合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2019年度合格】国泰寺教室 Vクラス R・Sくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 近大附属東広島中

 僕は、六年の中ごろまで入試問題がどういうものかわからなくて、あまりそういうことを考えていませんでした。しかし、過去問を解き始めて、まだ力が足りないということがわかりました。でも、あせらずに、どこをまちがえたのか、どのようにすればよいのかを確認して、ボーダーをこえることができるようになりました。そして、自信をつけることができました。社会の覚えていないところがあれば、ノートに書いて家のかべにはって覚えるようにしました。
 模擬試験などで悪い結果だと、少し落ち込みましたが、終わったことだからどうにもできないと思い、気持ちを切りかえて、次に向けてがんばることができました。
 いろいろなことを教えてくださり、ここまでがんばることができたのは、先生方や家族のおかげです。ありがとうございました。

【2019年度合格】東雲教室 Jクラス Y・Nくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 僕は、四年生の後半から入塾しています。ところが、本気で勉強をしはじめたのは五年生の後半からでした。でも僕は第一志望校に絶対に行きたいという気持ちを持ち、それから必死でがんばりました。僕は受験をするにあたってこの気持ちが大切だと思います。
 また、受験するにあたって大切だと思うことがもう一つあります。それは自主的に勉強時間と休憩時間をきりかえることです。僕は四年生から五年生までそれができませんでした。六年生になり、ふりかえってみると、僕は自主的に勉強ができていなかったことにきづきました。それから母などに言われる前に勉強すると、どんどん成績がのびていきました。第一志望校に受かったけど、早めから自主的に取り組んでいたらもっと実力が付いていたと思います。
 みなさんも早くから自主的にがんばってください。

【2019年度合格】東雲教室 Vクラス N・Hさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 私が入塾したのは、四年生の時でした。その時にはまだクラスとかあまり気にしなかったので、楽しく授業を受けていたけれど五年生になってクラスを気にするようになりました。六年生になって、五年生の時はあまり得意でなかった算数を自習に行くなどしてがんばり、そのおかげで算数が少しできるようになり、算数が嫌いではなくなっていきました。しかし、私の場合、苦手だった科目をできるようにすると、他科目の点数が落ちてしまい、点数がかたよっていました。それからは、点数のかたよりがないように気を付けて学習をするように心がけました。第一回の答練会の時には、その努力の結果が実ったのか、とても良い成績を残すことができました。そして、ラストスパートの時も、どの科目もまんべんなく勉強しました。入試本番になるととても緊張しました。けれども、自分を信じて最後まであきらめずに問題を解きました。そして、合格を勝ち取りました。合格することができたのは、今まで私を支えてくれた家族や塾の先生方のおかげです。ありがとうございました。

【2019年度合格】牛田教室 Jクラス Y・Sさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 近大附属東広島中

 私が、白石学習院で勉強し始めたのは、四年生のときからです。塾に入ろうと思った理由は、私の姉も四年生のときから通っており、また、仲の良い友達も通っていたからです。
 私は、四年生のころから算数が苦手で国語が得意でした。そのため、よく先生に質問しに行っていました。
 私が生活面で頑張っていたことは、カイバくんをすることです。六年生の後半にはほぼ毎日カイバくんをやっていました。カイバくんで理科や社会の分からないところを補っていました。また、私は速読も頑張っていたので国語の文章題も早く読めるようになっていきました。
 受験を振り返ってみて、いつも質問に丁寧に答えてくれた先生方に感謝しています。また、いつも朝早く起きてお弁当を作ってくれたり、影で支えてくれたりした家族にとても感謝しています。

【2019年度合格】西風新都教室 Fクラス J・Yくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 広島なぎさ中

 この受験で僕が教えられたことは、周囲の方々、つまり家族や塾の先生です。受験は一人では乗り越えることはできません。しかし、時には対立もしました。しかし、今思うと、本気で言ってくれていたことにとてもありがたみを感じています。そして、いよいよ受験が近づくと、そのことをわかっていてもやはり緊張します。
 そしてそれを支えてくれたのは家族でした。優しい言葉をかけてくれたり、健康をきづかってくれたり、自分にとってはすごく心がほっとすることでした。
 勉強のこと、気持ちの持ち方、両方において塾の先生が言うことは、本当に大切で、正しいことばかりで、その都度的確な指示を出してくれていました。
 常に周囲にいる家族、塾の先生の存在はとても大きなものでした。悔いのない力をつけてくれたと感謝しています。

【2019年度合格】西風新都教室 Vクラス H・Nくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 広島なぎさ中

 六年生の夏休みにがんばってよかったと思いました。平日は毎日朝から塾へ自習をしに行き、勉強をしました。とくに国語の読解チェックを中心にやりました。すると他の科目よりもとれていなかった国語の点数がとてもあがりました。そして他の科目の勉強も自習時間でしていると、全体的に点数が上がっていって、総合順位の上の方に入るまでになり、とてもうれしくなりました。
 成績を上げるためにはとにかく塾に行って勉強することが大切です。家ではテレビがあったり、本があったりしてなかなか集中できません。それを避けるために塾で勉強した方が効率的です。
 みなさんも自分の第一志望校に合格するために少しずつでも努力して、勉強に取り組んでください。

【2019年度合格】緑井教室 Jクラス S・Yさん

  • 安田女子中
  • 広島女学院中

 私は、四年生の後期からこの白石学習院に通い始めました。私は塾に入るまで、学校ですごく成績が悪くて遊んでばかりいました。塾に通い始めてからは、得意な教科もでき始め、嫌いだった学校も行きたいと思うようになり始めました。そして五年生になって友達が増え、授業も楽しくなっていき、塾に行きたいと思えるようになり、一日一日がすごく楽しく思えました。しかし、苦手だった算数と理科でみんなと差がつきはじめ、塾が嫌いだと思い始めてきたときに、親と先生の面談があって「Yさんは頑張れば女学院に行ける」って応援されていたと親から聞いて、苦手科目だった算数と理科を強化していこうと思いました。でもなかなか模擬試験の結果が上がりませんでした。理由は、凡ミスでした。算数では計算ミスがとくに多く、次は気をつけようと思い、一度計算をしたら二回目もするようにしました。そうすると、凡ミスも少なくなり点も上がっていきました。六年生になり、算数をさらに強化していき、模擬試験の結果も上がっていき、そしてあと何か月もあるはずだったのに、あと何十日しかない時期になり、最後の模擬試験では今までで一番ひどい成績でした。これじゃあ志望校に合格できない。この結果から算数のやり方を少し変え、理科・社会の暗記ものを覚え、国語も漢字を復習して、入試当日、私は全く緊張していませんでした。むしろ他人事のようでした。そのときも白石学習院の先生がいて、この塾にしてよかったと思いました。
 無事に志望校に合格し、先生方にも喜んでいただいてすごくうれしかったです。そして、支えてくれた家族にもすごく感謝しています。いつも暖かい声をかけていただいて、本当にありがとうございました。

【2019年度合格】緑井教室 Fクラス N・Kさん

  • 市立広島中
  • 広島女学院中

 私は、四年生の春期講座から白石学習院に入りました。四年生のころは、まだ簡単で、あまり勉強をしなくてもよかったです。でも、五年生の後半くらいから、内容が少しずつ難しくなっていき、私も受験するのだという実感がわいてきました。
 私は、最後の模擬試験で、理科・社会があと少しあればというところでランキングにのることができませんでした。受験の「一点の重み」「二点の重み」といつも先生が言っていたことを思い出しました。それから私は、空いた時間には、教科書や問題集を解いて、苦手がなくせるように頑張りました。特に社会の地理を重点的に勉強しました。
 そして、入試がやってきました。本番で先生が応援してくれて、とてもうれしかったです。おかげで合格できました。白石学習院に入り、素晴らしい友達に出会え、たくさんのことが学べました。私が今まで楽しく塾に通えたのは、優しく、時に厳しく教えてくださった先生がたのおかげです。三年間、支えてくれた白石学習院、ありがとうございました。

【2019年度合格】国泰寺教室 Vクラス S・Hさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中

 私が主に苦戦した時期は、受験の月である一月でした。その中で苦戦しながらでも力を入れた科目は算数です。
 私は、一月以前まで、全然算数の質問をしてきていませんでした。だけど、一月になってから、急に質問をしないといけないという気持ちになりました。過去問の点数がとても低かったとき、なぜ今まで質問をしなかったのだろう、という気持ちと同時に、これからでもたくさん質問をして、自分のできる問題を増やしたいという気持ちが起こりました。そして、自分が少しでもわからない問題があったらすぐに質問するようになりました。すると、苦手だった算数がだんだんと得意になり、好きになっていきました。
 今、私が最も大切だと思っていることは、とにかく質問をすることです。また、自分がここまで成長できたのも、先生方や家族のおかげなのだと思いました。ありがとうございました。

【2019年度合格】五日市教室 Jクラス H・Hさん 

  • 安田女子中
  • 比治山女子中

 私は五年生の時に入塾しました。模擬試験の結果はずっと良くなく、十一月の面談では、先生に「このままでは厳しいぞ」と言われました。もう少し勉強しておけばよかったと後悔し、それからは必死で勉強しました。
 入試本番の日は、あまり緊張せず、不思議なことにワクワクしました。無事に二校合格できて、縁があると思った方の学校に入学することを決めました。
 私を合格まで導いてくれた両親や先生にはとても感謝しています。特に両親は、弁当や迎えなど、本当に感謝しています。
 受験をするということは、いろんなものをぎせいにするけど、がんばった分だけ嬉しいことが待っているので、これから受験する人はがんばってください。