合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2017年度合格】東雲教室 Fクラス M・Nさん

  • 広島女学院中
  • 近大附属東広島中

 私は質問をすることが苦手でした。分からないところをそのままにしていて、よく怒られていました。そのためテストでもなかなか良い点数が取れず、受験が近くなってやっと質問をするようになりました。

 質問をするようになり、分からなかった問題が解けるようになって、もっと早くから質問をしておけばよかったと後悔をしました。ところが、質問をして分からなかったところが分かるようになって良かったので、中学に入ったら、分からないところは早めに質問に行こうと思います。私が質問に行っていなかったとき、先生が分からないところや質問は無いかと、いつも声を掛けてくれていました。質問に行かない私を気に掛けてくれて、何度も質問に行ってもきちんと理解できるまで教えてくれる先生には感謝しています。志望校に合格できてよかったです。

【2017年度合格】国泰寺教室 Vクラス F・Tくん

  • 修道中
  • 広島学院中
  • 近大附属東広島中

 僕は四年生の春から白石学習院に入りました。六年生になり過去問をやり始めた時は、思うように結果が出ず大丈夫かと心配していました。しかし、入試が近づいてきたときには、だんだんと結果が出てきました。

 入試当日はとても緊張しました。でも、落ち着いて問題を解いていくうちに、いつものように問題が解けていきました。入試当日はだれでも緊張しますが、落ち着いて問題を解いていけばいつもの力を発揮できます。例え模擬試験や過去問演習でいい結果が得られなくても、その結果を気にせず、復習をしていき、日々の勉強にしっかり励んでいけば、必ず努力は実ります。入試が終わり、思うように問題が解けなかったとしても、次の学校の日まで引きずらずにすぐに切り替えて、一生懸命励んでください。

【2017年度合格】東雲教室 Vクラス Y・Hくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 僕の受験勉強は五年生の途中から始まりました。分からない所はもちろんあるけれど、分かるところもいくつかありました。最初の頃はどのように勉強していいのかも分からず、ただチェックの勉強だけをしていました。現在は、算数が四教科の中でも最も得意でとする科目です。塾に入る前も算数は得意でしたが、現在ほど自信はありませんでした。しかし、分からないところを先生に質問し、やった単元の復習を積み重ねていきました。六年生の最初の模試まではあまり成果が出ませんでしたが、徐々に点数を伸ばしていき、第一回答練会では百十点という得点を取ることが出来ました。これをきっかけに百点を超える点数が増え、自信につながりました。勉強してもすぐには成績が上がるというわけではないのですが、最後まで諦めずに頑張れば、必ず結果が残せます。

【2017年度合格】国泰寺教室 Vクラス Y・Kくん

  • 修道中
  • 広島学院中
  • 近大附属東広島中

 僕は、四年生の春に白石学習院に入塾しました。四・五年生の時は油断していて、遊んでばかりいました。すると、六年生の初めの模擬試験で案の定、とても成績が下がり、クラスも一つ下がってしまいました。先生にも「このままだと合格できんぞ!」と言われました。それからは真面目に授業を受け、勉強にも取り組んでいきました。そして、第一志望校の修道中に合格することができました。今振り返ってみると、あの「このままだと合格できんぞ!」と言われてなかったら、合格できなかったかもしれません。

 最後に、受験のことについてのアドバイスです。一つ目は、初めから全力で頑張ってください。六年生になってから必死になるよりは、初めから頑張っておいた方が絶対に楽です。二つ目は、受験に向けて頑張っているのは自分だけではないということです。よく自分一人でやっていると勘違いしやすいですが、塾の先生、そして家族も協力して受験に向かっているのです。来るべき入試に向けて、悔いのないよう頑張ってください。応援しています。

【2017年度合格】西風新都教室 Vクラス M・Iくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 広島城北中

 受験勉強をする際に常に心にとめておいたことは、「家ではできないから塾で」ということです。

 僕は家で勉強をするときに、疲れるとすぐに横になったり気が散ったりすることがしばしばありました。そこで、塾の自習室を積極的に利用することにしました。また、平日の授業後の九時半から教室がしまる十時までは全ての先生が質問対応してくれるので、質問はその時間に積極的にするようにしました。

 もう一つ心にとめておいたことは、「担任の先生を信じる」ということです。先生は自分にあった適切なアドバイスをしてくれるので、それを信じると合格に導いてくれます。実際、自分も先生のアドバイスに従ったら、第一志望の学校に合格することができました。

 入試本番は休憩中に確認しきれない量の参考書やプリントを持っていかなかったことが不安材料をなくすことにつながったと思います。そして、自分を信じることも良かったことだと思います。

【2017年度合格】緑井教室 Fクラス A・Mさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 近大附属東広島中

 私は、五年生の時に白石学習院に入塾しました。入塾した時は、その時いた人達の頭が良かったのでとても不安になりました。早く追いつけるように頑張りました。私は算数と理科が苦手で成績が思うように上がりませんでした。

 六年生になって、模擬試験や答案練習会が始まり、自分の第一志望校の合格率を見て、悪い時はとても落ち込みました。試験の時に足を引っぱるのはいつも算数で、クラスの最下位になった事もありました。私は分からなくてもあまり質問に行くことが出来ませんでした。でも、このままでは本当に自分の第一志望校に行くことが出来ないと思ったので、分からない所はそのままにせず質問しに行きました。そして算数の成績は答案練習会の平均点よりは上回ることが出来ました。

 そして、入試が始まりました。私はとても緊張して第一志望校の門が見えた時に手が震えました。でも、今までやってきた事を思い出して頑張りました。そして結果は行きたい学校に合格することが出来ました。最後の答案練習会で合格率が低くとても不安だったので、合格出来た時はとても嬉しかったです。

 私が合格出来たのは、分からない所をいつも丁寧に教えて下さった先生方や支えてくれた家族のおかげだと思っています。とても感謝しています。

【2017年度合格】国泰寺教室 Vクラス T・Nくん

  • 広島学院中
  • 広大附属中
  • 広島城北中
  • 修道中
  • 近大附属東広島中

 ぼくは、四年生の春に白石学習院に入塾しました。最初のころは塾になじめなくていろいろありましたが、少しずつ慣れていきました。

 ぼくは、国語に波があって、偏差値が五〇を切ることもあり、最大三〇点差がありました。国語は自分で苦手意識があったので、逃げ腰になってさぼっていました。でも十一月の三者面談のあとから、国語の入試問題の解き直しを一気にたくさんやり始めました。そのころから過去問演習の点が伸び始めました。最後の三か月でも間に合います。最後まで諦めずに頑張ってください。入試当日も同じように、チャイムが鳴り終わるまで諦めずに問題を解いてください。入試は何が起こるか本当に分かりません。絶対に諦めないことが一番大事です。

【2017年度合格】緑井教室 Fクラス Y・Iくん

  • 修道中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 ぼくは三年生の冬ごろからこの塾に入りました。この塾に入った理由は、兄がこの塾で受験勉強をしていたからです。

 六年生の最後の答練会の前にぼくは、「毎回上がったり下がったりしている。前回は下がっていたから今回は上がるだろう」と思っていました。ですが結果は下がり、Jクラスに落ちました。この結果に僕は大きな絶望を感じました。このまま下がっていって、どこにも受からないんじゃないかと思いました。ですが、そんな絶望の中でも支えてくれたのは、家族や先生達でした。特に算数の先生は「勉強しなかったからこうなったんだ」とある意味での励ましっぽい事を顔で言ってくれました。

 この時を境に算数を本気でやってみようと思いました。するとその日に返してもらった算数の過去問がたまたま、まぁまぁ良い点数でした。そしてその日の算数の授業を受けました。すると、とても算数が楽しく感じました。そしてそこからだんだん算数が好きになっていきました。さらに、その日から算数の過去問で合格点が取れることが増えていきました。

 そして、ついに入試ピーク期に入りました。かなり難しい問題もありましたが、算数の先生のアドバイスなどを思い出して、頑張りました。

ぼくは、算数を好きにしてくれた先生と勉強を教えてくれた白石学習院にとても感謝しています。今この文章を書けることにも感謝しています。

本当にありがとうございます、白石学習院!

【2017年度合格】東雲教室 Fクラス Y・Fくん

  • 附属東雲中
  • 広島城北中

 ぼくが受験を経験して思ったことは二つあります。

 一つ目は、両親への思いです。毎日お弁当を作り続けてくれた母への感謝、塾へ通うお金を稼いでくれた父への感謝を感じました。

 二つ目は、なまけない気持ちです。ぼくは六年生になってとても努力して成績を上げました。修道に合格する可能性が出てきたところでもう十分だと感じ、勉強をだんだんなまけ始めてしまいました。その結果、修道に落ちました。その時ぼくは、支えてくれていた家族を裏切ってしまったと感じました。

 受験は一回限りのものなので、いったん成績が向上しても自分に厳しくし、なまけてはいけません。そして支えてくれる人への感謝の気持ちを忘れないように全力をつくすことが大切だと感じました。

【2017年度合格】緑井教室 Vクラス A・Hさん

  • 広大附属中
  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中

 私は六年生の夏期講座から白石学習院に入りました。みんなより遅れたスタートで、算数ぐらいしかできなかったため、自分で各教科を何時間やるか決めて勉強しました。そのためか、初めての模擬試験では成績優秀者になることができました。しかし、志望校の過去問を解いてみると、なかなか手ごたえがなくて、不安になる事がありました。けれども、答案練習会が始まってくると、ボーダーライン上にいることが多くなっていき、少し安心する気持ちも増えてきました。

 答案練習会で成績優秀者になれなかった時がありました。第一志望校の合格判定の確率も下がってしまい、私はその時からこれまでの勉強の仕方を見直して、それまであまり成績が良くなかった理科の時間を増やし、解き直しの時間を増やしました。そのためか、第四回答案練習会では成績優秀者にもどることができました。

 入試の本番が近くなっていくと、私は志望校の過去問で何度も問題を解き、学校の特徴をつかんでその特徴に合った勉強をしました。

 白石学習院に入って私は本当に良かったと思います。

24 / 31« 先頭...10...2223242526...30...最後 »