合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2021年度合格】F・Hくん

  • 市立広島中
  • 修道中
  • 近大附属東広島中
  • 広島国際学院中

 僕は四年生のころに入塾しました。四年生のころは簡単で理解もすぐにできました。しかし五年生のころからだんだんと難しくなっていきました。難しいからといって勉強をしない時もありました。なので、五年生の時は最後の辺になってくるとクラスの下の成績まで下がりました。しかし六年生の時、僕の心に火がつきました。でも新型コロナウィルスの感染拡大により緊急事態宣言が発令され、オンラインで授業することになりました。僕はこれをチャンスだと思いました。皆の進み具合が分からないのでオンライン授業の途中の休けいでも読解チェックなどをしました。おかげで六年生では成績が向上しました。
僕が受験を通して学んだことは、やれば必ず実力がつくということと、成績をよくみて、どこがだめだったのかを見つけて復習することです。嫌な気持ちで勉強をするより楽しい気持ちでやる方がよっぽどいいです。受験は自分を成長させてくれます。頑張ってください。

【2021年度合格】T・Kくん

  • 修道中
  • 広島学院中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 僕は四年生の冬期講座のときに入塾しました。四年生の頃の最後の模擬試験では良い点が取れましたが、五年になると勉強を面倒くさがり、分からないところがあっても先生に聞くことはありませんでした。すると、どんどん成績が落ちていきました。最後の模擬試験に向けて勉強を頑張ってみると少し点が上がりましたが、また勉強しなくなりなりました。六年生になっても勉強せずに点数が悪くなる一方でした。十月に親にいつもよりも強く怒られたので、さすがに自分でもやばいなと思い、十月から勉強を一生懸命頑張りました。でも、今まで勉強を面倒くさがってやっていなかったためしんどかったです。なので、受験生のみなさんは今からでも面倒くさがらずに勉強をしておかないと、僕のようにしんどい思いをしてしまうので気を付けてください。最後に、点数が悪くても僕を応援してくれて支えてくれたお父さん、お母さん、先生たち。最後まで信じ続けてくれてありがとう。

【2021年度合格】T・Sくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 受験を通して、いくつか良かった点や悪かった点が見つかりました。
まず良かった点は、しっかり目標をもって取り組めたことです。毎日五分間教科書を読む習慣をつけると、それが継続できるようになりました。目標を持って、取り組みを習慣づけることが結果に結びつきます。
次に悪かった点です。第二回模擬試験では偏差値が六十五であったにもかかわらず、第一回の答練会では偏差値が十三も下がってしまいました。危機感をもち、勉強をもっと頑張ろうと思いました。それまでは、やったことを見直すということをあまりしていませんでした。見直すことをはじめからしていれば、と後悔しました。
みなさんはこれから六年生になります。勉強する以外にも重要なことがたくさんあります。受験に向けて、一つ一つ丁寧に取り組み、合格を勝ち取ってください。

【2021年度合格】K・Rさん

  • 近大附属東広島中
  • 広島女学院中

 私は、六年生の夏期講座から塾に通い始めました。前までは他の塾に通っていましたが、その塾の先生に「第一志望校の合格は無理。」とはっきり言われ、自分で分かっていても、やっぱり悲しかったことを今でも覚えています。
それから、白石学習院に来ましたが、来た時はもう総復習に入っていて、算数と理科は特に分からないことがたくさんありました。私は質問に行くのが苦手で解説を読んで解き直しをしたら終わっていました。そのため、同じようなミスをくり返し、過去問でも点を落としていました。しかし、周りのみんなが質問しているのを見ると、私も分からないところは質問しないといけないという気持ちが強くなり、思い切って質問してみると、先生は優しく、分かりやすく教えてくれ、すぐに質問に行けるようになりました。受験当日は、あせらず、一問、一問、ていねいに解いていき、第一志望校にも受かることができました。受験は自分の力だけでは成功できなかったので、親や塾の先生など、いろいろな人に感謝の言葉を言いたいです。

【2021年度合格】Y・Sくん

  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中
  • 広島城北中

 僕は、小さい頃から剣道をやっていました。昔から努力することだけが、自分を伸ばすことだと思っていたので、何事にも精一杯やればすべてできると思い、受験を始めました。
 しかし、どれだけ頑張っても思うようにはいかず、時には授業から逃げたい日々も多くありました。でも、そこであきらめなかったことが今の自分につながっていったと思います。
 受験日から八十日ほどある十月頃には、苦手科目の勉強をし、少しでも点数をあげようと頑張りました。そして、受験当日。自分なりに、はりきって試験に挑みました。
 結果では、第一志望ではなく、第二志望までしか届きませんでしたが、自分なりには精一杯やれたと思いました。それにこの結果は、自分だけの努力の力ではないと思います。自分を最後まで支えてくれた先生方、自分が受験をやり通すまで、最後まで背中を押してくれた両親や、祖父母のおかげだと今でも思っています。
 受験という試験は、単なる自分自身だけの力ではできません。自分を見守ってくれる人々がいることで、初めて成立するのです。
僕はその志を持ちながら進学後も頑張ろうと思います。僕を支えてくれた先生方、両親、本当にありがとうございました。二〇一九年から流行している新型コロナウィルスに負けずに頑張ってください。

【2021年度合格】G・Tくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 広大附属中
  • 近大附属東広島中

 僕は、四年生の時に入塾しました。四年生のころは、成績が良かったけど、五年生になると徐々に成績が落ちていきました。理由は分かっていました。勉強量が足りていなかったからです。
 そのとき、親から怒られて、そこから本気でやるようになりました。すると、結果は模擬試験ですぐに出ました。そのまま努力を続けて成績を維持することができました。そして、受験直前でラストスパートをかけて、受験に全勝することができました。
 受験や受験勉強を通して僕が感じたのは、「努力し続けること」が大切ということです。
成績が良くても悪くても、安心し満足しすぎたり、あきらめてやる気を失ったりせず、自分の限界を出せるように努力し続ければ、いつか結果は出ると思います。五年生の皆さん、頑張って下さい。そして最後に、受験勉強のサポートをしてくれた家族、塾の先生、周りの方々、どうもありがとうございました。

【2021年度合格】T・Yさん

  • 近大附属東広島中
  • 安田女子中
  • 崇徳中

 私は、四年生の夏に入塾しました。塾に通い始めた当初は、あまりやる気が出ませんでした。だから、模擬試験では良い成績が取れませんでした。特に算数の成績が悪く、六年生の面談の時に先生から「算数をもっと頑張りなさい」と言われました。たしかに、私は算数が特に大事な科目だとわかっていながら、苦手を理由に全く勉強せずにいました。そこで思ったのは、「苦手な科目こそ集中して勉強する」ということです。私は算数が苦手です。なのに、ずっとほったらかしていたことを一月になってすごく後悔しました。その結果、惜しくも第一志望には届きませんでした。今、私が受験勉強をするうえで大切だと思っていることは、「勉強の量を増やすこと」と「勉強の質を上げること」です。特に二つ目の勉強の質を上げるというのは、問題を解くだけではなく間違えたところは解き直しをして、「きちんと」理解することです。努力すればするほど、必ず良い結果がついてきます。受験生のみなさん、自分を信じて最後まであきらめずに頑張ってください。

【2020年度合格】緑井教室 Fクラス S・Yさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 近大附属東広島中

 私は、四年生のときに入塾しました。四年生のころ私は、先生に質問をする勇気が持てず分からない問題が多くありました。
 あっという間に六年生になり、いよいよ入試までの日数が短くなりました。でも、入試が近いことがあまり実感できず、夏休みもこの夏が勝負といわれていたけど、目の前の宿題などに精一ぱいで苦手をつぶす事ができませんでした。秋になり答練会が始まりました。その頃から受験生ということを実感するようになりました。受験情報説明会で残り二か月の勉強法を教えてもらい、その勉強法で勉強すると成績が上がりました。最後の答練会では算数で一番良い点を取ることができ、努力は実ると感じることができました。冬になり、入試が目前に迫ってきました。私は基本演習のプリントをたくさん解いて満点をとれるように反復しました。今までの努力を信じてひたすら勉強しました。志望校の入試では算数が難しく、家で不合格だと思って泣きました。ですが合格をつかみ取る事ができました。
 私が大切だと思ったのは勉強の中身です。たくさん勉強しても、「意味のある勉強」でなければ成績は上がりません。みなさんも意味のある勉強ができるように頑張ってください。

【2020年度合格】西風新都教室 Vクラス N・Yくん

  • 広大附属中
  • 修道中
  • 広島学院中
  • 近大附属東広島中

 受験を通して感じたことがいくつかあります。
 まず「寝るときは寝る」ということです。頑張って夜に勉強をしても体調をくずしてしまいます。自分のペースを守って、しっかり勉強することが大切です。
 そして、あまり周りの人を気にしないことです。自分の目標を決め、ひとつひとつ取り組んでいけばよいので、他人と比べる必要はありません。
 六年生になると、勉強量も増えてストレスも溜まってくるはずです。しかし、この苦労や中学受験は人生に一度だけです。長い一生の中で、一年だけ本気になれば、きっと輝かしい未来が待っているはずです。

【2019年度合格】東雲教室 Jクラス Y・Kくん

  • 近大附属東広島中
  • 広島城北中
  • 崇徳中

 自分は五年生の冬に白石学習院に入りました。入ってすぐの頃は緊張していました。一ヶ月たった頃に、自分はJクラスだったのでFクラスへ行きたいと思い、がむしゃらに勉強して、二月の模擬試験でFクラスにあがりました。しかし、Fクラスにいることで少し気がゆるんだのか、次の模擬試験でJクラスに落ちました。そこで、Fクラスに戻りたい一心で勉強して七月の模擬試験でFクラスに戻れたのはうれしかったです。ところが、夏休みだったこともあり、気がぬけてしまったので、九月の模擬試験でJクラスに落ちてしまいました。そこからまた、がんばったのですがFクラスに行けることはありませんでした。
 自分はJクラスで必死に勉強しました。一月からは毎朝五時に起きて新聞を読みました。その結果第一志望校に合格できました。
 VクラスやFクラスでなくとも努力すれば第一志望校に合格できる確率は十分にあるのでがんばっていきましょう。

1 / 1212345...10...最後 »
このサイトを広める