合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2020年度合格】緑井教室 Fクラス I・Aさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 広島なぎさ中
  • 市立広島中

 私は受験勉強を五年生から始めました。五年生の時の模擬試験では、なかなか点をとることができず、成績もあまり上がりませんでした。でも、六年生になってから、先生に積極的に質問をしにいくようになり、今まで解けなかった問題が解けるようになりました。そして、私は国語と算数に力を入れ、読解チェックやスピードアップ演習などをたくさんするようにしました。すると、第三回の模擬試験では、今までで一番良い成績をとることができ、私は、自分の力に少し自信が持てるようになりました。しかし、第一回答練会からは、成績が少しずつ下がっていきました。「本当に志望校に合格できるのか」と気持ちが落ち込んでしまうこともありました。それでも、私は先生からたくさんのアドバイスをもらい、最後まで努力し続け、志望校に合格することができました。
 私は、この受験勉強を通して、「自分に自信を持つこと」の大切さを学びました。入試本番でも、今まで努力してきた自分を信じれば、必ず合格できると思います。
 最後に、今まで私を支えてくれた家族や先生方、本当にありがとうございました。

【2020年度合格】緑井教室 Jクラス M・Sさん

  • 広島なぎさ中
  • 市立広島中

 私は、五年生の秋に入塾しました。入塾したときはeチェックなども空らんだらけで全く理解できていなかったけど、先生方の話をしっかり聞いてメモをとることで、授業の内容を少しずつ理解できるようになりました。分からない所を質問するとき、とても不安だったり、恥ずかしかったりしたけど、質問しても優しく教えてくださって安心していました。解ける問題が増えていくので、勉強を楽しいと思えるようにもなりました。
「今、勉強したくない。あれをやらないといけないから・・・」と、勉強する時間を減らすと、授業に全くついていけなかったことがありました。だから、「勉強しない理由ではなく、しなければいけない理由や、する理由を考えて」予習や復習をしてみてください。授業が楽しくなったり、目には見えないですが確実に一歩ずつ志望校合格に近づいたりしていると思います。明るい未来になるよう願っています。

【2020年度合格】牛田教室 Fクラス K・Mさん

  • 安田女子中
  • 広島なぎさ中
  • 市立広島中

 私は四年生から白石学習院に入りました。四年生から六年生の間は、何度もJクラスに落ちかけながらも、ずっとFクラスにしがみついていました。昔から算数と社会が苦手で、模擬試験では毎回ぼろぼろな結果でした。だから、私はどこの学校にも入れないのではと、不安でした。しかし、六年の夏期講座から算数の成績は良くなっていきました。だから、私は夏期講座ではよく勉強したのではないかと思い、夏休みのことを思い出してみました。すると、あまりよく勉強している姿は全くなかったため、なんで成績が良くなったのか今でも不思議です。最後の答練会の結果、また成績が下がったので、受験がどんどん心配になっていきました。そして受験日、合格に自信がありませんでした。結果、惜しくも第一志望校には受からなかったけど、第二志望校に合格しました。第一志望校には受からなかったけど、私は先生方のおかげで頑張れました。

【2020年度合格】西風新都教室 Fクラス H・Sさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 広島なぎさ中

 受験勉強をするときに大切だと思ったことは二つあります。まず一つは、答練会や模擬試験などのテストや、過去問の点数を気にし過ぎないことです。もし、結果が悪かったら、「自分は志望校に行けないかもしれない」と思い、勉強に手がつかなくなり、反対に結果が良くても、調子にのって勉強をしなくなるかもしれないからです。私も答練会で良い結果が出たので、油断してしまい勉強がおろそかになり、次の答練会ではひどい結果になってしましました。
次に、四科目をバランス良く勉強することです。得点の低い科目を中心に勉強し、その科目で足を引っ張ることのないようにすることも大切です。
 私はこの二つのことを心がけて勉強するようにしたので、良い結果が出たと思います。

【2020年度合格】牛田教室 Fクラス I・Aさん

  • 安田女子中
  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中

 私は四年生の夏ごろに入塾しました。五年生のはじめはJクラスでしたが、二回目の試験でFクラスに上がることができました。そのきっかけは、やはり宿題をちゃんとやるのはもちろん、すき間の時間でちゃんと勉強をしたからだったと思います。しかし、算数は平均より下の点数を取ることが多くなりました。そうこうしていると、すぐに答練会の時期になり、時間が過ぎるのはあっという間でした。そんな中、算数の点数が前より良くなっていきました。それは、単純なミスを無くすことを意識したからです。誰だってミスはおかしてしまいます。しかし、意識をすれば少しは減らせます。だから、見直しをするなどミスをしないようにすることを意識すれば、第一志望校に合格できる可能性は高くなると思います。

【2020年度合格】牛田教室 Vクラス I・Kくん

  • 広島なぎさ中
  • 広島学院中
  • 修道中
  • 広島城北中

 ぼくは、四年生の夏ごろから白石学習院に通い始めました。五年生の最初の方にVクラスになってから、Fクラスになったりもしたけれど、ずっと成績は悪くありませんでした。でも、五年生の後半から、少しずつ勉強をなまけるようになってしまい、成績も右肩下がりになってしまいました。そんなころに、三者面談がありました。そのとき、先生にいろんなことを相談したり、一週間の予定を決めたりしたことによって、受験への意識がさらに高くなり、苦手な算数をできるだけ毎日、少しずつでもいいので勉強するということを習慣づけるようになりました。そして、ぼくは、答練会の成績も伸びはじめ、第三回の答練会では、算数の成績上位者に名前がのりました。さらに、今までA判定にほとんどなったことのなかった第一志望校の学校に合格することができました。
 受験は、受かっても落ちても、することに価値があると思います。だから、自分自身のために勉強を頑張ってください。

【2020年度合格】東雲教室 Fクラス T・Tくん 

  • 広島なぎさ中
  • 修道中
  • 広島城北中

 僕は、四年生の夏期講座から入塾しました。最初の頃は成績が上がったり、下がったりを繰り返していました。六年生になった時、さすがにこのままだとまずいと思い苦手科目の算数を集中的にやりました。そうすることで算数の成績は少しずつ上がっていきました。しかし、今度は理科が苦手になっていって、受験前最後の模擬試験で過去最低点をとってしまいました。だから、理科をこれまでより多く勉強しました。でも、入試では合計点勝負だと気づき、理科だけではなく他の科目もやることで過去問を解くときの点数が全体的に上がっていきました。そして、受験を迎え、第一志望校に受かることが出来ました。
 受験を通して分かったことは苦手科目ばかりやるのではなく、他の科目をしっかりとやるということです。入試はあくまで合計点勝負です。だからそのことを胸に刻んで受験勉強を頑張ってもらえたら嬉しいです。最後にお父さん、お母さん、そして先生たち、本当にありがとうございました。

【2020年度合格】国泰寺教室 Fクラス H・Kくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 広島なぎさ中

 ぼくは、四年生のころはイオにいました。そして、五年生になってから国泰寺教室に入りました。
 ぼくは、国語は得意だったけど、算数が全然できませんでした。けれども、六年生になったころから先生に分からない問題を質問していくことで、徐々に問題が分かるようになってきました。しかし、算数ばかり勉強してしまったので、今度は理科と社会ができなくなってしまいました。そこで、バランスよく勉強することを心がけました。すると、全体的に模試の偏差値が上がりました。やがて模試も範囲がなくなり、少し成績が下がるかもしれないと思ったけど、やる気をなくさずに勉強しました。そして、受験のときも失敗することなく終えることができました。
 五年生の人たちも、分からない教科があると思うので、しつこいと思われるほど質問することが苦手を克服するために必要なことだと思います。頑張ってください。

【2020年度合格】緑井教室 Fクラス S・Rくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 広島なぎさ中
  • 市立広島中
  • AICJ中

 僕は、第一志望の学校に合格しました。
四年生の時に僕は入塾しました。そのころの成績は普通くらいでした。五年生になると国語の成績が徐々に下がり始めてきましたが「他の科目でカバーできる」と思っていました。しかし、その思いがくだけたのは六年生の時です。夏期講座明けの模擬試験では、国語で大変な成績をとってしまいました。その時に、国語をたくさん勉強すると決めました。それからは勉強時間の六割くらいを国語の時間に費やしました。そうすると科目バランスも良くなっていき、答練会でも自分がおどろくくらいの総合成績を残すことができました。この結果が、自分に自信をつけさせ、第一志望の合格につながりました。
 僕は、塾に行く途中、友達が遊ぶのを見て何度も「受験なんて嫌だ、塾なんかやめたい」と思っていました。しかも、兄が有名な学校に進学しているので、自分の中ではとても不安な気持ちでした。しかし、受験で合格すれば、人生が良くなる、そう考えると、絶対に合格するぞという気持ちが芽生えました。
 みなさんも、努力は必ず報われるので、最後まで諦めずに頑張ってください。

【2020年度合格】五日市教室 Fクラス T・Yくん

  • 広島なぎさ中
  • 修道中

 ぼくは三年生から塾に入って受験勉強を始めました。まず、三・四年生の時は、算数と国語の二教科で習う量も少なく、模試でも点を取ることができていました。次に、五年生の時は、理科と社会が増え四教科となり、勉強時間の配分が難しくなりました。宿題の量も増え、宿題が終わるのが授業前のギリギリになることもありました。
 そして六年生になると、今までと比べて模試の成績が急に下がってしまい、この時から受験を意識して頑張るようになりました。
 受験の直前は、過去問や過去問の解き直しをたくさんして、入試の時間配分も意識できるようになりました。理科や社会は暗記プリントやeチェックをして暗記問題で点を取れるようにしました。
 ぼくは六年生の途中まで算数が苦手でした。しかし、先生に質問をして成績がだんだん上がるようになりました。だから、受験生のみなさんは、分からない問題はすぐに先生に質問したら理解できるので、頑張ってください。
 最後に、お父さんお母さん、塾まで送り迎えをしてくれたり、お弁当を作ってくれたり、受験を支えてくれてありがとうございました。