中学部

15の春の選択!広島の公立校入試

かつての総合選抜が廃止され全県入試となったことで、進学実績の高い公立高校への人気が過熱しています。現実として高校間の格差(序列化)は相当に広がっており、人気校への進学についてはよりハイレベルな学力が必要になっています。
入試の合否は内申点(調査書)と実力点(学力試験)の合計で判断されますが、絶対評価の導入により中学校の成績評定の基準に格差が認められるため、人気校を中心に独自の考査方式を取り入れるなど学力試験重視への傾向が強まっている状況です。
そのような中で、学校成績だけでなく本質的な学力をつける指導が訴求されています。

中学部の教育方針

中学部では、学校成績の向上だけでなく入試応用力の強化を考えた指導を行っています。クラブ活動なども活発になり日々の学習時間の確保が難しくなるなかで、効率よく重点単元を理解させながら、基礎から応用まで幅広く対応できる学力を
定着させていきます。

特色として、主要科目の全てをバランスよく学習できる『トータルスタディ』と、限られた時間の中でも弱点を作らせない『ベーシックスタディ』のプラン選択ができます。また中3では難関校受験のためやワンランク上の受験校選択を可能にさせる徹底演習講座も開設し、本気で学習する意欲の高い受験生に応えられる通塾環境を整えています。

トータルスタディ
トータルスタディ

主要科目の指導スタイル

白石メソッド英語

英語は国語と同じ「ことば」ですから、英単語・連語の知識、英文を読み解く力と豊かな表現力が重要なのです。

英語科主任 向田

「英語力」とは「単語力」「文法力」「読解力」そして欠かせないのは「リスニング力」。高校入試ではそれらを総合した「表現力」も問われます。
白石学習院では単語・文法・リスニングなどの基礎知識を独自の方法を使い、確実に、そして短期間で身につけてもらいます。そうすることで教科書内容は容易に理解でき、発展的内容も根気よく取り組むことができるのです。また、充分な演習を積み重ねることで基礎知識も確実なものになり、対話文・長文読解も内容をより深く理解できます。「英語を一番得意な科目に」を実現します。

白石メソッド数学

中学で必要とされる数学は、特に難しいことを要求されているわけではありません。
最も重要なことは基本の積み重ねであり、ひとつひとつの単元を確実に理解していくことで得意科目にもできます。

管理本部長 高松(数学担当)

中学で必要とされる数学は、特に難しいことを要求されているわけではありません。最も重要なことは基本の積み重ねであり、ひとつひとつの単元を確実に理解していくことで得意科目にもできます。
白石学習院の「先取り」カリキュラムは、学校の授業での理解を深めるとともに、必然的に繰り返し勉強することになるので、結果として自然に内容が定着していきます。広島県の公立高校入試は普段からの学習の様子も評価されるシステムですから、私たちは「習慣づくり」から大切にしています。