合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2020年度合格】牛田教室 Jクラス M・Kくん

  • 崇徳中
  • 広島城北中
  • 修道中

 僕は五年生の時に入塾しました。入塾したときは、「受験なんてどうでもいいや。ゲームをしようっと。」と毎日ゲーム三昧でした。そのため、模擬試験の結果はぼろぼろでした。だから、一生懸命勉強を頑張ろうと思いました。けれど、たったの一日だけ・・・。六年生になるころには、「やばい、このままじゃ修道が・・・、いや、城北も受からないかもしれない。」と六年生初の模擬試験の結果を見て、そう思うのでした。だから、修道や城北など入試を受ける学校すべて合格するように、「修道に受かったら、あんなことやこんなことができて、毎日が楽しく色あざやかになるだろうな。」と、第一志望校で楽しく過ごしている姿を想像しながら勉強することで、五年生の時よりは勉強する量が増えて、質も良くなりました。そして、修道に合格しました。
 つまり、これを読んでいる四年生や五年生に言いたいことは、未来の姿を想像することで、受験勉強を頑張れるということです。もう勉強したくないと泣いてくじけることがあると思うけど、頑張れ!

【2019年度合格】東雲教室 Jクラス Y・Kくん

  • 近大附属東広島中
  • 広島城北中
  • 崇徳中

 自分は五年生の冬に白石学習院に入りました。入ってすぐの頃は緊張していました。一ヶ月たった頃に、自分はJクラスだったのでFクラスへ行きたいと思い、がむしゃらに勉強して、二月の模擬試験でFクラスにあがりました。しかし、Fクラスにいることで少し気がゆるんだのか、次の模擬試験でJクラスに落ちました。そこで、Fクラスに戻りたい一心で勉強して七月の模擬試験でFクラスに戻れたのはうれしかったです。ところが、夏休みだったこともあり、気がぬけてしまったので、九月の模擬試験でJクラスに落ちてしまいました。そこからまた、がんばったのですがFクラスに行けることはありませんでした。
 自分はJクラスで必死に勉強しました。一月からは毎朝五時に起きて新聞を読みました。その結果第一志望校に合格できました。
 VクラスやFクラスでなくとも努力すれば第一志望校に合格できる確率は十分にあるのでがんばっていきましょう。

【2019年度合格】東雲教室 Fクラス A・Nくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 崇徳中
  • 広島なぎさ中

 僕は五年生の秋ごろから白石学習院に入塾しました。最初のころは、塾の授業を受けて、ただただ出された宿題をしていくだけでした。この勉強方法でもJクラスの上位は取れたものの、Fクラスでは最下位か最後から2番目でした。そこで僕は、六年生の夏期講座から、宿題だけでなく、授業の後に自習をしたり、家での勉強時間を増やしたりしました。そのおかげで、僕は第一志望の修道中に受かりました。
 これから受験をする人たちは、自分の目標を忘れずに受験への勉強を頑張ってください。自分が行きたい学校に受かったらとても嬉しいです。「自分は絶対受かる」という思いを持って勉強しましょう。