合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2019年度合格】国泰寺教室 Fクラス K・Uさん

  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中
  • 安田女子中

 私が白石学習院に入ったのは、五年生の二月でした。入塾してちょうど一年になったというぐらい短い期間でした。しかし、たった一年で私は広島女学院中に合格することができました。
 私が一年間という短い期間で合格できた理由は主に二つあります。一つ目は、「他の人にながされないこと」です。たとえ周りの人がしゃべっていようが、勉強していなかろうが、自分でがんばり続けることが大切です。二つ目は、「先生から言われたことは必ずやること」です。そうした方が合格できる可能性が上がるのに、やらないのってすごくもったいなくありませんか?絶対に言われたことはやりとげた方がいいです。
 「あのときやらなかったことが受験にひびく」、そう考えて、コツコツ勉強していけば必ず合格できます。本番で後悔しないよう、がんばってください。

【2019年度合格】東雲教室 Vクラス K・Mくん

  • 広島学院中
  • 修道中

 僕は、四年生の時に入塾しました。四年生の時は模擬試験で一位をとることもあったけど、五年生からだんだん順位が下がっていきました。けれど僕は、全く気にせず五年生が終わってしまいました。
 六年生になってからは、受験をするという意識が出来始め、前期はとにかく算数を頑張りました。すると、成績が飛ぶようによくなりました。
 しかし後期は「このままで大丈夫だ」と気が緩んでしまい、勉強量が減っていきました。するとあっという間に入試直前になりました。ラストスパートでみんなが頑張っている姿に刺激を受けて、めげずに必死で勉強しました。なので、第一志望の広島学院中に合格することが出来ました。
 理科や社会については、冬期講座以降、暗記に使うことができる時間は次第に減っていきます。なので、皆さんは授業が終わった後に復習し、毎日コツコツと勉強して下さい。そうすれば成績は必ずアップします。
 算数は、とにかく問題を解いて知識を得るしかありません。先生に頼んで、プリントを貰ってください。
 国語は、とにかく本を読んで下さい。実際僕は本を読んでいなかったので、答練会で足を引っ張る科目になりました。
 受験は終わりではありません。始まりです。受験が終わっても、一喜一憂せず、頑張ってください。

【2019年度合格】緑井教室 Jクラス A・Nさん

  • 市立広島中
  • 安田女子中
  • 近大附属東広島中

 私は六年生の七月からこの塾に入りました。スタートが遅かった私は、不安とあせりでいっぱいでした。でも、そんな私を支えてくれたのは先生方でした。先生は、いつも私のことをはげましてくれたり、私のことを思ってアドバイスをしてくれたりしました。時には逃げ出したくなったり、泣いてしまったりしたこともあったけれど、先生を信じて、自分を信じて逃げ出さず、ただひたすらに頑張りました。
 私がとくにがんばったことは、社会です。私は、もともと社会は苦手で、塾に入ったころには、もう総復習になっていました。だから私は、一番苦手な社会に時間と力を注ぎました。宿題で出されたものはすべて覚え、確認テストで満点をとれるようにしました。すると、問題が解けるようになって自信がつきました。算数は、一番たくさん先生に質問しました。小学校ではまったく教わらないような問題がたくさんありました。でも勇気を出して先生に質問すると、疑問に思っていたことが一瞬にしてなくなりました。それからわからないところはどんどん質問しました。そのおかげで、だいたいの問題が解けるようになり、「○○算を使えばいいのだな」としだいに分るようになりました。
 そして、私は第一志望の学校に合格することができました。この受験を通して、私が感じた大切なことは、あきらめないこと、逃げ出さないこと、自分と先生を信じることです。これからも。あきらめず、逃げ出さずに、たくさんの困難に立ち向かっていきたいです。白石学習院の先生方、本当にありがとうございました。

【2019年度合格】西風新都教室 Fクラス A・Hさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • 近大附属東広島中

 私は四年生の夏から塾に入りました。最初のころは受験をあまり考えていませんでした。しかし、五年生になり、勉強量もすごく増えました。四年生の時とは違い、宿題だけでなく、模擬試験の勉強もするようになりました。
 私の場合、模擬試験で良い結果がとれた時にはすごくうれしかったのですが、結果が悪かった時は、ずっとそれを引きずってしまい、一週間くらい勉強に手がつかない時もありました。六年生になってからは、そこを見直し、なるべく「次に向けてがんばる」という気持ちで取り組みました。受験は勉強することが一番大切だと思います。しかし、二番目に大切なことは自分をコントロールすることです。テストで悪い点数を取ってしまっても、落ち込むのではなく、なぜ点数が悪かったのかを考え、次に向けて何が必要なのかを考え、それを実行することが大切です。前向きな気持ちで取り組むことを大切にしてください。

【2019年度合格】緑井教室 Vクラス M・Mさん

  • 広大附属中
  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 県立広島中
  • 市立広島中

 私は五年生の春から白石学習院に入りました。それまで学校の授業と宿題しかしていなかった私は、入ったばかりの頃、分らない問題が多くてみんなについていけませんでした。でも、塾に通い、勉強をしていくうちに、解ける問題が少しずつ増え、模擬試験の成績上位者に名前が載るようになりました。六年生になり、東雲教室で答練会があり、知らない人の中で試験を受け、午後から解説授業が聞けて、分らなかった問題が解決できたことがよかったです。私は、苦手や得意などがはっきりとせず、何を勉強していけばいいのかよくわかりませんでした。でも、十二月に入り、先生がプリントを出してくださり、その問題をどんどん解いたり、過去問の解き直しをしたりすることで、解ける問題が増え、楽しくなっていきました。受験当日、私は車の中から緊張していましたが、会場に着いたら先生の顔を見て安心し、言葉をかけてもらって、とても心強かったです。そして、自分の力を十分に出すことができ、第一志望校にも合格することができました。
 受験に合格するために大切なのは、自分のやりやすい勉強のしかたを見つけることだと思います。家族・友達・白石学習院・先生方など、受験の終わった今、私はたくさんの人に感謝しています。

【2019年度合格】五日市教室 Fクラス T・Eくん

  • 修道中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 僕は五年生から白石学習院での受験勉強を始めました。入塾して一回目の模擬試験。少し自信はあったのですが結果はぼろぼろでした。そこから何度か模擬試験を受けてわかったのですが、とにかく算数がめっぽうできず、苦しみました。他の教科では成績上位者に名前がのったものの、算数の成績はなかなか上がりませんでした。今思うとマイペースに勉強してきたことを後悔しています。でも、最後の冬期講座あたりから算数の成績アップにつながったことがあります。それは基本の確認です。テキストや前にやったプリントの復習をすると、過去問で合格点を取れるようになりました。基本の確認はとても大切だということを思い知ったので、今後も何事においても基本の徹底をやっていこうと思っています。
 最後に、お父さん、お母さん。体調管理や塾の送り迎えをしてくれて本当にありがとうございました。

【2019年度合格】国泰寺教室 Vクラス K・Nくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 僕は三年生の夏ごろから通塾しました。三・四年はFクラスでしたが、五年生の時にVクラスになりました。五年生の間はVクラスでしたが、六年生の最初の試験でFクラスになってしまいました。そこからがんばって勉強しましたが、二回目の模擬試験でもだめでした。
 そこで、夏休みに入ると、授業後に三・四時間残って復習したり、質問したりしました。その結果、三回目の模擬試験でVクラスになりました。しかし、夏休み明けになるとまたどんどん成績が下がっていきました。このままではいけないと思い、僕は冬休みも夏休みと同じように過去問の復習をしました。
 このように、夏休みや冬休みでたくさん勉強することが大切だと僕は思います。そして、先生にたくさん質問をして、どんどん問題を解いていくと、やり方も分かってくるし、次の時にはできるようになっていくと思います。
 泣いても笑っても中学受験は一回だけです。悔いのないように努力してください。

【2019年度合格】緑井教室 Jクラス K・Cさん

  • 市立広島中
  • 広島女学院中
  • 安田女子中
  • AICJ中

 私は、六年生の夏期講座から塾に通い始めました。このままでは第一志望の学校には行けないと自分でもわかっていました。勉強をしても全然他の人に追いつけなくて困っていた時に、先生方が私のために補習をしてくださったり、楽しく授業をしてくださったりしたので、たくさんのことをおぼえることができました。
 面談の時、私は先生に「第一志望の学校に合格したら奇跡」と言われました。その時私は、自分の今の結果に満足してはいけないことに気づき、夜の九時半近くまで自習をすることにしました。自習時間には、分らない問題を質問したり、友達に聞いたりして苦手をなくすことに努力しました。今思えば、先生が私に言った「合格したら奇跡」という言葉が「私にだってできる」という思いにさせ、私の気持ちに火がつくもとになったのだと思います。
 入試当日には先生方が応援に来てくださったので、緊張もほぐれてよい状態でのぞむことができました。そして、結果発表の日、私の番号が合格者の中にあり、とてもうれしかったです。私が合格できたのは、先生方の支えがあったからです。本当にありがとうございました。

【2019年度合格】五日市教室 Jクラス K・Eくん

  • 広島なぎさ中
  • 広島城北中

 僕は四年生から塾に通い始めました。第一志望の学校は修道中でした。
 最初は成績がまったく伸びず、受験勉強をやめたくなることがありました。それでも、あきらめたくないという気持ちもあって、がんばりました。六年生になって、先生に質問するようになりました。すると、苦手な科目の算数を少し克服することができました。そして、受験をむかえました。第一志望の学校に合格できなくて、今までにないくやしさがありました。しかし、そのくやしさをバネにして、これからがんばっていきます。
 合格できた学校があったのも、家族の支えがあったからです。今まで三年間ずっと共に戦ってきてくれた家族に感謝します。

【2019年度合格】東雲教室 Vクラス T・Hくん

  • 広大附属中
  • 広島学院中
  • 修道中

 僕は四年生の夏期講座から入塾しました。それから受験まで本当に長かったです。長かったから「まだ何ヶ月もある」とずっと勉強を後回しにしていました。気づけば六年の冬期講座。「あと一か月もある」とさすがに言えなくなり、苦手だった社会と理科に力を注ぎました。今までにやった、大量の直していないプリントを見て、後悔しました。「そのときにちゃんと直していれば」とすごく思いました。それでも必死で頑張った結果、なんとか社会・理科は少し成績を上げることが出来ました。
 しかし、困ったのは国語。これも後回しにしていて、さらに社会・理科に熱中していたため、読解チェックをほとんどやっていませんでした。ぎりぎりまで後回しにしていたけれど、なんとか志望校に合格することができました。
 しかし、今までちゃんと勉強をしておけば最後に焦らず、安心して受験を迎えることが出来ていたと思います。反省する点は数えきれないほどありますが、やる時はやることが大切だと思いました。
 本番では悔いの残らぬよう、自分を信じて頑張ってください。