合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2016年度合格】西風新都教室 Vクラス R・Yくん

  • 広大附属中
  • 広島学院中
  • 修道中

僕が受験勉強において大切だと思ったことは二つあります。

一つ目は分からない問題は積極的に質問することです。分からない問題はそのままにしておくと不安な気持ちで受験を迎えるということになりかねません。特に苦手な科目を質問し続けることです。

 二つ目は解き直しをすることです。プリントはやって答え合わせをして終わり、ではなく間違えた問題をもう一度解いてみることが大事です。そうすれば自分が今勉強するところが分かります。僕は解けない問題が出てきたら質問をするということを繰り返しました。また、普段配られるプリントだけでなく、過去問の解き直しをすることです。特に自分の行きたい学校の問題の解き直しに重点を置くと良いです。

 僕はこの受験で努力は報われるということを実感しました。だから受験生のみなさん、最後まであきらめず頑張ってください。

【2016年度合格】東雲教室 Vクラス S・Tくん

  • 広大附属中
  • 広島学院中

入試勉強で、僕が一番心に残っているのは、六年生の暗黒期だ。

 入塾したばかりのころは、不安もあったが、塾に慣れ、良い成績を出すようになるにつれて不安は消えていった。

 六年生になると、本格的な受験勉強が始まった。最初のころは良かったのだが、徐々に周りに追い越されていった。いつも通りに勉強しても追いつけない。このままだと広大附属中学校に合格できないと思ったが、三者面談で国語の先生に言ってもらった言葉で迷いがふっ切れた。「自分がいつも通りでも、周りのみんなのペースが速くなっているから追いつけないんだよ」

 それから僕の算数の勉強に火がついた。まず算数の勉強時間を大幅に増やした。そして他の教科は短時間で効率よく勉強できるように工夫した。そのかいあってか、広大附属中に合格できた。でも勉強の気は抜かずに、もっと難しい問題をたくさん解いて、学院中にも合格することができた。

 僕が次の六年生に伝えたいことは、勉強の気を抜かずに、最後まで全力を出し切るということだ。第一志望校を目指して、これからも頑張ってほしいと思う。

【2016年度合格】東雲教室 Vクラス H・Aさん

  • 広大附属中
  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中

私は六年生の夏休み前までは、張り詰めてカリカリと勉強はせずに、のんびりとしていました。そしてそのぶん、点数がどんどん下がっていきました。その時に母が「このままじゃ行きたいって言っていた学校に行けないよ」と言われ、そこから受験が終わるまでの間、家でも真面目に勉強をするようになりました。

 だけど、今まで勉強をしっかりしていなかったので、特に暗記は全くできず、最後の最後に一気に詰め込んだ感じなので、とてもつらかったです。そのつらかった時に私を支えてくれたのは友達でした。友達と相談しあったり教えあったりした時が私はとても楽しかったです。

 そして私は行きたかった中学校に合格することができました。その時の驚きと喜びは、がんばったからこそ大きな感動になりました。今でも私は合格できたことに驚いています。そして喜びはずっと続いています。

 私が合格できたのは、背中を押してくれた母、支えてくれた友達のおかげで、感謝の気持ちでいっぱいです。最後のつらかった思い出を忘れずに、次からはコツコツと勉強していきたいです。

【2016年度合格】緑井教室 Fクラス Y・Sくん

  • 市立広島中
  • 広島学院中
  • 修道中

 僕は五年生の夏から約一年半塾に通いました。

僕は、理科は得意だったけど、国語と算数と社会はあまり得意ではありませんでした。五年生の頃は、苦手な教科に手をつけなかったので、苦手なままで成績は落ち続けていました。でも六年生になって「苦手をなくさないと合格できない」と思うようになってきて、国語と算数と社会の成績が少しずつ上がっていきました。特に社会は、得意科目の理科より模試の結果が良く、二つの得意科目ができて、一気に総合成績が上がりました。

今まで一番成績が悪かったのは国語でした。国語が足を引っ張って総合成績を下げていたので、「これはまずい」と思い、国語の対策を練りました。そして、過去問の直しをすることにしました。すると、問題に慣れたのか、成績がうなぎのぼりで、足を引っ張るのではなく、他の教科と同じくらい良くなりました。算数も同様で、過去問の直しをすると成績が上がりました。

本番はあまり緊張しない方が良いと思います。ただし、リラックスしすぎてもいけないので、ある程度の緊張は必要だと思います。また、入試で手ごたえが無くても、心配しなくて良いと思います。そして何より、両親や先生の言ってくれたアドバイスをしっかり聞くことが大切です。

みなさんもこれから受験まで、何でも全力で取り組んでください。そうすれば、自分の実力を全て発揮できて、良い結果を残すことができます。

【2016年度合格】西風新都教室 Fクラス H・Sくん

  • 修道中
  • 広島城北中

 今過去を振り返って思うことは、なかなか受験勉強に取り組めなかったということです。みんなが五年生の半ば、六年生のはじめ頃から必死に取り組むのに対して、僕は六年生の後半からようやく取り組むようになりました。入試の過去問をやりながら、これはまずいなと危機感を感じたからです。

 今思うことは、やはり自分から取り組まないとだめだということです。中学生や高校生になったら、自分でやらないといけないことがだんだん増えてきます。そのためにも、小学校の内からやっておくべきでしたが、僕にはそれができていませんでした。これから中学校生活を送る中で一番大切だと思うこと。それは、周りが何とかしてくれると思わずに、自分で解決しようと取り組むことです。

 大学受験では、早くから勉強して、準備が整っている状態で受けたいです。

41 / 41« 先頭...102030...3738394041
このサイトを広める