合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2018年度合格】東雲教室 Jクラス M・Hさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 比治山女子中

 私は、受験前に自分が苦手な科目の復習を頑張りました。私は算数と理科が苦手だったので、その二科目の過去問を何度も解きました。
 また、先生に「これは絶対にやりなさい」と言われたものは必ず解き、分からなかったら質問を繰り返しました。特に算数は基本の問題が大事だと思ったので、「基本のチェック」や「スピードアップ演習」を繰り返し何度も解きました。
 算数の先生は、質問をするといつも分かりやすくていねいに教えてくださいました。授業でもすごく分かりやすい解説をしていただきました。先生が何度もおっしゃっていた、「とにかく最後の問題まで解く」ということは、受験にとても役立ちました。
 国語の先生は、すごく優しくて、いつも授業が楽しかったです。笑顔でみんな楽しく勉強できるので、いつも国語の授業が楽しみでした。
 社会の先生は、授業の途中にクイズがあったり、合格スタンプがたくさんたまると、鉛筆がもらえたりします。私も鉛筆をもらった時に、もっと頑張るぞ!とやる気になりました。授業中、すごく熱心に教えてくださる先生には本当に感謝しています。
 そして担任でもある理科の先生は、生徒とすごく真剣に向き合ってくれる先生だと思います。理科の解説もすごく分かりやすかったです。
 受験勉強を通して私が本当に大切だと思ったのは、苦手な科目を優先してひたすら問題を解くことと、絶対に最後まであきらめないことです。

【2018年度合格】牛田教室 Vクラス K・Sくん

  • 広島学院中
  • 広大附属中
  • 修道中

 僕は四年生の後半から塾に通っています。入塾してから二回目の模擬試験で一位になりました。これは入塾前に公文に通っていて、勉強する習慣がついていたからだと思います。しかしここで後悔があります。それはケアレスミスで算数の満点を逃したことです。
 五年生になり、模擬試験で三位になりました。しかし次の模擬試験で油断してしまい、大きく順位を落としてしまいました。何がいけなかったのか、もちろん勉強量が少なかったことが一番の理由ですが、ケアレスミスが多かったこともありました。ここから僕のテストでの目標はケアレスミスをしないことになりました。六年生ではスーパートレーニングに行くことも目標になりました。
お弁当を作ってくれた母、塾に通わせてくれた父への感謝も忘れないようにしたいです。

【2018年度合格】緑井教室 Fクラス K・Sさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中

 私は、四年生から塾に入りました。四年生のうちは算数の問題はすぐ分って、国語は苦手だったけど、家ではまったく勉強をしていませんでした。でも五年生になり、理科と社会も加わると、模擬試験の結果でほとんどの教科に波がありました。六年生になると、五年生の終わり頃から結果の良かった国語が思うように点が上がりませんでした。五年生の時には、理科の方が社会より点が高かったけど、六年生になると、社会より理科の方が、点が低くなりました。社会の点がよかったのは、六年生で歴史を習うようになって、家にある歴史マンガをたくさん読んだからでした。でも、どんどん理科の点は下がっていきました。だけど、理科の勉強を避けて、算数や社会の勉強をやりました。でも、受験する友達の姿を見て、「私も頑張ろう」と思いました。理科の勉強を本気でやりだしたのは、十一月の後半頃になってしまったけど、苦手な教科もたくさん勉強して、第一志望に合格することができました。私が合格できたのは、努力を続けたからです。

【2018年度合格】西条教室 Fクラス U・Hさん

  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中

 私は、四年生から白石学習院で受験勉強を始めました。四年生では受験勉強を楽しむことを頑張りました。五年生になると理科や社会などの暗記の勉強が本格的に始まりました。なかなか覚えられない単語などはノートに五回ずつ書いて覚えました。また、苦手だった算数は模擬試験が終わった後に解き直しをして、次は間違えないようにしました。
 六年生になり、いよいよ受験生になると、過去問を解くようになり、その結果が合格点に届かないことも多々ありました。しかし、そのような時でもくじけず、「自分は絶対受かる」と信じて、淡々と勉強を続けました。
 私は「自分自身を信じること」が合格へ導いてくれたと思っています。
 今年受験するみなさん、答練会や模擬試験の結果に一喜一憂せずに、日々大切にこつこつ勉強を続けていくことがお勧めです。頑張ってください。

【2018年度合格】五日市教室 Fクラス K・Wさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 私は、五年生の五月に入塾しました。五年生の時は成績が良かったので、このままで大丈夫だと思い、遊ぶ時間を減らしてはいませんでした。六年生の模擬試験で一気に成績が下がってしまいました。それで、夏期講座に入って勉強しましたが、宿題しかやっていなかったので、成績はあまり上がりませんでした。そして、九月になり、答練会が始まりました。さすがに、まずいと思い、たまっていた算数の直しや復習を徹底的にやりはじめました。五年生の良かった時と同じぐらいの成績まで戻すことができました。それから、毎日自習室を利用しました。家よりも集中でき、分からないところは質問できるので、勉強がはかどりました。どの科目も直しや復習をしっかりやったことで、塾でする過去問演習会でも良い結果が出るよういになりました。その結果、第一志望であるノートルダム清心中に合格することができました。サポートしてくれた両親や塾の先生には感謝しています。本当にありがとうございました。

【2018年度合格】牛田教室 Vクラス A・Tくん

  • 修道中
  • 広大附属中
  • 広島学院中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

  僕は、小学五年生の春期講座に白石学習院に入塾して、受験勉強を始めました。途中から入ったこともあり、最初は授業のスピードについていくのが大変で、「こんなので本当に自分は大丈夫なのか。無事に合格できるのだろうか。」と思っていましたが、塾に通っているだんだん授業が理解できるようになり、模擬試験でも良い成績が取れるようになって、だんだん受験勉強が楽しくなりました。すると僕は、少し調子に乗って遊ぶ時間が増えるようになりました。その結果成績は下がり始め、「このままじゃダメだ。」と思い、元の勉強スタイルにもどして勉強するようになりました。でも、一度下がった成績はなかなか上がりませんでした。なぜかと言うと、他のみんなは六年生になるにつれて勉強量を増やしていたからです。だけど、めげずに勉強を続けていたら最後の模擬試験でようやく成績が上がり無事に受験をしたすべての学校に合格することができました。自分の経験から、これから受験をするみなさんへ言える合格の絶対条件は「あきらめない心」を持つことです。これさえあれば絶対に大丈夫です。今までの成績なんて気にすることはありません。もし、今までの成績で人から何か言われても無視すれば良いんです。逆に、「絶対に合格してやる!」という気持ちを持ってそんな人たちを見返してやってください。一生に一度しかない中学受験をしっかり楽しんでください。これが僕からのみなさんへのエールです。

【2018年度合格】国泰寺教室 Vクラス A・Yさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 県立広島中
  • 市立広島中

 私は、三年生の冬期講習から塾に通いました。
 受験が終わってもっとこうすればよかったということは、二つあります。
 一つ目は、苦手な算数の質問をもっとすればよかったということです。よく分からないところや解けないところがあっても、あまり質問しませんでした。反対に、質問をした部分はよく分かりました。もう少し質問すれば、できる部分も増えたのではないかと思います。
 二つ目は、本番の時もう少し落ち着いて問題を解けばよかったということです。後から考えると、わかった問題が本番では分からないことがありました。落ち着いてすれば解ける問題を、本番でしっかり解けるようにしておくことが大事だと思いました。
 受験が終わって、分からないところや苦手なところをしっかり質問しないといけないということと、本番で落ち着いて問題を解くためのしっかりとした準備が必要だということが分かりました。

【2018年度合格】東雲教室 Fクラス T・Mさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中

 私は四年生の時から塾に入って、初めは受験がとても嫌だったけれど五年生、六年生になるにつれて受かりたいという気持ちが強くなっていきました。それは家族や先生の応援があったからだと思います。
四年生、五年生の時、私はVクラスでした。でも六年生になって初めてFクラスになりました。Fになった時はとても落ちこんで、受験直前なのに大丈夫なのかという気持ちもありました。でもその時、家族がまだ時間はあるよ、絶対いける。と言ってはげましてくれました。それから私は毎日こつこつ勉強するようになり、自信も少しずつ、ついてきました。
苦手だった社会もただ暗記するだけではなく流れに沿って覚えていると入試の時には得意分野になっていました。算数も分からないところがあったらずっと考えるのではなく先生に質問をしに行きました。私は質問をすることが一番いい方法だと思います。職員室に行くのが少し怖いかもしれませんが、入って聞いてみると分かりやすく教えてくれます。
私はその後もずっとFでした。でも絶対に第一志望校は変えなかったし、あきらめることもしませんでした。家族にも最後は気持ちだと言われていたので、あきらめないという心は誰にも負けないという自信があります。入試当日になると、緊張してしまうけど、今までやってきた成果を出し切ればきっと合格できると思います。頑張ってください。

【2018年度合格】国泰寺教室 Fクラス O・Nさん

  • 広島女学院中
  • ノートルダム清心中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 私は、小学四年生の時から白石学習院に通い始めました。
 特に苦手な教科は算数でした。初めの頃は偏差値が四十台で、ボロボロだったので、算数から逃げて勉強していました。しかし、逃げていてもずっと状況は変わらず、悪化するばかりでした。冬期講習前からは、これではだめだと思い、算数とちゃんと向き合うことにしました。それからは、毎日、何の教科よりも算数を重点的にやり、分からないところは先生に質問したり、入試が迫ってきた頃に配られる過去問七年分をとにかくやり続けました。その努力で、それまでなかなかできなかった清心の算数2が、本番ではほとんど空白なくすらすら解けました。
 だから、これから受験する皆さんは、苦手な教科にもきちんと向き合って、先生たちと一緒に克服して、すばらしい春を迎えてください。

【2018年度合格】五日市教室 Fクラス M・Mさん

  • 広島なぎさ中
  • 広島女学院中

 私は、小学五年生の春に白石学習院に入塾しました。六年生になってもなかなか勉強に集中できず、叱られることもありました。それでも夏期講座では、理科や社会の復習、国語の読解チェックを頑張って、夏期講座の後の模擬試験では成績を維持することはできました。漢字は苦手で、なかなか覚えることができずに苦労しました。漢字チェックで合格できるように練習を繰り返して頑張りました。小六最後の答練会では、算数で自己最低点をとってしまいました。十一月の三者面談で先生に言われたことを守れなかったことを反省して、冬期講座では授業のない時間を利用して、算数を中心に、たくさん質問をしました。それでも受験までは不安でいっぱいでした。受験当日は、先生方がカイロにメッセージを書いてくれていたので、そのメッセージを読んだら、緊張せずに自分に自信を持って受験することができました。
 どんなに文句を言っても応援してくれたお母さん、たくさんのことを教えてくださった先生方に感謝したいです。