ざっくばらん

zakkubaran

赤ちゃんと話をしましょう

赤ちゃんと対話するだけですごい言語能力を引き出せるそうです。まず本を読んであげるのを一旦中止して、いろいろな絵や写真について話してみましょう。車の乗る時は、ラジオやテレビを切ってどこに行こうとしているのかを話たり、洋服を着せるときは何色の服なのかを説明してあげましょう。そして喃語(なんご)と呼ばれている「アー」とか「ウー」などの声であろうと、たどたどしい答えであっても話をする機会を赤ちゃんにあたえてみましょう。このプログラムに参加している3分の2の家族の子供達に良い結果が出ています。一日に平均8千語聞いていた子供が、コーチング終了時には1万2千語聞けるようになったということです。できるだけ赤ちゃんに話しかけましょう。この話しかけで幼稚園へ入学する頃までに子供の言語発達能力に大きな差が出ると言われています。

 

The power of simply talking to babies is enormous.
First, don’t just read them a book but ask them about the pictures. Turn off the radio in the car and talk about where you’re going. Describe the colors when dressing a tot, and pause to give them a chance to babble back.
Results show that doing these things has positive results in two-thirds of participating families. Children who started hearing an average of 8,000 words a day were averaging 12,000 a day by the time the coaching ended. Let’s talk to kids. I am sure you can make a big difference in their lives by the time they begin kindergarten.

花粉シーズン到来

西日本では2月末時点でもうすでに花粉が飛び散っています。スギ花粉が本格的に開花時期を迎えようとしています。もともと全国的に杉の植樹が活発に行われてきましたが、安い外国材に押され国内森林業は廃れ、木を切る人がいなく、放置されています。それがまず花粉症の大きな要因でしょう。都市に住む人々の26%がスギ花粉症で苦しんでいると言われています。花粉は空中を舞っていますので、都市に住む人は車の排気ガスや舗装された道路などの影響も加わり、有病率が高い傾向があります。残念なことに即効薬はないようです。花粉症の人はとても辛そうで、お気の毒です。私?免疫力の低い私ですが、幼少期から花粉まみれの高原で育ちましたので花粉には特に問題なさそうです。

 

Hay fever season has recently begun in western Japan, as of February. The cedar trees are in bloom. They had been planted nationwide, but the logging industry has sharply waned due to cheaper lumber imports. Nearly 26 percent of the population, mainly city dwellers, are believed to suffer greatly from cedar pollen, since it is air-borne. City dwellers are more prone to suffer from it, partially because of the worsening vehicle exhaust situation, as well as the paved roads. There are no quick remedies for this situation. I feel sorry for people who are allergic to pollen. Me? Thank God, my body has grown immune to it due to a lot of exposure over time.

海洋経済価値計算

もし世界の海洋を国家経済で換算すると、どのくらいの価値があるのでしょうか。2015年5月の世界自然保護基金(WWF)の試算によると、およそ24兆ドル、世界で7番目の経済国に等しいそうです。この試算は、ボストン・コンサルティング団体とオーストラリアのグローバル・チェンジ・インスティチュツの共同研究です。このレポートの目的は政治家や経済界の指導者に一般的な投資対象として海洋を見て欲しいということなのです。自然資本として金銭感覚で査定していこうとするものです。ただし、どのくらい正確に把握できるのかという疑問は残っています。しかも私達を生かしてもらっている母なる海を金銭的価値観で評価するのもいかがなものかといった議論もあります。調査結果は特筆すべきものですが、人類や他の生き物にとって海洋はかけがえのないものであると私は考えています。

 

If the world’s seas and oceans were a national economy, how much would they be worth?
They are around $24 trillion according to the World Wildlife Foundation (WWF) in a report on May 2015, making it the world’s seventh largest economy. The group drew up the research with the help of the Boston Consulting Group and the Global Change Institute in Australia.
The report aims to make policy makers and business leaders view the sea as a common investment. This technique of auditing nature in financial terms is known as “natural capital”. It has been used extensively in global health checks. However, there are questions as to how accurate such figures can be when applied to nature, and calculated on this grand scale.
Furthermore, is monetary value really the best way to measure nature’s importance to the planet, and the environment that sustains us? The study is noteworthy, but the oceans make up 70 percent of the Earth’s surface world so they are definitely the mother of this earth. I believe it is immeasurable and indispensable for all human beings and living creatures.

 

2017/02/01

 

ニホニウム

 

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

さて、昨年、理化学研究所が人工的に合成した原子番号113番のニホニウム(英: nihonium)が新元素として国際的に認定される見通しになりましたね。中学校へ行けば元素記号を覚えますが、今回の日本人発見113番元素記号ニホニウムを知れば、科学にもっと興味が湧くのではないでしょうか。アジアによる新元素の発見はこれが初めてとなります。1秒間に2.5兆個の亜鉛ビームを80日間続けてビスマスに向かって撃ち込み、1700京(1.7×1019)回の衝突を起こした中から、たった1原子の元素113(質量数278)を検出したといいます。気が遠くなるようなスピードです。間違いなくノーベル賞に匹敵する発見でしょうね。

 

 

 

The State-backed Riken science research institute started the project to discover element 113 in September 2003. At last they found Nihonium (Nh) which is a synthetically made element, specifically radioactive metal. They created Nh three times, in 2004, 2005 and 2012, to secure the naming rights.

Students study the periodic table when they go to junior high school. If they find an element that was discovered by a Japanese research group, I believe that would make them more interested in science. The discovery was the first of its kind in not only Japan, but also in Asia. The element has been created using a cold fusion reaction between a bismuth-209 target and zinc-70 ions. This discovery must be worthy of a Nobel Prize Award.

 

2017/01/01

 

 

坂村真民 人生の詩、一念の言葉

愛媛県で一生涯を終えた詩人坂村真民先生は波乱万丈の人生を送られたように思います。65歳で教員退職後、詩歌に没頭しました。いつも夜0時に起床し3時30分までの間、愛媛県松山の重信川の石に額を乗せ祈り続けました。坂村先生は、仏教徒であり詩人でもありました。仏教精神を基調とした詩の創作を行い、彼の信奉者にヒーリングパワーと勇気を与えてくれました。平成18年に97歳でお亡くなりましたが、没後、作品はますます脚光を浴びるようになりました。もっとも有名な詩は「念ずれば花開く」です。私が好きな詩は二つあります。「病がまた一つの世界を開いてくれた 桃咲く」「堂訓 自分の病気は自分で治せ 自分の幸福は自分で開け 自分の運命は自分で開け 捨て切ってしまえば 無限の力の湧出することを知れ 全力を尽くし為すべきことを為し あとは神仏に任せよ」心にしみます。

 

Shinmin Sakamura had many ups and downs in his life. He devoted himself to poetry after retiring at the age of 65. He usually got up at midnight and prayed till 3:30AM at the Shoigenobu river, placing his forehead on his own stone. He is a Buddhist and poet whose work healing his followers, and gave them courage. He passed away at the age of 97. “Pray, and any flower of yours will come out ” is the most famous among all his poems. My favorite poems contain the lines: “Suffering from an illness brings about another new perspective to your life.”” Do your best. You should find a way to cure your illness. You should find your happiness on your own. You should explore your destiny. You should learn to devote yourself to solving your own problems. After that, you can leave everything in God’s hands.”

 

2016/12/01

群れから離れたムース

私はアメリカの西海岸シアトルから発信しているラジオをよく聴きます。その中で、デイビットさんとの対談が行われていました。彼は元酪農家でしたが、群れから離れた(ヘラジカ)ムースを育て上げ、保護地で飼いならすことで脚光を浴びることになりました。しかしながら、州法では保護のためとはいえ野生動物を3日以上飼育することが禁止され、しかも長期間飼いならすことも禁止となっているものですから大変なことになっています。デイビットさんは道義的責任があると強く反発しています。最終的に州は彼のような手法を許可するのでありましょうか、それとも自然界に戻れない動物を死に追いやるのでしょうか。(日本にも同様な動物法があります)

 

I usually listen to a radio station out of Seattle. There was a program about David, a retired dairy farmer, who has gained a growing reputation for nurturing orphaned moose, allowing them to reach maturity and live within a protected preserve. These animals are living as they would in the wild. However, state laws prohibit the rehabilitation of a wild animal for over three days and also forbid the confinement of wild animals. He is vehement in his belief that there’s a higher moral purpose to be served. Will the State reconsider and allow David’s practice to exist or will these animals be condemned to death?

 

2016/11/01

個人空間

誰かが直接自分の顔に近づいた場合、本能的に頭を後ろに引きますよね。どうしようもなくそのような反応をします。個人のスペースは置かれた状況、心理状態、相手との性別や関係でそれぞれ違います。好意を持っていると近づきますし、時には自分の空間領域を守ろうとします。飛行機での座席確保、レストランで椅子にコートをかけたり、ホテルのプールにタオルや日焼け止めクリームを置いておくこと、図書館で本を数冊置いておくことは「ここは私が使用中であり、立ち入らないように」という言外の警告をにおわせています。国境といえば、大げさですが、それに近い個人空間を作り確保したいというのは人間の本性の一つでしょうね。私の場合、相手との許せる距離はギリギリ40センチでしょうかね。

 

Have you ever noticed how people instinctively flip their heads back (almost leaning backwards) when someone comes up directly into their face? You can’t get a fix on a person’s face if he or she is right up against you. Personal space may vary in size for an individual depending on the situation, his or her emotional state, gender, and the relationship with the other person. We stand closer to people whom we like. Sometimes people erect actual boundaries to stake claim to their personal space. Leaving an “occupied” sign on an airplane seat, draping a coat over the back of a chair in a restaurant, arranging a towel and sunscreen on a hotel poolside lounge, or spreading books at a library desk indicate this place is mine, and I will be returning to claim it -so keep off! In fact, most people get pretty peeved if someone deigns to move their markers. “Hey, I was here first!”

 

People often mark where their territory begins or ends. It is a part of human nature to create and preserve their territories just like national boundaries.

 

2016/10/01

食べるビール?

ビールを食べたことがありますか。リゲーン醸造所の二人の社員は醸造過程が非常に非効率的だとわかりました。というのも醸造後大量の原料の残りかすがあるからです。ビール醸造会社では普通これを廃棄することにしています。それゆえ何とか他に転用し商品化できないかと考え、栄養価の高い食用バーを製造することになりました。このバーがビールのような味だと錯覚すれば、実はホップスが入っていないためがっかりする方もいらっしゃると思います。しかし美味しくてお客満足度の高い商品になっています。これはまさに酒かすからできた甘酒のような地球環境にやさしい商品なのです。試食してみますか。

 

Would you like to eat beer? Two guys at Regrained Brewery realized that the brewing process is very inefficient, because there is a huge amount of leftover grain left after the mashing process. Brewers often compost this material. Therefore, they decided that they could re-purpose these grains into something else, such as nutritional bars. If you expect the bars to taste like beer, you’ll be disappointed, simply because there’re no hops in the bars. However, people say that the bars are delicious and satisfying. It’s a sustainable product, just like “amazake”: a sweet drink made from malted rice. Give it a try.

 

2016/09/01

砂糖税

英国の小学生一年生の10人のうち1人が肥満児ですが、最終学年になると5人に1人が肥満になっているそうです。英首相は2018年から新しい砂糖税を清涼飲料会社に課すことを発表しました。その理由として子供たちは毎日清涼飲料水を飲む傾向があること。2番目の理由として、その飲料水の中でも砂糖含有率が極めて高いものがあることを挙げています。税収は毎年、約5億2千万ポンド(約833億円)に上る見込みで、小学校のスポーツ活動資金に充てるといわれています。個人的意見ですが、日本が砂糖税を導入することはないでしょうね。

 

By the start of primary school, one in 10 kids in England is obese and by the end, it is one in five. Obesity is one of the major health issues among teenagers today. The chancellor has announced that a new sugar tax on the soft drinks industry will be introduced in the UK beginning 2018. The reason is that kids who drink soft drinks tend to have them every day, and some of the drinks are incredibly high in sugar. All the money raised – an estimated £520m a year – will be spent on increasing funding for sports in primary schools. As of now, it is unlikely that Japan will follow in England’s footsteps..

歴史の勉強 グラバー氏

1860年代は長崎に住んでいたスコットランド人貿易商トーマス・グラバー氏にとってかなりの収穫の多い時期でした。幕府討幕を図る尊王派薩摩藩長州藩に艦船や武器を販売し、日本の政治に大きな影響を与え、新橋~横浜間よりも7年も前になる1865年に、彼の尽力により長崎では、彼の名前を取って「アイアン・デューク号」という蒸気機関車が人を乗せて走っていたのです。また人材育成にも力を入れ、長州藩から5名、続いて1865年薩摩藩から15名の 若き志士たちを 英国へ渡らせ勉学に励ませました。またグラバー氏は三菱設立にも、醸造業キリンにも多大な貢献をしました。まさに彼抜きにして日本の近代化はなかったといえます。もしグラバー氏が存命ならば、最近発覚した三菱のデーター改ざん問題に対してどう考えるでしょうかね。

 

The 1860s were a period of considerable success for Thomas Blake Glover, a Scottish merchant who lived in Nagasaki. He started by trading in ships and arms to a number of rebellious clans opposed to the established regime in Japan. In 1865, he introduced the 1st steam locomotive ever seen in Japan, the “Iron Duke”, and by 1868 he was influential enough to play a part in the downfall of the Tokugawa Shogunate during the Meiji Restoration. To help some talented Japanese expand their viewpoints, Glover helped the Choshu Five travel to London on Jardine Matheson ships and helped send fifteen trainees from Satsuma in 1865. Glover played a crucial role in modernizing Japan and establishing the Mitsubishi Corporation of Japan and Kirin Brewery Company. He should definitely be considered one of the founding father’s of the Meiji Restoration. If he was still around, how do you think that he would react to Mitsubishi’s scandal over rigging of its fuel efficiency data?