合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2016年度合格】東雲教室 Vクラス Y・Sさん

  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 私は四年生の冬期講座から塾に通い始めました。最初は受験勉強のことは考えておらず、「お母さんに言われたから」という理由で塾に来ていました。しかし、そのうち、「楽しいから」という理由に変わっていきました。

 今考えると、自分がここまで続けることができたのは、最初がとても楽しかったからだと思います。また、「つらかったらいつでもやめていいよ」と言ってくれた母のおかげです。だから、母にはとても感謝しています。

 行きたい学校が決まると、余計に楽しくなりました。六年生の夏休みは授業後毎日自習をしました。それは、苦手だけど大好きな算数を少しでもできるようにするためです。

 私は授業が終わると毎日自習室に行き、先生に質問ができる午後七時十五分ぐらいまでの間、質問するところにふせんをつけて質問をしていました。長いときは一時間ぐらい質問させてもらっていました。でも、先生はどんなに長くなっても嫌な顔一つされませんでした。それで私は少しだけ安心していました。

 夏休みの間、毎日朝から夜まで残るのは大変だったけど、とても楽しかったです。問題が一問ずつ解けていくと、とてもうれしかったです。

 しかし、怒られるときはやっぱり嫌でした。でも先生のお説教はアドバイスばかりで、いつもやる気を出させてくださいました。そして、お説教のあとはいつも余計にやる気が出て頑張ることができました。

 このように、私の初めての中学受験の思い出は、楽しいこともつらいこともたくさんありました。でも、常に楽しんで全力で頑張ることができました。こうして、私を常に楽しく勉強させてくれたのは、家族や塾の先生たちでした。本当に感謝しています。

 私は、この中学受験という経験を活かして、これからも中学で頑張っていきたいと思います。

【2016年度合格】牛田教室 Vクラス M・Iさん

  • 広大附属中
  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 近大附属東広島中

 「勉強なんてしたくない。」何度もそう思ったことがあります。でも、塾で勉強することは当たり前のように感じていました。

 受験まであと数か月となり、本番が近づいてくるとともに、今この場で勉強できていることは「当たり前」ではないと気づかされました。塾に通わせてくれた。いつも支え、そして応援してくれた。たくさんのことを家族はしてくれました。

 家族の支えがあってこそ、私は勉強に打ち込むことができ、無事合格できました。もちろん、家族以外にも友達など、多くの人が応援してくれました。今でも、勉強は好きではないけれど、受験が終わっても今までの感謝を忘れず勉強したいと思います。

【2016年度合格】西風新都教室 Vクラス H・Fさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中

 私は第一志望のND清心中に合格することができました。入試の前には緊張したけど「大丈夫、あれだけ問題解いたんだから」と思ってやると自然と緊張もほぐれて落ち着いて問題を解くことができました。

 私は算数が苦手だったので入試の二週間前からテキストを最初から解いていきました。そのおかげもあってか算数の試験修了後は手ごたえを感じることができました。入試前には難しい問題は解かない方が良いです。過去問ぐらいは解いてもいいけど新しく問題集を買って解くのはお勧めしません。

 また、これだけはやっておくといいというものがあります。それは過去問の解き直しです。解き直しをすると次に同じような問題を解いた時に点数が伸びて自信がつきます。

 私が受験勉強を終えて思っているのはもう少し夏休みを有効活用できたかなということです。暑くて勉強に集中できませんでした。だから夏の模擬試験では成績が下がりました。冬休みもそうですが、長い休みは有効に使った方が良いです。先生に分からないことを質問したり、授業の復習をしたりとごく普通なことでも大切です。

 今年受験するみなさん。第一志望に合格できるように全力で頑張ってください。応援しています。

【2016年度合格】西条教室 Vクラス H・Nさん

  • 広大附属中
  • 県立広島中
  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中

 私が志望校に合格したのは、白石学習院で二年間、受験勉強を取り組んだおかげだと思います。私は、四年生の冬期講座のときに塾に入りました。この約二年間の受験勉強と実際の入試を通して、私が合格のために大切だと思ったポイントは二つあります。

 一つ目は、わからない問題は必ず先生に聞きに行くことです。私は、わからない問題があると、先生に聞かずに自分で考えようとしたのですが、それでは、分からないままやりっぱなしになったり、遠回りな解き方で覚えてしまったりします。私は、自分で考え続ける方法から、先生に解き方を教えてもらいにいく方法に切り換えたことで、心配な問題を無くし、安心して受験に臨むことができました。

 二つ目は、手を抜かないことです。「あのとき手を抜かなければ…」悔しむことがないように、ていねいに課題をこなしていくことが大切だと思います。夜遅くまでの授業は大変ですが、私は、五年生のときに遊んでしまった分、六年生になってからは、コツコツ暗記をしたり、宿題もていねいにすることを心がけました。

 中学生になったら、これまでの頑張りをむだにしないように過ごしていきたいと思います。

【2016年度合格】国泰寺教室 Vクラス R・Mくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 近大附属東広島中

僕は、兄二人が塾に通い受験をしたので、同じように塾に通いました。文化祭や兄からの話を聞いて、第一志望校を決めました。

 第一志望校の入試の本番では、とても緊張していました。合格したら楽しい学校生活が待っているという気持ちもありましたが、それよりも大きかったのが、「合格できなかったどうしよう」という不安でした。でも、マイナス思考をしていてもよいことはありません。もっと緊張するだけです。だから、「入学したらこんな部活に入りたい」「食堂でこんなものが食べたい」と思ったりすると、リラックスできます。それから、問題の内容を休憩時間に話すのは、本当にやめた方がいいです。答えを確かめたりして、もしも違っていたら、自信を失ってしまいます。そしてマイナス思考が出てきます。だから、絶対にやめておいてください。

 最後に言いたいことは、「自分自身を信じること」です。「不合格かもしれない」と思ったとしても、まだ合格している可能性はあるのです。だから、自分を信じて最後までねばり強く自分の力を出し切ることが大切です。そうして合格をつかめたら、ものすごく達成感があります。これから受験を迎えるみなさん、志望校合格を目指して、日々を大切にして頑張ってください。

【2016年度合格】東雲教室 Vクラス R・Mくん

  • 広大附属中
  • 広島学院中
  • 修道中
  • 近大附属東広島中

ぼくは、算数が大の苦手です。五年生の時は、算数が苦手でできないとわかっていても、算数が嫌いだったからほとんど勉強していませんでした。先生には「毎日算数をしろ」と言われていましたが、いつも中途半端に終わらせていて、わからないことだらけでした。

 六年生の秋を過ぎてから、やっと算数を少しずつやり始めました。そして、わからないところを先生に積極的に質問するようになりました。すると、わからなかったところがわかるようになり、解けると気持ちがスッキリし、だんだん楽しくなってきました。また、難しい問題にも挑戦するようになって、粘り強く考えられるようになりました。

 ぼくが、算数をし始めるきっかけになったのは、日曜日の自習もあります。家ではダラダラと他の教科をやるけど、塾ではダラダラすることがほとんどなく、集中して勉強に取り組めました。また、算数の先生が常にいてくれたので、わからない問題はすぐに質問をすることができました。だから、五年生の時のようにためこまず、「算数=できない」というイメージもなくすことができました。

 また、ぼくは入試会場に行くまでに、緊張して足がガクガクふるえていました。しかし、受験会場で先生に「自信を持って行け」と言ってもらえたことで、緊張がおさまり、集中して試験に臨めました。

 ぼくは、中学受験を経験して、精神的にも成長できたと思います。中学でも、わからないことはためこまず、日々コツコツと努力を積み重ねていきたいです。

【2016年度合格】東雲教室 Vクラス H・Aさん

  • 広大附属中
  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中

私は六年生の夏休み前までは、張り詰めてカリカリと勉強はせずに、のんびりとしていました。そしてそのぶん、点数がどんどん下がっていきました。その時に母が「このままじゃ行きたいって言っていた学校に行けないよ」と言われ、そこから受験が終わるまでの間、家でも真面目に勉強をするようになりました。

 だけど、今まで勉強をしっかりしていなかったので、特に暗記は全くできず、最後の最後に一気に詰め込んだ感じなので、とてもつらかったです。そのつらかった時に私を支えてくれたのは友達でした。友達と相談しあったり教えあったりした時が私はとても楽しかったです。

 そして私は行きたかった中学校に合格することができました。その時の驚きと喜びは、がんばったからこそ大きな感動になりました。今でも私は合格できたことに驚いています。そして喜びはずっと続いています。

 私が合格できたのは、背中を押してくれた母、支えてくれた友達のおかげで、感謝の気持ちでいっぱいです。最後のつらかった思い出を忘れずに、次からはコツコツと勉強していきたいです。

12 / 12« 先頭...89101112