合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2021年度合格】M・Mさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中

 私は、四年生の冬期講座から塾に入りました。私は四年生のころ成績が悪く、Jクラスからスタートしました。でも、自分では結果に満足せず、勉強していくうちにFクラスに上がることができ、とてもうれしかったです。そのまま、成績は上がっていきましたが、六年生の冬の答練会では、自分でもびっくりするくらい悪い成績をとり、一瞬にして志望校合格が見えなくなりました。私は成績が落ちてしまったので、冬休みがあけて、学校に行こうか休もうか悩みましたが、今の生活のリズムをくずしたくないと思い、学校に通い続けました。まわりの友達は学校を休んで勉強していたので、差をつけられるのがこわかったです。でも、学校生活は私にとってのいい気分転換になり、放課後は自然と勉強がはかどりました。そして、私は第一志望校に合格することができました。今思えば、自分なりの生活スタイルをくずさず、塾に行くことがよかったのかなと思いました。そして、私を志望校合格へ導いてくれた両親や、塾の先生方には、本当に感謝しています。両親や先生方の支えがあったからこそ私は合格できたと思うので、自分だけの力でとは思わず、でも最後まで努力して悔いのないように頑張ってください。

【2021年度合格】A・Kさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 広島なぎさ中

 私は五年生の後期に入塾しました。その第一回模試ではコロナウィルスでリモートでの授業になってしまった関係もあり、自分でも驚くほど成績が下がってしまいました。これはまずいと思い。プリントの解き直しをするようにしました。そのおかげか成績が右肩上がりに上がってJクラスからFクラスに上がることができました。しかしみんなとの差に気付き、塾に行くのがつらくなってしまいましたが、お母さんや先生方に背中を押していただき、自分の課題を見つけることができました。私にとって課題となる科目は社会でした。社会はいつも平均点を下回っていて、点数を見たくないほどでした。なので、過去問の解き直しを徹底しました。すると最後の答練会では平均点を取ることができました。その時の達成感は今でも忘れられません。ここまでやってきたのも、必死で応援してくれた先生や家族のおかげです。応援してくれる人たちに感謝して最後まで頑張って下さい。

【2021年度合格】K・Bさん 

  • 広島なぎさ中
  • 広島女学院中

 私は白石学習院に小学四年生の夏から入塾しました。入塾してから最初のころは模擬試験や定着度確認テストなど全然点数が取れなかったけど、だんだん点数が安定してきました。その後、一年数か月がたちついに受験生である小学六年生になりました。六年生になってからは前よりもっと本格的な受験勉強が始まり、宿題も増えて正直毎日大変でした。でも、前に本で見つけた「継続は力なり」という言葉を頭の中で何度も何度も繰り返し唱えて、何とか乗りきることができました。もちろん宿題が増えるだけではなく、自分のレベルに合わせたプリントをやったり、難しい問題を解いたり、勉強の難易度も上がってきました。そして、ついに待ちに待った受験当日を迎え、第一志望校は不合格でしたが女学院中に合格することができました。
 私は受験というものを初めて体験して、受験を甘く見てはいけないということを痛感しました。これから中学校受験をするみなさん、受験の結果が合格でも不合格でも、それは人生の中の出来事の一つにすぎません。だから受験の合否に関係なく、これからも勉強をがんばってください。

【2021年度合格】D・Aさん

  • 広大附属中
  • ノートルダム清心中
  • 広島なぎさ中
  • 広島女学院中

 私は、六年生の最初の時には先生に自分から進んで質問することができませんでした。でも先生がていねいに質問したことに答えてくれ、自分から質問できるようになりました。私は受験本番で、質問したことは試験問題にも応用できると感じました。
また、受験の時に、会場で先生に質問したときに言われたことを思い出し落ち着いて問題に取り組めました。私は試験のとき緊張してしまうので、先生が試験の前にくださったアドバイスの書かれた紙も、役に立ちました。こういう問題はこういう対処するという方法を最後に確認できたので緊張も和らぎました。
私は算数が好きだったので、試験で難しくあまりできなくて動揺してしまったけど「次があるからまだ大丈夫。」と落ち着いて試験に臨めました。第一志望校に合格した時はとてもうれしかったです。努力は実を結ぶと改めて感じました。

【2021年度合格】T・Sさん

  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中

 私は先生や親にわからないところを質問するのが嫌いでした。算数があまり得意ではなかったのに、そのやり方をしていて痛い目にあいました。周りの生徒が楽に解いている問題でも自分は解けなくなっていました。他の生徒との差が大きく開いていました。それはとても後悔しました。算数の教科書を一からやり直そうとしても、自分一人では解けませんでした。そうなると、もう質問するしかありませんでした。「質問したくない」などと言ってはいられません。とにかく、たくさん質問しました。先生は優しく時間をかけて教えてくれました。おかげで、少しずつですが、算数ができるようになっていきました。それからはわからなくなったらすぐに質問しにいくようにしています。
どんな状況になっても先生は自分たちの味方です。あきらめずに質問することが志望校への第一歩だと思います。

【2021年度合格】H・Sさん

  • 広島なぎさ中
  • 比治山女子中
  • 協創中

 私は三年生の冬に白石学習院に通い始めました。初めての塾は、学校の授業とは違い、慣れるまで長い道のりでした。四年生の頃は、中学受験をするのかまだ決めておらず、そこまで焦りはありませんでした。しかし、五年生になると授業がさらに難しくなり、受験への不安が出てきました。先生との三者面談の時に「このままだと本当に行く学校がない。家できちんと勉強するか、家で出来ないのなら塾の授業のない日も必ず塾に来て勉強すること」と先生に言われ、家で勉強することが苦手だった私は、授業のない日も自習室に行って勉強するようになりました。六年生になってもなかなか成績はあがらず、最後の答練会で「本当にまずい」と感じ、さらに必死になって勉強しました。その結果無事に第一志望に合格することができました。最後まで一生懸命指導してくれた先生たち、最後まであきらめず応援してくれたお父さん、お母さん、本当にありがとうございました。

【2021年度合格】Y・Kくん

  • 広島なぎさ中
  • 修道中
  • 広島城北中

 大切なのは入試までしっかりと勉強をすることです。とくに苦手な科目を多めに勉強し、できるだけ苦手な単元を減らすことで、自信がつきました。また過去問を解きなおすことです。解きなおすと何回やっても間違いが多かった単元が、自分の苦手な単元だとわかり、本当に理解できているかを確認することもできます。
また、入試の時は、体温調節ができるように、薄い服を何枚も着ていくことです。塾の先生の言っていたとおりでした。入試会場によっては、寒かったり、暑かったりしていました。いろいろなことに気を付けて受験ができたと思います。そのおかげで落ち着いて受験ができ、良い結果を得ることができました。

【2021年度合格】K・Yさん

  • 広島なぎさ中
  • 広島女学院中
  • 安田女子中

 私が受験勉強で一番大切なのはあきらめないことだと思います。理由は、全科目が全くできなくなってしまったとき、一番できなかった算数を毎週土曜日に残ってやっていたら、自分の中で最高だと思えるぐらい算数ができるようになったからです。
 今まで苦手だったものが受験で自信に変わってとてもうれしかったです。
 あと一つ大切だと思ったことは先生たちに質問することだと思います。私の苦手な算数の質問を先生にたくさんした月としなかった月では模擬試験の結果がとても差が大きくついていたからです。
 だから分からないことがあったらすぐに先生に質問することが大切だと思いました。
 本番では自分のやってきたことに信じてたとえ分からない問題が出てきても最後まであきらめずに解くことも大事だと私は思います。

【2021年度合格】N・Tくん

  • 広島なぎさ中
  • 広島城北中

 僕は四年生の春から入塾しました。最初は志望校に合格するためにどのような勉強をしていいか分からなかったので、自分の出来る範囲で取り組みました。五年生になると、理科と社会が加わり、ますます勉強が難しくなったのと同時に、毎週行われるチェックテストなどの結果は良くも悪くもなかったです。それでもくじけることなく間違えたところを、次につなげるように良い方向に捉えていました。そうやっていくうちに少し自信がつき社会や理科の成績は順調に上がっていきました。六年生になると過去問に取り組んでいきました。少し辛いという気持ちもありましたが、心の中で「自分のためだけに頑張るのではなく、誰かのためにも努力する」その言葉を繰り返すことで立ち直りました。送迎などをしてくれた父や母、一生懸命に教えてくれる先生などの支持があったからこそ頑張ることができました。これまで一生懸命に尽くしてくれた方々にとても感謝しています。

【2021年度合格】K・Mさん

  • 安田女子中
  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中

 私は四年生から入塾しましたが、六年生になってからは、全く違い、勉強の時間も増え塾にいる時間が長くなりました。苦手な科目や難しい問題にはめんどくさいとも思いました。私は、家で学習をしなかったので、塾で残って勉強をしたり、先生に質問したりしました。もしできない事があったら、ずっと考えているよりもすぐに質問して理解できるまで教えてもらうことが一番大切だと思いました。
先生の言っていた、「君たちが解けない問題は周りも解けない。」という言葉から、受験では自分に対する自信が周りと差をつけるポイントであると分かりました。そのポイントで勉強に注ぐ気持ちなども大きく変化しました。日頃の勉強や沢山の大切なポイントがとても重要な鍵になると思います。