学びのつぼ

manabi-tubo

中学受験

欠かせない家族の応援 

 今回のテーマは中学受験です。全く考えにない保護者や小学生の皆さんも多いと思いますが、実は広島県は全国でも有数の中学受験率の高い県なのです。伝統ある国立大の付属校や私立中高一貫校も多く、また近年は県立や市立の中高一貫校が複数設立された影響もあるでしょう。地域差はありますが、広島市内では「クラスの半数近くが受験をする」と驚くような話も保護者から聞きます。
 それでも中学受験は、やはり特別なことかもしれません。高校受験や大学受験の場合、受験生の周りには同じく受験を志す友人が多くいるはずです。しかし、小学6年生の場合、どれだけ受験率が高い学校でも、クラス内では受験しない友人の方が多数です。
 中学受験には、難関大への進学面での優位性や各学校の教育特色に魅力があると言えます。ただ、常に賛否両論が付きまといます。保護者がまず考えてしまうのは、進学後の学費や塾代などの経済的負担▽夜型生活になることでの発育への影響▽成績や合否結果などの心理的ストレス―などでしょうか。当たり前ですが、全員が志望校に合格できる受験はありませんから、慎重になるのは至極当然だと思います。
 いざ挑戦となれば、中学受験は「家族の受験」とも言われます。もちろん、親が教えたり一緒に勉強したりといった意味ではありません。受験本番の6年生になれば、意図せずとも家庭内が受験する子ども中心に回り始めます。まだ11~12歳ですから、順調に学習を進めるためには塾への送り迎えや食事といった生活面でのサポートが欠かせないのです。
 そして期待と不安が日々高まっていく中で、親子の喜怒哀楽の感情をいかに上手にコントロールできるか、親も学び続ける必要があります。これがまさに家族全員で取り組む、と言われるゆえんです。
 そこまでして中学受験をするべきなのか。一つのエピソードをお話ししましょう。当院では受験を終えた子どもに体験記を書いてもらいます。すると、ほぼ全ての子どもが、自分を支え応援してくれた家族への感謝を素直に表現します。この年齢でその気持ちを持てる。これが合否という結果を超え、子どもたちの成長を最も感じさせる点だと思います。12歳という年齢以上に大人に見える。中学受験という長い物語には、そんな瞬間もあるのです。

 

2019.9.2朝刊掲載

(転載に関しては中国新聞社の許諾を得ています)

 

学びのつぼ|中国新聞デジタル https://www.chugoku-np.co.jp/life_information/education/article/?category_id=1119&page=1

プログラミング教育

物事 順序立てて考える 

 来年度から小学校で必修化されるプログラミング。街中で子ども向けの専門教室が一気に増えていることにお気付きでしょうか。しかし、このプログラミング教育とは一体何なのか。まだ一般的な認知度は低く、現状でははっきり分からない方が大半だと思います。
 社会は今、IT全盛の現代から、AI(人工知能)が隆盛の近未来に向かっています。そんな中で、子どもたちが活躍するためには、デジタル機器をさらに巧みに扱う力や、それらを開発し、進化させる力が求められます。
 教育現場ではプログラミング言語ではなく、専用のコンピューターソフトを動かして、描画やロボット操作を学びます。プログラミングの基本は、与えられた任務に導く設計書をいかに正しく書けるか。その中で、物事を順序立てて考えていく論理的な思考力が鍛えられるのです。優れた学習法として人気があるのもうなずけますが、なぜ小学校での必修化なのでしょうか。
 想像してみてください。もし、タブレット端末やスマートフォンを自由に使えるとしたら、多くの子どもは時間を忘れて夢中で遊んでしまうでしょう。小学校で導入されるプログラミング活動は、そうした最新の遊びの要素を備えており、おそらくその効果に大きな期待を寄せているはずです。
 確かに、楽しさと学びを結び付ける狙いは十分に理解できます。しかし、ただでさえ授業時間が過密になっている今、来年度から高学年で正式な教科となる英語も加わり、プログラミングが「勉強」となったとしたら。逆に苦手意識を持つ子どもを生むのではないかという懸念もあります。
 さらには、実際に指導に携わる学校の先生にも、経験が少なく、大きな負担感や不安が広がっている、という評論も見掛けます。
 このように、小学校でのプログラミング教育には、大きな可能性と同時に未知数な面もあります。「読み書きそろばん」という昔からの言葉にもあるように、小学校教育では国語と算数を軸とした基礎学力が何よりも優先されます。
 その中で、プログラミングをいかに教育現場に取り込むか。そして、子どもたちの好奇心を引き出し、論理的な思考力の獲得に結び付けるか。新しい挑戦であることは間違いないでしょう。保護者は、その成り行きをじっと見守る必要がありそうです。

2019.8.5朝刊掲載

(転載に関しては中国新聞社の許諾を得ています)

 

学びのつぼ|中国新聞デジタル https://www.chugoku-np.co.jp/life_information/education/article/?category_id=1119&page=1

読書感想文のコツ

自分の言葉で表現して 

 夏休みの課題の定番といえば読書感想文。苦手だなと思う子どもは多いようです。でも夏は、正面から取り組む最良の時期です。今回は読書感想文を書くコツと、さらに夏休みの過ごし方をお話しします。
 まずは読書感想文についてです。本をさらっと読んだだけでは良い文章は書けません。物語文であれば主人公の心情を理解し話の全景をつかむために「没入」する必要があります。主人公に感情移入して自らがその物語の体験者になることが、究極の読み方と言えるでしょう。
 そのためには何度もページを往復し、味わうように読みふけるだけの時間が与えられる夏休みこそ最適なのです。読後に残る、なんとも言えない疑似体験感覚。これこそが原稿用紙に向かう原動力になります。
 続いて、より良い文章に仕上げるための書き方です。本文をそのまま切り出してつなげるといった手抜きの感想文を見かけることもありますが、これでは力はつきません。感想文とは、それを読む(審査する)人に思いを伝える手紙のようなものなのです。
 本の内容を説明するだけではなく、そこから得られた自分の考えを述べましょう。感情移入した主人公の気持ちをそのまま書くのではなく、一度そこから離れて読者である自分の言葉で表現することも大切です。さらに、それらが決められた文字数の中でバランスよく、一定の密度で書かれているかも求められます。
 このように、実際に取り組むと難しい読書感想文。しかし、情緒と論理といった対極的なものを同時に鍛えることができる大切な学習です。この課題にしっかり取り組める子どもは、将来有望と言っても過言はないでしょう。
 さて、中学受験を目指して学習塾に通う子どもにとって、夏は実力アップの好機。夏期講習は、通常の何倍もの授業時間となります。学校がないため、朝から晩まで勉強する機会はいくらでもあります。
 学力向上と勉強時間、つまり学習量とが深い関係があるのは事実。ただ、長い時間勉強したからといって成果はさほど上がりません。夏休みはオンとオフをきっちり分け、いかに集中して学習に取り組めるかがカギとなります。規則正しい生活リズムを徹底し、自分で決めた学習時間に「没入」できるかが、この夏の真価を決めると言えるでしょう。

2019.7.8朝刊掲載

(転載に関しては中国新聞社の許諾を得ています)

 

学びのつぼ|中国新聞デジタル https://www.chugoku-np.co.jp/life_information/education/article/?category_id=1119&page=1

英語教育の早期化

正解求めず 親しませて 

 われわれ親世代が子どもだった何十年も前から、英語や英会話は人気の習い事でした。その英語に触れる教育が来年度から小学3年生で始まり、5、6年生では正式な教科となります。高学年は教科書を使って学び、テストがあって通知表で評価されるのですから、保護者も無関心ではいられないでしょう。
 英語教育の早期化には賛否両論ありますが、英語を学ぶ重要性はいまさら議論の余地はないでしょう。「使えない英語」と言われてきたわが国の英語教育。「読む・聞く」のインプット型から、「書く・話す」といったアウトプット型も重視した4技能が問われるようになるのは、大学入試改革からも明らかです。
 広島県の公立高校の一般入試でも、英語で問われた内容を自由英作文で答えるといった問題が出題されています。そうした大きな流れの出発地点となるのが、小学校での英語教育の前倒しや教科化なのです。
 春先に新中学1年生を指導すると、以前より英語の知識が豊富になってきていると感じます。既に小学校高学年で週1コマ実施されている英語学習の成果だと思われます。中学の入学当初からアルファベットを普通に書ける生徒は間違いなく増えました。会話表現も身に付けています。
 では、小学校で英語学習が導入される以前の中学1年生と比べ、そのアドバンテージがどこまで続くのでしょうか。私は、残念ながら中学1年の夏ごろまでのような気がします。それが週1コマの限界でしょう。教科化で来年度から小学校高学年での授業時間は2倍になるとはいえ、さすがにそれだけで子どもの英語力が飛躍的に伸びることは期待できません。
 それよりも、最初から正解を求めるような学習法で萎縮させない配慮が大切です。「好きこそものの上手なれ」の精神で、いかに英語に親しませるかが重要ではないでしょうか。
 英語は言語です。音感を積極的に使ってこそ上達します。教材を「聞きながら読む」「声に出して読む」「書きながら発声する」といった方法です。小学生のうちは少しぐらい適当でも問題ないと思います。
 たくさんの英文や英単語の音に繰り返し触れ、それを視覚から得られる情報と結び付けることで、知らず知らずのうちにつづりを覚えてしまうケースもあります。小学生にはそうした学習法をお勧めします。

2019.6.3朝刊掲載
(転載に関しては中国新聞社の許諾を得ています)

 

学びのつぼ|中国新聞デジタル https://www.chugoku-np.co.jp/life_information/education/article/?category_id=1119&page=1

「小1プロブレム」と「9歳の壁」

親は注意深く見守ろう 

 新年度がスタートしました。まずは全ての親の関心事でもある、新学年へ進級するにあたり気を付けたいことをお話しします。
 この春、小学校に入学する1年生には「小1プロブレム」の心配があります。これは、授業中に学習姿勢を保つことができない、集団行動になじめないといった状態に陥る児童が出てくることを指します。
 幼稚園や保育園では生活の中心が「遊び」でしたが、小学校では突如として「勉強」中心に変わることが主な要因です。担任の先生の経験値によっても対応に差が出る傾向があります。もちろん、学校もチームティーチングの導入など対策を進めていますが、何より大事なのは家庭との連携だといわれています。
 親が焦りを感じ、家で厳しく注意するあまり、子どもは萎縮し、そして自己肯定感を失っていく可能性があるのです。これでは逆効果。親は学校の対応を信じて任せ、家庭では子どもの思いに共感することで、我慢強く見守るのが一番ではないでしょうか。
 新学年になってどのように学習時間を確保するべきか。進級するたびに学習内容も難しくなっていくのは当然です。特に中学年である3、4年生の親は気になるところでしょう。この時期、算数でいえば分数や小数といった、子どもが具体的にイメージするのが難しい学習内容が登場し、急につまずき始めることがあります。それを「9歳の壁」といいます。
 子ども自身は、成長の過程で親離れの傾向が出てくる時期でもあります。そのせいでわが子に距離をとってしまいがちですが、勉強面では注意深く観察する必要があります。もしここで「分からない」「できない」といったものを放置すると、後々取り返していくことが困難になるのです。
 必要以上に口や手を出すのはよくありません。できれば毎日決まって宿題をする時間に少しだけでも寄り添うなど、子どもが落ち着いて家庭学習ができる環境面のサポートを意識していただきたいものです。
 小1プロブレムと9歳の壁。進級に伴って直面するいずれの問題も、まずは親が事前に知っておき、その上で子どもをしっかりと見守ることが大切なのです。
 来年には学習指導要領の改訂で、小学校でも英語が教科となり、プログラミングの授業が必修化されます。次回以降、そうしたことも取り上げていきます。

2019.4.1朝刊掲載
(転載に関しては中国新聞社の許諾を得ています)

 

学びのつぼ|中国新聞デジタル https://www.chugoku-np.co.jp/life_information/education/article/?category_id=1119&page=1