりの丼にして提供中です。
ガッツリ系の男子にも、おしゃれな女子にも、人気のカフェ風丼です。
お母様方からも、「食べたい~♪」のお声の多い【ロコモコ丼】です。
 
そこで、いつも【ロコモコ丼】を作ってくださっているハーストーリィプラスさんに、【ロコモコ丼】でもお味の要となるソースのレシピと合わせて、ポイントを教えていただきました!
ハンバーグがあれば、すぐにできる【ロコモコ丼】です。
「のっけデリカ」の【ロコモコ丼】のポイントは、手作りハンバーグの中に隠れた栄養をたっぷりと混ぜ込んでいること。 ミンチ肉だけでなく、野菜のみじん切りもかくれんぼ!
おまけに、つなぎとして豆乳がたっぷりと使われているので、とってもふんわりやわらかなハンバーグになっているんですって。
ハンバーグは、ご家庭の味と愛情たっぷりのレシピでどうぞ!
少し多めに作っておいて、残りを冷凍しておいてもOKです。 
忙しい時には、市販のハンバーグでも良いと思います。(ソースだけでも愛情はたっぷりとかけられますから~ね♪)
 

ロコモコ丼

【ロコモコソース】 2人分
ロコモコ丼
・ハンバーグ  2個
(合挽ミンチ 200g、人参、グリーンアスパラ、玉ねぎ 適量)
●ケチャップ    20cc
●お好みソース   20cc
●豆乳       20cc

●赤ワイン     10cc
●鶏ガラスープの素 小さじ1/3
●醤油       小さじ1/2
●砂糖       小さじ1/2
①手作りのハンバーグを焼き、●を合わせてソースを作っておく。
②焼けたハンバーグを取り出し、余分な油を拭き取ったところに●を入れてグレービーソースにし、ハンバーグを戻し入れて煮込みハンバーグにする。
③器に、ごはんを入れてベビーリーフやグリーンアスパラ、トマト等の野菜をのせ、②のハンバーグと目玉焼きをトッピング!
残ったロコモコソースにマヨネーズを適量、混ぜ合わせてオーロラソースにし、回しかけたら、できあがりです。
*2種のソースが美味しいですよ!
 
手作りハンバーグが残ったら、次の日の「塾弁」に、家族のランチにetc. ママの愛情たっぷりのオシャレな塾デリカ風【ロコモコ丼】はいかがですか♪

「お月見」でパワーアップ~(!?)

とっても暑かった今年の夏でしたが、ここ最近、めっきりと夜になると涼しくなってきましたね~! どこからか虫の声も聞こえてきて、お月様を見上げることも似合う感じの季節の到来です。
古来から日本人は、月を眺めて楽しむ習慣がありました。
9月といえば、「十五夜のお月見」! 
十五夜の月を『中秋の名月』『芋名月』と呼んで「お月見」をします。
「お月見」とは、旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事です。
そもそも「お月見」って、月を眺めてお団子を食べるだけ…(!?)の風習なのでしょうか。
お団子やお餅、ススキや里芋などをお供えして月を眺める、「お月見」のルーツというのはよくわかっていないらしいのです。
有力な説としては、中国ではお月見の日に里芋の収穫祭が行われており、その後、中国の宮廷行事としても行われるようになり、それが日本に伝わったというものです。
つまりは、“秋の収穫を感謝するため”の行事、“秋においしい野菜や果物をいただけることに感謝するため”の風習が「お月見」ということでしょう。
 
では、「お月見」にススキやお団子をお供えするのはなぜ…(!?)なのでしょうか。
「お月見」に欠かせないのが、ススキやお団子などのお供えものですよね。
ススキは、月の神様を招く依り代(=神霊や御霊が依りつく物や場所のこと)として供えられます。 
本来、月の神様の依り代は‘稲穂’なのですが、この時期に稲穂がなかったために、形の似ているススキを供えるようになったと考えられています。
また、古くから、ススキは魔除けの力があると信じられていて、「お月見」にススキをお供えすると、一年間病気をしないという言い伝えもあるようです。
「お月見」は、秋の収穫と深く関わりがあったことから、この時期に収穫される里芋をお供えするのが主流でした。 その後、お米で作った団子も供えられるようになり、保存が効くことからお団子が主流になったのだとか。
白くて丸いお月見団子は、満月を表していて、その団子を食べることで、健康や幸せを得ると信じられるようになったということです。
昔~昔、その昔から…、月には何か不思議なパワーがあると信じられてきました。
月の満ち欠けは、海の潮の満ち引きにも関係することや、人の内なるパワーにも影響を与えること。 
そして、現在では、科学的な実証も進んでいるようですが、ともかく、月を眺める時に感じる心の静寂や高揚感、嬉しさやせつなさ等々、私たちの心に強い印象を与えて止まないのが、月の不思議な力だと思います。 それらを含めて、昔の人は、「お月見」で感謝を表して、心身のパワーもいただいていたのでしょう!
最近では、月のパワーから心身のリズムを整えていく『ムーンセラピー』というのもあるそうですよ~♪
風流で、感謝と祈りに満ちたステキな行事の「お月見」です。
心が和み、幸せの感情が上がるはずです。 日本人の心根に触れることができるので、子どもの心を育てるチャンスにもなりそうですよ。
そんな素晴らしい「お月見」の夜をなんとなく過ごすのはもったいない!!
2016年の『中秋の名月』は、9月15日。
忙しい毎日だからこそ、お月様を見上げて「お月見」を楽しむ、ほんの少しの心の余裕も欲しいものです。
 
そんな、「お月見」メニューに、‘つくね丼’はいかがでしょうか。 まん丸のお月様に模したつくねで丼ですよ~♪
 

つくね丼

【お月見★つくね丼】  2人分
・鶏ミンチ  200g
・里芋    3個 (食べやすい大きさにカット)
・芽ひじき  ひとつまみ(水戻し)
・青ネギ   1本(輪切り)
・白ごま   少々
●生姜    1片(すりおろし小さじ1分)
●しょうゆ  小さじ1
●酒     小さじ2
●片栗粉   大さじ1
<タレ>・しょうゆ&酒  各大さじ3
    ・みりん  大さじ2
    ・砂糖   小さじ4
①ボウルにミンチを入れて、●の調味料とともに均一に混ぜる。
(*鶏ミンチは混ぜすぎると固くなりますよ!)
②里芋、ひじき、ネギ、ごまを加えて、やさしく混ぜる。
③フライパンにサラダ油を小さじ1入れて熱したところに、スプーンを2本使って、まん丸になるよう形を整えて入れていく。 片面、2~3分づつ焼き付けていく。
④焼き色が付いたところで、酒大さじ2を回し入れて、フタをして蒸し焼きにする。
(約1分位~)
⑤タレの調味料を合わせておいて、④のつくねを取り出した後、軽く油を拭いてからタレを入れて、熱していく。
⑥クツクツとなったところで、⑤のつくねを戻し入れて、タレを煮絡めてできあがり!
*熱々のごはんに、サニーレタスや大葉、ベビーリーフ等の上につくねをタレごとのせて、温泉卵や目玉焼きをトッピングします。
まん丸つくねに、黄色い温泉卵のお月様で、「お月見」です。
*お供え用の里芋となめ茸のお味噌汁とともにどうぞ!

スイカのチカラ!

日本の夏の風物詩といえば、「スイカ」(!?)
夏の果物の王様とも言われ親しまれている食材です。(本当は野菜です!)
花火や海辺とセットで描かれることも多い「スイカ」ですね。
私たち日本人からすると「日本の夏の定番」と思っている「スイカ」ですが、世界の生産量をみてみると圧倒的に中国がトップ。 中東・アメリカ・ロシアなどでもかなりの量が収穫されており、意外にも日本の生産量は世界全体の1%にも満たないそうなんですよ。
 

すいか

そんな「スイカ」の果肉部分、約95%は水分のため、有効な栄養素が少ないと思われがちですが、カロテン(ビタミンA)やビタミンB、Cなどのビタミン類、カルシウム、リン、鉄、カリウムなどのミネラル類、グルタミン類やアルギニンなど様々な成分を含んでいます。
「スイカ」の甘さの素である果糖やブドウ糖はエネルギー転換が早いことや、水分たっぷりで、余分な塩分を排出しむくみ解消効果のあるカリウムが含まれていることから、「スイカ」は疲労回復や夏バテの解消にも有効とされています。

 

すいか2

また、「スイカ」に多く含まれるスーパーアミノ酸には、血流の改善や皮膚や内臓の粘膜組織の健康維持を促すという働きもあるようで、同時に免疫力を強めてくれる働きもあるため健康対策にもピッタリ! 冷房の効いた部屋で、長時間同じ姿勢で勉強したり、仕事をしたりしているとスムーズな血液循環ができず、むくみとなってしまうため、血流や冷え症の改善は大切です。
暑~い夏もしっかりと頑張っている受験生の子供たちにとっても、疲れが取れ、おまけに血流改善で記憶力もアップするといった、とっても心強い味方の「スイカ」ですね。
 
今年の「スイカ」は甘くて、とっても美味しいのだとか!
冷たく冷やして、そのままガブリッ!が一番美味しいと思いますが、暑い夏休みを乗り切るために、時にはこんな食べ方はいかがでしょう。
 
スイカシャーベット

【スイカシャーベット】
・スイカ   お好みの量
*お好みでハチミツ  大さじ1~2
①スイカを食べやすくカットします。(気になる種は除きます!)
 ジップロックに入れて、(ハチミツをかけて)冷凍庫で冷やし固めるだけ!
♡とっても冷たくて、シャリシャリ感がたまりません~♪
 
スイカジュース

【スイカ☆ジュース】
・スイカ   200g:上記のスイカシャーベットを使って!
・りんご   2切れ
・ミント   
①ミキサーで撹拌するだけ! ミントをトッピングしてください。
♡「スイカ」+ミント: 夏バテの予防&防止を強化してくれます。
「スイカ」とプラスするだけで、効果アップが期待できる食べ合わせですよ。
 
スイカジュレ

【スイカ★ジュレ】
・スイカ   適量(食べやすい大きさにカット!)
<ジュレ>~塩味が引き立つジュレです!
●白ワイン   50cc
●水      350cc
●砂糖     80g
●塩      小さじ1/2
●粉ゼラチン  8g
①鍋に白ワインと水を入れて、沸騰させる。(アルコール分を飛ばします)
*アルコールが気になる場合は、ワインを無しで水400ccで~!
②砂糖、塩を入れて、混ぜ合わす。
③火を止めて、少し冷めたところで粉ゼラチンを混ぜ溶かし、さらに粗熱がとれたらバットに移して冷蔵庫に入れて、冷やし固める。(30分~1時間位で固まります!)
④固まったら、バット内でクラッシュして、カットしたスイカと合わせてできあがり!
♡とってもオシャレな【スイカ★ジュレ】ですが、一口食べたら、スイカに塩をかけて食べているおいしさです。 ツルッ!&シャリ感がクセになりそう、冷た~く冷やして召し上がれ~♪
 
今年は暑すぎて、「「スイカ」くらいしか食べる気にならない!」でも、「「スイカ」ばかりじゃ夏バテする~」なんて、思う必要はありません。 
むしろ「スイカ」を食べれば、夏バテを防ぐことができるかもしれません。
もちろん夏バテ防止には、多くの食材をバランスよく食べることが大切ですが、「スイカ」は真夏の健康維持の強い味方になってくれそうです。
上手に取り入れて、暑~い夏を乗り切っていきましょう!