合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2022年度合格】F・Kくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 崇徳中
  • 広島なぎさ中

 僕は、五年生の夏から塾に入りました。受験のことは最初あまり考えていませんでした。しかし、六年生になって塾の日数も多くなり、勉強しようという気がやっと出てきました。その分、休憩する時間が延びてしまい、夏期講座で納得がいく勉強ができなかったことが、今でも「なんでもっと勉強しなかったのだろう」と後悔をしています。また、答練会の点数や偏差値が四つとも模試の時より下がりいつも落ち込んでいました。十二月の終わりから一月の第一志望の受験日まで必死で勉強して、したいことも我慢しました。そのため第一志望に合格することができました。合格と分かった後で、今までやってきて良かったと思いました。

 今まで支えてくれた家族には本当に感謝しています。次に教えてくれた先生です。他にも落ち込んでいた時に楽しませてくれた友達などたくさんの人に感謝です。

【2022年度合格】N・Mくん

  • 広島城北中
  • 広島なぎさ中

 僕が白石学習院に入ったのは、4年生の夏でした。その時の自分は学校の宿題だけをしてあとは遊ぶ毎日でしたが、塾に通いだして変わったことは、机に向かう時間が増えたことです。

5年生になって受験が近づいてくると、授業のない土曜日は、必ず塾の自習室で勉強に取り組みました。また、父も休日には勉強を見てくれて勉強漬けの日々を送りました。父は小2のころから国語の勉強を見てくれており、今思うと僕に本気で受かって欲しいという思い一心で教えてくれていたんだなと思います。そして母はいつも僕の健康を気づかってくれて、落ち込む僕をはげましてくれていました。そんな家族にとても感謝しています。塾の先生の支えもあり合格することができました。

【2022年度合格】T・Sくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 広島なぎさ中

 受験を通してわかったことがいくつかあります。

 まず、受験当日に緊張しすぎないことです。緊張しすぎると、問題が解けなくなってしまいます。受験最初の日にとても緊張していましたが、深呼吸をして落ち着くことができました。

次に、勉強を楽しくすることです。勉強することが「義務」だと思って勉強しても楽しくありません。自分には勉強する「権利」があり、「勉強する」という選択肢を選んで勉強していると思うことが大切です。そして、なによりも勉強を楽しくすることです。いろいろな工夫をして勉強を楽しくしようと考えました。

また、受験は自分一人が戦っているのではありません。まわりの友達や、家族も一緒に戦っています。受験が満足のいく結果になるように、仲間と共にがんばってください。

【2022年度合格】U・Yさん

  • 安田女子中
  • 広島なぎさ中

 私は4年生の途中から入塾しました。入塾したとき勉強は苦手でしたが、だんだん楽しくなって好きになっていきました。その後理科と社会が加わり勉強する時間が増えてきました。苦手な科目もあって、大変苦しい時もありました。それでも家族や塾の先生方の支えもあり、受験日を無事に迎えられました。夜はなかなか眠れず、受験前日は心がドキドキでいっぱいでした。当日は電車でいきましたが、同じ駅でたくさんの受験生が降りていたので、私をいっそうドキドキさせました。合格の発表まで不安でしかなかったですが、合格の字を見たとき、今までの努力が報われたようでとてもうれしかったです。中学受験を終えて、一番大切なのは、いろんな人が支えてくれて今があるということです。私は、本当に本当に今まで支えてくれた人、一人一人への感謝を忘れず中学校へ行きたいと思います。

【2022年度合格】B・Kさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 広島なぎさ中

 私は6年生から白石学習院に入塾しました。私が受験を通して学んだことは2つあります。1つ目はやらないと良い結果は出ないということです。私はeチェックで良い結果が出ませんでしたが、本気で勉強すると高得点をとることができました。そこで努力は報われると初めて思いました。2つ目は先生や親への感謝です。私は習い事を最後まで続けて、塾を休むことが多く、迷惑をかけましたが志望校に合格できました。先生に感謝です。また、遅くまで帰りを待っていてくれたり、毎日お弁当を作ってくれたり親にも感謝です。受験はみんなの支えのおかけだと感じました。中学でも頑張ります。

【2022年度合格】H・Sくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 広島なぎさ中

 自分は、6年生の頃から白石学習院に入塾しました。最初の頃は、6年生から入塾したこともあって、ついていく事がやっとでした。しかし、6年最初の模試で偏差値五十まであと少しという結果をみて担任の先生がFクラスに上げてくれました。当時の自分は「本当はFクラスの人ではない」と思いながら勉強していたので成績が上がりませんでした。できるだけ手を抜かないように勉強していましたが、ようやく偏差値五十に届いたのは夏になった時でした。それからは心を入れ替えて勉強していると、Vクラスまで上がる事ができました。しかし、Vクラスになった時、得意科目である社会の宿題が大量に出されるようになり、手を抜いてしまいました。そして、成績が下がってしまいました。その時は、算数の成績が良かったので、その成績を落とさないように社会の勉強で手を抜かずに勉強をすることを決めました。答練会では思うような結果を出せませんでしたが、自信にはつながっていきました。受験当日はこのくらいのレベルの問題なら自分は解けると思いながら試験を受けて、第一志望まで合格することができました。これから受験する人、特に入塾が遅かった人。あきらめなければどんな学校にも合格できます。得意科目で手を抜かなければ無敵です。それと感謝を忘れないようにしましょう。

【2022年度合格】K・Rさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 広島なぎさ中

 私は四年生の冬から塾に入りました。初めは受験に興味すらなく、やる気もありませんでした。成績すら良ければそれでいい。そう考えていました。しかし私は、VFとJの人たちを見て、こんな気持ちで勉強に臨んではいけないと思い、気持ちを切りかえて勉強を始めました。

 「ずっと嫌だから勉強しなかった。」という子供のような甘えた理由は通用しないと親や担任の先生に教えられました。気持ちを切りかえた当初は、やる気で満ちあふれていました。すると成績が良くなり、VFにあがることもできました。私は、勉強が最優先と思いひたすら勉強してきました。しかし、ある日突然自分が勉強をする理由がわからなくなってしまい、泣いたこともありました。それでも私を第一志望校の合格へと導いてくれた、先生や親には、感謝しかありません。本当にありがとうございました。

【2022年度合格】A・Iくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 ぼくは四年生のはじめから塾に入りました。ですが、四年生の最初はあまり成績が伸びず、くやしかったので、少し勉強量を増やしました。すると成績は上がったのですが、それで喜んで勉強量が少なくなり、成績が下がってしまいました。四年生の時はその繰り返しで成績が上がったり下がったりしていました。五年生になると国語が苦手科目となってしまい悩んでいました。そして国語の勉強をあまりやらなくなり、さらに国語の成績が悪くなりました。そのまま六年生になり、「国語をどうにかしないと」と危機感を持ち始めました。そして全科目の勉強量(特に国語)が増えました。すると成績がだんだん上がってきて、国語も苦手科目ではなくなりました。そのまま受験に突入し、自分の第一志望校に合格できました。

【2022年度合格】A・Sくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 広島なぎさ中

 僕は4年生から白石学習院に入塾しました。僕は理科社会よりも算数国語の方が得意で、理科社会を習い始める5年生から、特に社会が足を引っ張り、総合の偏差値が五十あたりをさまよっていました。その時は社会の勉強と言えば宿題以上のことはやっておらず、直しの提出もあまりやっていませんでした。しかし、6年生になって、さすがに危険だと思い、直しを提出し、社会の勉強量も増やしました。それでも上がった偏差値は1か2ほどでした。僕は今まで以上に先生のいう事を聞き、社会の勉強量を全体の8割ほどまで増やしました。最後の答練会でも社会の成績は四十九ほどでしたが、その後の過去問演習ではボーダーの得点を取る事ができるようになってきました。受験当日は、社会の先生の言っていたことと自分のやった社会の量を信じて落ち着いて受験ができました。先生のいう事を信じ、質問を大量にして成績アップに努めてみてください。

【2022年度合格】N・Rくん

  • 市立広島中
  • 広島なぎさ中
  • 広島国際学院中

 私は第一志望校に合格し、進学も決まりました。模擬試験や答案練習会、過去問演習の結果を見るたびに、「これでは落ちてしまう」と思っていました。しかし、私は入学したかった学校に合格することができました。その年の問題にもよるけれど、一番大切なのは、過去問などの結果に気持ちが左右されないということです。過去問などの結果を見て、浮かれたり、落ち込んだりすると、あっというまに勉強に追いつけなくなります。自分を信じて試験に挑んでください。また、最後まで努力するということも大切です。苦手科目をそのままにしていると、試験の結果に影響があります。最後の試験当日まで、手を抜かず、算数・国語・理科・社会をバランスよく勉強してください。最後に、勉強する際に、気持ちが揺れ動いてしまうことがあります。それでもよい結果が出ることを信じて努力することを続けてください。

1 / 1312345...10...最後 »