合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2016年度合格】西風新都教室 Fクラス H・Mさん

  • 広大附属中
  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中

 私が受験を終えて思うことは「やったことはしっかりと自分の力になっていく」ということです。

私が受験勉強をするにあたって、良かったと思うことは夏休み・冬休みは誘惑に負けることなく勉強できたことです。特にお正月は家族みんなが祖母の家に行ったりして「いいな」と思うこともありましたが、我慢して勉強することができました。それと朝六時に起きたことです。

逆に、悪かったと思うことは十一月の三者面談までやる気が出なかったことです。夏までは算数から逃げていました。算数の問題で分からないことがあったらすぐに先生に質問(※1)に行って自分で考えていませんでした。でも十一月の三者面談からは逃げずに頑張りました。

 入試当日はものすごく緊張してしまいましたが、受験会場でみんなと話して緊張がほぐれて実力を発揮できました。

 入試本番は模擬試験と違って知らない人がたくさんいて、空気がピリピリとしていてものすごく緊張します。教室に入ると他の人たちが自分よりも偉く見えたりします。けれども落ち着いてやれば大丈夫です。もし分からない問題が出たらじっくり考えていけば良いのです。それに入試本番までに自分のやるべきことをしっかりとやっていれば、それが必ず自信になってきます。そして自然に緊張がほぐれていきます。自分を信じて下さい。

 今までやってきたことはしっかりと自分の力になっていくので、これから中学生になっても頑張っていきたいです。

※1 質問
質問は大事です。白石学習院では、気軽に質問ができるように学習環境を工夫しています。

【2016年度合格】東雲教室 Vクラス S・Tさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中

 私は、とにかく算数が嫌いでした。勉強は嫌いじゃないけど、算数は嫌いでした。算数の授業中は、「こんな問題、だれが分かるんだ」と思いながら問題を解いたり、解説を聞いたりしていました。

四、五年生ぐらいから、どの先生にも「算数が一番」「算数で差がつく」「算数をせんと落ちる」と言われ続けました。でも私は信じていなかったので、大変なことになりました。初めて解いた過去問は、かなりひどく、それからもなかなか良くはなりませんでした。過去問のチェックテストも一度もちゃんとできていません。「基本のチェック(※1)」、「スピードアップ(※2)」など、全てにおいてきちんと復習をするようにと怒られ続けました。

私は、広島女学院中学校とノートルダム清心中学校に合格しました。受験してみて、本当に算数は必要なものだとわかりました。一番心配していた算数ですが、本番ではどれも解いたことがあるような問題で、いろいろな問題が解けました。これも、怒られながらでもどうにか算数をやり続けてきたおかげだと思います。

※1 基本のチェック
基本問題が冊子になった問題集
※2 スピードアップ
基本問題を速く解く訓練をするプリント

【2016年度合格】五日市教室 Fクラス T・Gくん

  • 市立広島中
  • 修道中
  • 広島なぎさ中
  • 広島城北中

 僕は四年生の時に白石学習院へ入塾しました。はじめは中学受験なんてことは、まだ考えていませんでしたが、少しずつ勉強の楽しさや辛さを体験しました。

 五年生になって本格的に受験勉強が始まりましたが、成績は思うように上がらず、不安定な状態が続きました。しかし白石学習院の先生は自分の苦手な単元を色んな方法で教えてくださり、苦手教科を得意教科に変えていくことができました。

 六年生になり、勉強は一層大変になりました。担任の先生からは「今のままでは第一志望校には合格できない」と言われ、自分を変えられるよう、一生懸命頑張りました。特に夏期講座中は一日約七時間も塾で勉強しました。入試へ向けて、本当に努力しないといけない、やるしかないと思ったのは、このころだったと思います。

 そしてついに入試が始まりました。入試会場で先生がメッセージの入ったカイロを渡してくれました。そのカイロが温まるにつれ、僕の気持ちも燃えてきました。そして結果は行きたかった学校に合格することができ、合格通知を受け取った時にはうれしくて泣いてしまいました。努力を続けていけば、必ず実るということを学びました。

 僕の気持ちを高ぶらせてくれ、親身になって指導してくださった先生方、常に僕を支えてくれたお父さんやお母さんにとても感謝しています。ありがとうございます、白石学習院!

【2016年度合格】東雲教室 Vクラス M・Tさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中

 私は四年生の時に白石学習院に通い始めた。だけど受験のことを知ったのは五年生になってからだ。それまでは塾はただ勉強を教えてくれるところ、という程度しか考えておらず、受験をしようとは考えていなかった。同じクラスの中でも受験の話をする人が増え、正直不安にもなった。

 それから五年生の夏休み前の模試で私はクラスで最下位になってしまった。そのことがとても恥ずかしく、塾がない日も自習室で勉強した。その努力は次の模試では少しは報われたが、それでもクラスで上位になることはなく、悔しい思いをしてきた。

 五年生最後の模試で今まで以上に点数がよく、偏差値も上がったため、そこで初めて努力してきて良かったと思えた。

 六年生になり、広大附属の文化祭に行った。その時の楽しかった体験から、私はこの学校に入りたいと思うようになった。

 しかし、六年生の夏、私はまた点数が下がり、クラスも落ちてしまった。私は広大附属に行きたいという思いがあったので、必死になって勉強した。だが、夏休み後の模試でもあまり良い点が取れず、先生がギリギリでクラスを上げてくれたけど、悔しい気持ちだけが残った。

 それからもコツコツと勉強をつづけたおかげで、クラスが落ちることはもうなかった。日曜日の特訓や夜の特訓のおかげで入試直前には清心の算数で初めてボーダーラインをこえることができた。あこがれの広大附属には落ちたけど、清心には合格できた。受験のことを知らなかったあの頃の自分と比べると、とても成長したと思う。

【2016年度合格】東雲教室 Fクラス M・Yさん

  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中
  • 比治山女子中

 私は五年生から白石学習院に入り、受験勉強を始めました。

 入ったばかりのころは、算数の補習をせっかくしてくださっても分からず、とても大変でした。けれども算数の先生は私が分かるまで説明をしてくれたり、たくさんの質問に答えたりしてくれました。このことを受験が終わった今、考えてみると、ほかのクラスも持っていたのに補習をしてくれていたことに気づき、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 遅れて塾に入ってきた私を、ほかの子たちのスピードに合わせてくれた先生は、算数の先生だけではありません。特に社会の先生はみんながチェックテストをいている少しの時間にも補習をしてくださり、一冊目のテキストを全部追いつかせてもらいました。六年生になっても夜の時間の特訓をしてもらったおかげで、もともと苦手で嫌いだった社会をボーダーラインまで点数を伸ばすことができました。理科や国語の先生のもたくさんのプリントなどをさせてもらいました。塾は、とても大変だったけれど、白石学習院に入ることができて良かったと思います。

【2016年度合格】東雲教室 Vクラス Y・Sさん

  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 私は四年生の冬期講座から塾に通い始めました。最初は受験勉強のことは考えておらず、「お母さんに言われたから」という理由で塾に来ていました。しかし、そのうち、「楽しいから」という理由に変わっていきました。

 今考えると、自分がここまで続けることができたのは、最初がとても楽しかったからだと思います。また、「つらかったらいつでもやめていいよ」と言ってくれた母のおかげです。だから、母にはとても感謝しています。

 行きたい学校が決まると、余計に楽しくなりました。六年生の夏休みは授業後毎日自習をしました。それは、苦手だけど大好きな算数を少しでもできるようにするためです。

 私は授業が終わると毎日自習室に行き、先生に質問ができる午後七時十五分ぐらいまでの間、質問するところにふせんをつけて質問をしていました。長いときは一時間ぐらい質問させてもらっていました。でも、先生はどんなに長くなっても嫌な顔一つされませんでした。それで私は少しだけ安心していました。

 夏休みの間、毎日朝から夜まで残るのは大変だったけど、とても楽しかったです。問題が一問ずつ解けていくと、とてもうれしかったです。

 しかし、怒られるときはやっぱり嫌でした。でも先生のお説教はアドバイスばかりで、いつもやる気を出させてくださいました。そして、お説教のあとはいつも余計にやる気が出て頑張ることができました。

 このように、私の初めての中学受験の思い出は、楽しいこともつらいこともたくさんありました。でも、常に楽しんで全力で頑張ることができました。こうして、私を常に楽しく勉強させてくれたのは、家族や塾の先生たちでした。本当に感謝しています。

 私は、この中学受験という経験を活かして、これからも中学で頑張っていきたいと思います。

【2016年度合格】西風新都教室 Fクラス S・Oさん

  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中

 私は四年の冬に受験を決めました。それから二年間受験に向けて頑張ってきました。

 合否の結果を聞いたときは、自分が今まで頑張ってきたからだよと思っていましたが、少し経って考えると半分以上は家族の力だったのかなと思います。いつでも自分をサポートしてくれたり、励ましてくれたり、塾に行かせてくれたり、たくさん家族が支えてくれました。だから私は女学院中学の制服を着て毎朝登校することができます。この二年間、家族にお返しできないほどたくさんの感謝があります。家族を大事にしていくと合格の道が開かれると思います。

【2016年度合格】東雲教室 Vクラス M・Nくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 広島なぎさ中

 ぼくは五年生のはじめに白石学習院に入った。入ったときは最も下のCクラスからのスタートだったが、だんだんとクラスが上がり、しまいにはVクラスにまでなれた。

 五年生の時は社会の歴史が最も得意だったが、六年生の後半になってからは国語が最も自信が持てた。ただ、理科と算数が苦手だった。特に算数は六年生の秋になってもなかなか過去問で点数が取れなかったし、基本であるスピードアップ演習も散々だった。そんな僕を父が見て、今までの模試の問題や授業でもらったプリントを何度もやらせた。家ではほとんど算数ばかりやっていた。でも、そのおかげで、授業でやる過去問も少しずつ点数が取れるようになったし、理科の計算問題もだんだん理解できるようになった。

 第一志望校の受験のとき、ぼくは算数と理科で失敗をせず、国語と社会で点数の貯金をする、という計画を立てた。実際の入試の点数はわからないが、合格できたのは、この計画と普段のがんばりがあったからこそだと思った。

【2016年度合格】東雲教室 Fクラス A・Uさん

  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中

 私は受験を終えて気づいたことがあります。それは、何事にも家族の支えがあったということです。

 母は、朝、兄と父の弁当も作らなければならないので忙しいのに、塾がある日は欠かさず私の弁当も作ってくれました。父は、私が夜特訓のとき、仕事で疲れているはずなのに、ずっと送り迎えをしてくれました。

 私には、二人の兄がいます。

 長男は高校三年生で、大学受験の勉強で忙しいはずなのに、私が算数でわからない問題があった時にていねいに優しく教えてくれました。

 次男は、私の模試の結果を見て厳しい言葉を言ってくれました。そのことによって、私はずっと危機感を持って勉強することができました。

 このように見ると、みんなは忙しいのに私のことを最優先に考えていてくれたんだなと思います。だから、恥ずかしくて口には出せないけれど、家族にはとても感謝しています。

 私の合格には家族の支えがあると思います。だから、中学にはいってからもこの感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。

10 / 10« 先頭...678910
このサイトを広める