合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2018年度合格】西条教室 Jクラス H・Kくん

  • 県立広島中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 僕が、この白石学習院に入ったのは、小学四年生でした。はじめはしっかりと勉強をするためだけに入っていて、受験のことは考えていませんでした。しかし、周りの友達が受験をするということもあり、僕も受験をしようと思ったのが合格への第一歩でした。
 六年生の一番大切な時期といっても過言ではない夏休み。僕の苦手な科目は国語と算数です。この夏休みに大きな失敗をしました。それは、自分の好きな科目の勉強を主にしてしまったことです。そして、答練会で国語や算数の結果が悪かったり、よかったりして安定しませんでした。そのため、冬休みでは、国語は読解チェック、算数は過去問を塾で今までよりも遅く残ってやり続け、塾の先生に質問をしました。その結果、過去問で前よりも点数が取れるようになりました。適性対策としては、過去問をひたすら繰り返し、何度も先生に添削してもらいながら、自分の弱点となっているところを克服していきました。塾の授業内で対策を万全にできたことも自信につながったと思います。
 受験生へのメッセージとして、好きな科目ばかりやって苦手科目をおろそかにしないように勉強をしてください。そして、夏休みは自分の苦手科目をたくさん勉強して、苦手科目を克服できるようにしましょう。

【2018年度合格】西風新都教室 Fクラス G・Yさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中

 テストで良い点がとれた次のテストではうかれてしまい、点が落ちてしまうことが何度もありました。怒られて「次はこうしよう」と思って勉強を始めてもすぐに勉強する習慣は終わりました。ゴールデンウィークや夏休みは宿題さえ終わらせたら後は遊び、「まだ時間があるから大丈夫」と思って過ごしました。
 受験が終わり、「やっておいて良かった」と思うところもあれば「やっぱり夏休みなどに怠けずにやっておけば良かった」と後悔もしたところもありました。私はすぐに集中力が途切れるので、勉強方法は十分から三十分くらいをひとくくりとして五分休憩、それを繰り返します。私の場合は休憩時間終了時にアラームを鳴らしました。
 また、勉強する前に均等に学習するために「今日は○○をしよう」とホワイトボードや紙に書きます。毎日中心とする科目は変えました。
このような勉強方法は人それぞれではありますが、たくさん手を動かして自分の勉強方法を見つけてください。塾の先生が言うことは受験が終わると本当に正しいことばかりだと実感しました。先生達のアドバイスを大切にしてください。

【2018年度合格】緑井教室 Jクラス Y・Aさん

  • 県立広島中
  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中

 私は、四年生の時に白石学習院に入塾しました。その頃は、中学受験をすることなどあまり考えていませんでした。
 五年生になってから、理科と社会も始まり、また、毎回夜遅くまで勉強をして、くたくたに帰ってくることが嫌になり、一時期、荒れている時もありました。そんな時に支えてくれたのは、いつも家族でした。
 六年生になってから真剣に行きたい中学校について考え始めました。このままでは自分が行きたい中学校に行けないと、ちゃんと勉強をするようになりました。しかし、第四回答練会では、いい成績をとれず不安なまま入試が始まりました。結果は、私が本当に行きたいところは受かりませんでしたが、それよりもレベルが高い中学校に受かりました。自分でもびっくりしました。
 私を合格に導いてくれたのは、私を支えてくれた家族と、たくさんのことを教えてくださった塾の先生方だと思います。私が行きたかった学校に落ちた時、家族は、「つらい経験をした人ほど、次頑張ろうと思う気持ちが大きくなるんだよ」と言ってくれました。私はこの言葉のおかげで、レベルの高い中学校に入れたのだと思いました。
 本当に私を支えてくれた家族と、たくさんの先生に感謝して新しい人生を歩んでいきたいです。

【2018年度合格】五日市教室 Fクラス N・Kさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中

 私は、三年生の夏期講座から塾に入りました。読書感想文コンクールでは、最優秀賞をとったこともあり、国語には自信がありました。しかし、六年生の九月頃になると算数ばかりをしていて、答練会で国語の結果は下がっていきました。先生から「国語の得点には波がある。もっとしっかり読み込むこと」と言われたこともあり、国語の読解チェックや語句文法プリントを解いて、分からないところは質問するようにしました。  
なかなかテスト本番で結果が出せないことを先生に相談すると、四教科のバランスをとって勉強していないことを伝えられ反省しました。その後は、自習室を効率よく使うことを頑張りました。理科・社会は解きなおしをしたり、毎日、理科・社会の語句をノートに書いて覚えたりしました。受験前には、授業の無い日も自習室を利用し、集中して勉強することができました。その結果、女学院中と安田女子中に合格することができました。
 三年生から塾に通わせてくれ、支えてくれた両親、楽しく勉強を教えてくれた先生方に感謝しています。

【2018年度合格】緑井教室 Jクラス F・Kくん

  • 市立広島中
  • 広島城北中

 僕は、四年生の夏期講座の時に入塾しました。入塾して五年生になった時に僕の嫌いだった社会と理科が加わって、あまりついていけなくて不安でした。それで試験の時は社会がいつも足を引っ張ってしまい、嫌になりました。
 そして六年生になって、先生が生徒たちに、六年生になったのだから、あせらなくてはいけないなどということを言いました。そして僕は、適当に過ごしてはいけないという気持ちから、気合を入れるために、自習に行ったり、塾に早めに行ったりして勉強をするなどして、成績を上げていきました。なので、答案練習会などではすべての教科を平均的に上げることができました。
 そして、入試が始まりました。そして学校の門のところで先生が僕に応援してくれて、緊張が少し取れました。そして、合格という電話が来て、とてもうれしかったです。僕は、白石学習院で良かったと思いました。

【2018年度合格】東雲教室 Vクラス T・Aさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中
  • 附属東雲中

 私は、この一年間、先生にとにかく質問しました。質問する時に、私は次のことに気を付けました。
一つ目は、質問したところは人に説明できるまで理解することです。人に説明が出来たら、もうこのタイプの問題は解ける、と自信につながります。
二つ目は、先生に質問する際は、怖がらずに職員室のドアを開けることです。ためらっていては、問題は分からないままです。一度思い切って質問してみてください。先生方は、冗談も交えて、親身になって対応してくださいます。
完璧に理解すること、ためらわないこと、この二つが私は重要だと思います。
そして、とにかく積極的でいてください。先生方が昼ご飯を食べていようと、廊下にいようと、先生をつかまえて質問をしてください。そして、授業にも積極的に参加してください。授業中につい眠くなってしまうみなさん。それは、授業に参加していないからではありませんか。どんどんしゃべってください。授業は自分の物にしないと意味がありませんよ。ですから、質問してください。先生に「来るな」と言われるほど質問してください。三月から新学年になり、内容もぐっと難しくなっていきます。すべての問題が分かる人などいません。絶対に、つまずくところがあると思います。そんな時は、自分一人で解決しようとせず、先生の力を借りてみてください。

【2018年度合格】緑井教室 Fクラス T・Kくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 市立広島中
  • 近大附属東広島中

 僕は、五年生の頃から塾に通い始めました。僕は正直なところ、六年生の夏休み頃まで本気で勉強せずにいました。しかし、このままではまずいと思っていても、なかなか本気で勉強する気力が起きませんでした。そして、予想通り最後の模試は良い成績ではありませんでした。しかし、その頃から僕の下剋上が始まりました。
 十二月頃から塾の先生から日曜日にほぼ毎週補習を受けました。さらに、家でもいろいろな学校の過去問を解き、学力がどんどん上がっていったように感じていました。
 そして入試本番、不安まじりではありましたが合格できると信じて入試に臨みました。「始め」の合図で解答用紙に受験番号を書きすぐ問題にとりかかりました。教室内に、ペンのカリカリ音、いすのガタッという音、それらの音が僕の緊張を高めていきました。「終わり」の合図があり、僕はすぐにペンを置きました。しかし、あと少しで解けたのにという問題が何問かありました。それでもいつもより解けたという感じはありました。
 そして合格発表の日、いつもより解けたという感覚を信じ、ホームページを見ました。すると、パソコンには「合格」という文字が映っていました。僕は家族のみんなと「やったー」と言い喜びました。
 これまで、僕を支えてくださった先生方、本当にありがとうございました。

【2018年度合格】緑井教室 Vクラス T・Yくん

  • 広大附属中
  • 広島学院中
  • 修道中
  • 市立広島中

 僕は、五年生の春から白石学習院に入りました。塾に入るまでは、社会科が嫌いでした。しかし、塾での社会は楽しく、分りやすかったので、だんだん好きになっていきました。そのおかげで、答練会では社会でトップになることができました。
 でも、それだけでは志望校に合格できたかどうかは分かりません。僕は算数や理科で、計算間違いや問題文をよく読んでいないというような凡ミスをたくさんしていたからです。でもその時、家族が「答えが出たらもう一度確かめるといいよ。」「一度頭の中をきれいにして計算をやり直すといいよ。」などのアドバイスをくれたので、そこから、凡ミスをなくすように意識しました。
 そして、入試のピークに入りました。僕はそれほど緊張していませんでした。問題に悩んだら後回しにすることや、塾で過去問を解いている時と同じような気分でいることを意識していました。幸い、頭の中が真っ白になったりすることもなく、無事に全力を出し切ることができました。
 僕は、どんな時も支え、はげましてくれた先生方や家族に感謝しています。入試をさまざまな面でカバーしてくれた白石学習院、ありがとうございます。

【2018年度合格】牛田教室 Vクラス M・Kくん

  • 修道中
  • 広大附属中
  • 広島学院中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 僕は四年生の後期に塾に入りました。四年の時は楽しくガツガツ勉強していましたが、五年になり少しずつ勉強についていけなくなり、一度クラスがJに落ちてしまいました。しかし深く落ち込まずに頑張って勉強をしていたら、成績が上がってすぐにVFに戻ることができました。それからは気を抜かずにコツコツ勉強してその成績を維持することができました。
 受験を通して後悔していることもあります。それはやる気を出して本気でやろうとしても、なかなかやる気のスイッチを切り替えることができなかったことです。もう少し早く切り替えることができていたら、たくさん勉強してもっと解けない問題もできるようになっていたと思います。
 このことから僕が受験で学んだことは本気を出す時期を早くすることで、自分の満足する勉強ができ、最後にいい結果が出るということでした。
 

【2018年度合格】牛田教室 Fクラス Y・Hさん

  • 県立広島中
  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 市立広島中

 私は今年、受験をしました。あんなに長く険しい道のりをよくここまで歩んでこられたなぁと自分でも思います。合格できたのは、くじけそうになった私をはげましてくれた家族、そして、未熟な私にたくさんのことを教えてくれた、塾の先生方のおかげだと思います。
 この白石学習院に入塾したのは、受験の六ヶ月前の七月です。六月頃にやっぱり受験した方が自分の道が開けると思い、受験を決意しました。最初はあまりの量に戸惑うこともありましたが、思いきって入塾した白石学習院は、たくさんの事を教えてくれました。いつも見るアリが完全変態であること、ニュースで読めなかった文在寅が読めるようになったこと、めんどうだった計算は分配法則で楽になること…など私の生活、そして頭の中が入塾してガラリと変わりました。こんなに勉強を楽しんでもいいのかと思うほど楽しんだし、毎日ワクワクしながら塾へ行きました。そんなこんなであと三ヶ月、二ヶ月、と受験日が近づいて来ました。仲の良い友達も、ふざける男子もみんな勉強し始めてクラスの雰囲気がかなり変わった頃、私は大きな挫折を味わいました。模試の成績が落ちたのです。その模試までは順調に成績が上がっていたのに、苦手な速さ、政治、ことわざが出たのでおそろしい点数になってしまいました。泣きながら家に帰ると、お母さんに「ミスは、とりかえしなさい。」と言われました。これをきっかけに、私は変わりました。まず、苦手なものを無くすために、速さ、政治、ことわざを解いては直し、解いては直し…を続け、先生に質問する時間を増やしました。そして、授業がない日には塾で勉強をする…こんな生活をしていくうちにみるみる成績も上がり、うれしくてもっと勉強するというのを繰り返した結果、たくさんの学校に合格しました。本当に受験をして良かったと思います。

10 / 26« 先頭...89101112...20...最後 »