合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2022年度合格】S・Mさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 市立広島中

 受験において一番大切なのは、あきらめずに努力することです。模擬試験や過去問演習で点数があまりとれないことがあるかもしれません。でも大丈夫です。その結果で、自分のできないところ、弱いところなどがわかります。できないところを、できるようにすることが、点数を上げることにつながります。

 また、宿題をきちんとすることも大切です。受験に必要なことが宿題になっているため、宿題をすることが、志望校合格にそのままつながります。宿題を期日までにすることで、わからないところを先生に聞くことができ、すぐに自分の弱いところをなくすことができます。一つ一つ丁寧にすることで、テストで点を確実に上げることができます。

 テスト勉強はテスト直前にするのではなく、毎日コツコツがんばることも大切です。直前にあわててやっても頭に入ってきませんが、毎日コツコツすることで、確実に自分の力となります。

 最後に、受験できるのは家族のおかげです。落ち込んでいるときや困っているとき、励ましてくれるのは家族です。このことをけっして忘れずに、家族の協力に感謝することを忘れず、一生懸命がんばってください。

【2022年度合格】H・Sくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 広島城北中
  • 市立広島中
  • AICJ中

 ぼくは、五年生の春に入塾しました。入塾したころはそれほど成績がいいわけではありませんでした。しかし、模試で苦手だと気付いた国語を中心にどの教科も努力を続けていくと、夏ごろに成績がグンと伸び、Vクラスに上がることができました。しかし、そこで調子に乗ってしまったぼくは、今までがんばっていた国語をおろそかにしてしまい、国語の宿題をその場しのぎでやるようになりました。すると、冬ごろに国語の成績はガタンと落ち、総合での成績も下がってしまいました。そのときに国語をおろそかにしていたことは、六年生のときにも響き、夏ごろまでは国語の成績はほとんど上がりませんでした。この経験からぼくは、模擬試験の結果で一喜一憂せずに、努力を続けることが大事だと分かりました。

また、各教科の課題をする中で、分からないことがあればすぐに質問をした方がよいと思います。ぼくは六年生のころから質問をし始めたけれど、もっと早くから質問をすればもっと成績上位で合格できたかもしれないと思いました。最後に、今までぼくの中学受験のために応援してくれたお父さん、お母さん、入試当日まで最大のサポートをしてくれた塾の先生、ありがとうございました。

【2022年度合格】N・Rくん

  • 市立広島中
  • 広島なぎさ中
  • 広島国際学院中

 私は第一志望校に合格し、進学も決まりました。模擬試験や答案練習会、過去問演習の結果を見るたびに、「これでは落ちてしまう」と思っていました。しかし、私は入学したかった学校に合格することができました。その年の問題にもよるけれど、一番大切なのは、過去問などの結果に気持ちが左右されないということです。過去問などの結果を見て、浮かれたり、落ち込んだりすると、あっというまに勉強に追いつけなくなります。自分を信じて試験に挑んでください。また、最後まで努力するということも大切です。苦手科目をそのままにしていると、試験の結果に影響があります。最後の試験当日まで、手を抜かず、算数・国語・理科・社会をバランスよく勉強してください。最後に、勉強する際に、気持ちが揺れ動いてしまうことがあります。それでもよい結果が出ることを信じて努力することを続けてください。

【2022年度合格】T・Yさん

  • 広大附属中
  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 市立広島中
  • AICJ中

 私が塾に通い始めたのは5年生の終わりです。みんなと比べ、少し遅れたスタートでした。しかし、テキストをじっくり読んだり、習っていないところを自分で線を入れて覚えたりすることで、なんとかみんなに追いつくことができました。

また、私は国語の偏差値が四十台だったときがあります。それがとてもくやしくて、「夏休み」というチャンスが訪れたとき、「読解チェック」を解くことにひたすら取り組みました。すると偏差値がぐんぐん上がり、七十近くまでになったことがあります。このとき、努力は結果となって自分にかえってくることがわかりました。

1月になるとラストスパートの時期になります。この時期は、みんなと差をつける最後のチャンスです。ここでは短い期間で、どれだけ質の高い勉強をするかが大切です。算数の基本のチェックを見直し、苦手な問題の最終確認をしました。

入試は思ったよりもはやく終わってしまいました。でも入試一回一回を大切に、気持ちを切り替えてがんばってください。自分のした努力がうれしい結果となってかえってくることを願っています。

【2022年度合格】T・Kくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 市立広島中

 ぼくは、二年生の春期講座からこの塾に通い始めました。最初は全く受験のことを考えておらず模擬試験でよい結果が出ていたので、ぼくはこれで良いと思っていました。しかし、クラスメイトの模擬試験の点数がよくなり、これではいけないと思い始めたのが五年生の最後。先生からの電話でがんばらないといけないと思いました。このときからぼくは四科目すべての基本問題を家でやり直しました。しかし、第一志望である修道中の合格可能性が高くないことを知り、大変ショックでした。あのときのぼくは、少ししか勉強していなかったのに、自分ではがんばっていたと思い込んでいました。後日、僕は修道中の学園祭に行きました。ぼくは想像しました。修道中に楽しそうに通っている自分の姿を。すると、心の中で、「絶対に修道中に合格するぞ。」という気持ちがわいてきました。しかし、思い込みよりも大切なことが二つあります。一つ目は、基本事項の確認。二つ目は問題演習です。ぼくは先に思い込みをしてしまったので、ぼくができなかった分は後輩のみなさんに託したいと思います。入試の結果で人生が変わるチャンスが訪れるとぼくは思っています。だから、みなさん、がんばってください。

最後に、お母さん、お父さん、先生へ。今まで面倒をみてもらったり、応援してもらったり、本当にありがとうございました。ぼくはこれからもがんばります。

【2022年度合格】M・Sくん

  • 修道中
  • 市立広島中

 僕は、四年生の夏に入塾しました。五年生から入試への勉強が始まり、得意な科目と苦手な科目がはっきりしてきました。ですが僕は、その苦手な科目の勉強をあまりせず、得意な科目の勉強ばかりをしていました。だから、苦手な科目の点数はひどくなっていきました。そして、六年生になり入試の勉強で難しいこともたくさん出てきました。だから、得意な科目と苦手な科目の差がよりはっきりとしてきました。そこで「やばい」と思った僕は、苦手な科目の担当をしている先生に質問をしました。でも、家で勉強するときにわからない問題があると苦手な科目の勉強をやめて、得意な科目の勉強に流れてしまいました。最終的には、先生たちのサポートもあり、苦手な科目の点数があがっていくようになりました。

 これから受験生になる皆さんには、苦手な科目こそしっかりと勉強をして、時間を大切に使ってほしいです。また、いつも勉強を教えてくださる先生方や、お弁当を作ってくれている親に感謝して、受験に臨んでください。

【2022年度合格】K・Sくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 市立広島中

 僕は、四年生の時に入塾しました。最初の模擬試験では良い成績を残すことができました。しかし、その後成績は上がっては下がりを繰り返しました。五年生になっても同じようなパターンになってしまったけど、あまり気にせず五年生が終わりました。

 六年生に入ると、「受験」が迫ってきていることを感じ、猛勉強を始めました。その結果、模試で好成績を残すことができました。しかし、好成績をとると僕はうかれてしまいます。だから、後期に入ると成績が不安定になりました。秋ごろになると、今の自分が情けなくなり、必死で勉強しました。そして、苦手な理系の克服に着手します。先生からプリントをもらい、質問をたくさんしました。直前で猛ラストスパートをして、広島学院中に合格することができました。

 今、僕が大切だと思うのは、「苦手克服と質問」です。僕はこの2つに着手したため、合格できたと思っています。そして、受験を通して学んだことは「あきらめない」です。あきらめず努力したら結果はついてきます。

 苦手克服と質問をたくさんして、「もうやることない!」という気持ちで受験会場に向かってください。そして「己」に勝ってください。

 最後に、ここまで僕を成長させてくれたのは、家族や先生方の支えがあったからです。本当にありがとうございました。

【2021年度合格】T・Yさん

  • 市立広島中
  • 安田女子中
  • 広島なぎさ中
  • 広島国際学院中

 私は五年生から入塾しました。最初は勉強がなかなかはかどらず、初めての模擬試験ではよい結果でスタートすることができませんでした。その後も成績は思うように上がらず、五年生が終わってしまいました。
 六年生になると、算数に力を入れるようになりました。先生にも積極的に質問して、必死に理解しようと努力していました。しかし、いつまでたっても成績は上がらず、時間だけが過ぎていきました。時には悔しくて泣いてしまったこともありました。それでもあきらめず勉強を続けました。結局最後の答案練習会でも、偏差値は思ったほど上がりませんでした。けれど、中学受験で「自分から質問すること」は本当に大切だと気づきました。
 これから入試を控える五年生のみなさん、第一志望校に合格できるように全集中で頑張ってください。さらに、今まで勉強を支えてくれた家族や先生方、一緒にいて楽しかった友達のみんな、本当にありがとうございました。

【2021年度合格】I・Rさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 市立広島中
  • 広島国際学院中

 私は五年生から白石学習院に入塾しました。最初の模擬試験でVクラスに上がれ、ずっとVでした。でも、六年生から成績がだんだん落ちてきました。そして、第二回答練会ではFクラスに落ちてしまいました。
 十一月に塾の先生との三者面談があり、私はもう一度がんばろうと思いました。もうこれ以上成績を落とすわけにはいかない。先生に今まで以上に質問をくり返しました。すると成績が上がりはじめて、最後の答練会では今までで一番良い順位にまで上がりました。そして、第一志望の学校に合格することができました。
 私がここまでこられたのは、先生方が根気よく教えてくださったおかげと、母や父、祖父母の協力や応援があったからだと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです。

【2021年度合格】O・Aさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 市立広島中
  • 広島国際学院中

 私は、五年生から塾に入って受験勉強を始めました。最初塾に入ったときは、問題が難しくて解けなかったり、授業についていけなかったりしていました。そのときは、そんなことがあってもほったらかしにしていて、模試の成績が悪すぎたのを見てはじめてもっと勉強しようと、やっと思いました。でも、五年生の時は自分では努力したつもりでも全然結果がついてこず、模試の結果が悪かったたびに家で大泣きしたのを覚えています。そして、このままでは六年生になってもこの状態が続いて、第一志望校に合格できなくなると思いました。すると、お母さんから今まで私ができていなかった先生に質問するということをしてみたら、と言われました。私は分からない問題があってもそのままにして、分からないままでした。先生に質問に行くうちに解ける問題も増えていき、点数もだんだん取れるようになっていきました。その調子のまま六年生になりました。六年生では答練会がありました。第一回の答練会では、緊張しすぎて、算数が過去最低点でした。その理由が変なミスをしすぎていたためでした。そのことが悔しくて、私はすごく泣きました。第二回からは変なミスをしないように気をつけながらテストを受けるようになり、自分でも満足のいく点数が取れるようになっていきました。
 そして、受験を迎えました。一度、安全校で自分の希望コースに合格できなかったことがありました。とても悔しくて大泣きしました。けれど、それから頑張って私は第一志望校に合格することができました。
 私がこの受験を通して大切だと思ったことは、あきらめないことです。あきらめたら、そこで終わりなので、あきらめずに本気で勉強していくことが良いということをこの受験で学びました。最後になりましたが、私を支えてくださった家族や先生方、本当にありがとうございました。

1 / 612345...最後 »