合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2019年度合格】牛田教室 Jクラス S・Tさん

  • 安田女子中
  • 比治山女子中
  • 近大附属東広島中

 私は四年生の時から受験勉強を始めました。始めるときは、受験のことがよく分かっていなくて、塾は楽しいところかなと思い、すごく軽い気持ちで始めていました。そして五年生になって、受験学年に近づいていくにつれ、受験のことはだんだんと分かるようになってきました。でも、まだまだ先のことだと思っていました。六年生になると、受験についてのいろいろなイベントが増えました。そして第四回答練会、この時の算数がとてもひどい点数でした。私はその時絶望しかけ「受験をやめよう。」と思ってしまいました。でも「せっかくここまで来たのだから…!」と思い、頑張って続けることにしました。そして受験した内、三校合格することが出来ました。
 受験前は特に体調管理に気をつけました。塾の先生に「ケガ・病気だけはするなよ!」と言われたのが印象的だったからです。そして、受験前にバックアップしてくれた父母、弟、最後までエールを送ってくれた先生方のおかげで受験を乗り切ることができました。本当にありがとうございました!

【2019年度合格】東雲教室 Vクラス T・Oさん

  • 県立広島中
  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 市立広島中
  • 近大附属東広島中

 私は、四年生の時に入塾したけれど、テストの点で上位だったのは、四年生まででした。四年生の時は、ほとんど勉強せずに遊んでいたから、五年生になって成績が悪くなりそのまま六年生になりました。
 私が、受験で必要だと思うのは「努力」です。私自身もずっと「努力」が大切だと言われてきたけど「努力」というものが良く分からず、入試直前に頑張ればいいと思っていました。しかし、難しい中学校に受かった友達が、みんな普段から少しずつ頑張っている人たちで、初めて「努力」というものがわかりました。
 だから、これから受験をするみなさんは、私みたいに入試直前に頑張ろうとせずに、入試直前は「自分は大丈夫だ」と自分に自信を持てるくらい「努力」すべきです。「努力」をして、合格発表日に合格がわかったら、それは今までの「努力」とそれを支えてくださった人のおかげです。私は、もっと「努力」をすればよかったと思っています。

【2019年度合格】東雲教室 Fクラス H・Nさん

  • ノートルダム清心中
  • 県立広島中
  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中

 私は、五年生の冬期講座が終わってから入塾しました。四年生のときは別の塾に通っていたのですが、通っているうちに自分には合わないと思い始め、白石学習院に入塾することを決めました。最初は、遅れを取り戻すことに専念しました。宿題以外でもテキストを読み直したりしました。その結果、最初の模擬試験でFクラスに上がることができました。六年生になってから今まで以上に頑張るようになりました。自分の苦手な単元もわかるようになりました。しかし手を付けずにいた単元の成績は下がっていくだけでした。私はこのままではまずいと思い、先生に質問に行ったりして克服していき、無事第一志望の学校に合格することができました。
 これから受験を迎える皆さんへ伝えたいことがあります。それは自分の努力は結果として出るということです。模擬試験や答練会で成績が伸びなくても、志望校に合格するために努力をしていれば入試に結果としてあらわれます。
 私が最後まで頑張れたのは。両親や塾の先生方のおかげです。本当に感謝しています。

【2019年度合格】五日市教室 Vクラス H・Hくん

  • 広島学院中
  • 近大附属東広島中
  • 修道中

 僕は四年生から受験勉強を始めました。はじめの頃は、僕は良い成績を取れていました。しかし、四年から五年、五年から六年と上がるにつれて、授業の内容が濃くなっていき、少しずつ難しくなっていきました。
 そして、六年になった頃から、僕は一番の課題である国語に取りかかりはじめました。そこでやったのは、読解チェックです。自習に来ては国語の先生にどんどん質問し、どんどん読解チェックを進めていきました。おかげで、国語が安定してまずまずの点が取れるようになりました。
 入試では、第一志望の学校に合格することができて、とてもうれしかったです。ここまで僕をはげまして支えてくれた家族に感謝しています。

【2019年度合格】東雲教室 Vクラス R・Yさん 

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中

 私は二年生の三月から塾に入りました。三年・四年・五年は勉強をさぼったので、全体的に点数が低かったです。でも、さすがにまずいと思ったので、六年生からは真面目にがんばりました。夏期講座中も午前中から塾に行き勉強しました。私は、理科と社会の点数がとても悪かったので、暗記を多くやりました。理科は嫌いだったけど覚えているうちに好きになりました。
 今思うことは、五年のうちに暗記をしっかりし、国語の読解チェックは早めに終わらせて方がよかったということです。理科や社会のチェックは合格できるようにしておかないと入試のときに足を引っ張ることになってしまいます。
 毎日、コツコツ勉強することが大切だと思います。受験は自信を持って受けましょう。

【2019年度合格】五日市教室 Vクラス Y・Hさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中

 私は五年生の後半から受験勉強を始めました。塾に入ったばかりの頃は、前からいる人との差が大きく、特に算数は学校で習っていないことだらけで、わけがわかりませんでした。でも、その差を少しでもうめようと、家でもわからないことが悔しくて泣きながら勉強しました。塾にもたくさん行き、たくさんのことを教えてもらいました。
 すると、だんだん勉強することが楽しくなってきました。算数もたいていの問題は解けるようになり、解けることが楽しく、新しく習うことも楽しみになりました。
 私は、どんなことも「楽しむ」ということで勉強ができるようになっていくと思います。ここまで支えてくれた家族や親せき、先生方に恩を返せるように、これからも楽しんで勉強などをがんばっていきます。

【2019年度合格】五日市教室 Fクラス K・Sくん

  • 修道中
  • 広島学院中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 僕は六年生から受験勉強を始めました。もちろん初めのころは苦戦しました。でも、課題をやり続けているうちにぐんぐん成績が伸びていきました。
 僕が今思うことは、一日一日の努力、人の話を聞くこと、夏期講座で成長することが合格への道だということです。してはいけないのが、課題の放置です。気が向かなくなるし、めんどうになります。
 僕は毎日の努力もしましたし、念には念を入れて得意な科目も努力しました。最後の最後まであきらめず、残り数日の努力も結果に影響すると感じました。
 ここまで来ることができたのは、先生の支えや親の努力のおかげだと思います。ありがとうございました。

【2019年度合格】五日市教室 Vクラス Y・Aさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 私が受験勉強を始めたのは、五年生からです。初めのころは受験などについてはあまり考えずに勉強していました。けれど、志望校をなんとなく決めたり、ノートに書いたりしていた時から、今受験勉強をしているのだと意識するようになりました。
 六年生の夏ごろから、今まで習ったことを復習していきます。苦手な科目や自分の心配な科目は、簡単なことでいいから毎日やれば、力もついていきます。理科や算数は毎日ノートにやったので、けっこう自信が持てる科目になりました。
 受験当日は、試験会場まで塾の先生が来てくれて、応援の言葉をもらいました。当日はリラックスして今までの力を出せるようにがんばりました。
 ここまでこられたのは、塾の先生や両親のおかげです。感謝しています。

【2019年度合格】国泰寺教室 Vクラス R・Sくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 近大附属東広島中

 僕は、六年の中ごろまで入試問題がどういうものかわからなくて、あまりそういうことを考えていませんでした。しかし、過去問を解き始めて、まだ力が足りないということがわかりました。でも、あせらずに、どこをまちがえたのか、どのようにすればよいのかを確認して、ボーダーをこえることができるようになりました。そして、自信をつけることができました。社会の覚えていないところがあれば、ノートに書いて家のかべにはって覚えるようにしました。
 模擬試験などで悪い結果だと、少し落ち込みましたが、終わったことだからどうにもできないと思い、気持ちを切りかえて、次に向けてがんばることができました。
 いろいろなことを教えてくださり、ここまでがんばることができたのは、先生方や家族のおかげです。ありがとうございました。

【2019年度合格】東雲教室 Jクラス Y・Nくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 僕は、四年生の後半から入塾しています。ところが、本気で勉強をしはじめたのは五年生の後半からでした。でも僕は第一志望校に絶対に行きたいという気持ちを持ち、それから必死でがんばりました。僕は受験をするにあたってこの気持ちが大切だと思います。
 また、受験するにあたって大切だと思うことがもう一つあります。それは自主的に勉強時間と休憩時間をきりかえることです。僕は四年生から五年生までそれができませんでした。六年生になり、ふりかえってみると、僕は自主的に勉強ができていなかったことにきづきました。それから母などに言われる前に勉強すると、どんどん成績がのびていきました。第一志望校に受かったけど、早めから自主的に取り組んでいたらもっと実力が付いていたと思います。
 みなさんも早くから自主的にがんばってください。

3 / 1212345...10...最後 »