合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2018年度合格】東雲教室 Vクラス S・Hくん

  • 修道中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 僕は、どの入試も、前日からすごく緊張していました。入試の会場に行っても、緊張は解けませんでした。どの学校も人がいっぱいいて、それを見た時は、本当に合格なんてできるのか心配になりました。しかし、いざ試験の本番になると、緊張せずに試験を受けることができました。
その理由は二つあります。一つ目は、入試の前日や当日に家族がはげましの言葉をかけてくれたからです。その言葉によって、緊張がやわらぎ、不安がなくなりました。また、お弁当を入れる袋の中に、メッセージが書かれた付箋が入っていました。それにより、午後も頑張ることができました。
二つ目は、入試の会場に、白石の先生方が待っていて、はげましの言葉や気をつけるポイントを言ってくださったからです。だから、僕は落ち着いて試験を受けることができました。はげましてくれた家族や白石の先生方にとても感謝しています。

【2018年度合格】東雲教室 Vクラス K・Sくん

  • 広島学院中
  • 県立広島中
  • 修道中
  • 広島城北中
  • 市立広島中

 僕は、四年生の時に塾に入りました。算数と理科は得意でしたが、国語と社会は苦手でした。六年生になって志望校が決まり、そのことを担任の先生に言うと、「苦手な科目がなくなるまで合格できない」と言われました。僕は、苦手な科目をなくすため、国語は過去問、社会は先生からもらったプリントをやりました。すると、社会はそれなりに点数が取れるようになりましたが、それでも国語は苦手なままでした。どうすればいいかなやんでいた時に、先生に「難しい問題にもチャレンジしてみよう」と言われました。僕はその日から、過去問の中でも特に苦手な、心情を問う記述や主題を問う記述の問題にチャレンジするようにしました。そして、志望校の過去問では、その年の合格最低点に近づけるようになりました。また、総合点でも、合格最低点を超えられるようになりました。今では、先生の「チャレンジしてみろ」という言葉のおかげで志望校合格へ近づくことができたと思っています。

【2018年度合格】緑井教室 Jクラス H・Tくん

  • 修道中
  • 広島城北中

 僕は六年生の秋から白石学習院に入りました。入塾試験で先生にほめてもらえたのでうれしかったです。しかし、いい気分でいられたのも一日でした。僕はみんなについていけず、特にまだ学校で習っていない理科と社会ができませんでした。だから、暗記プリントを必死で覚えました。すると、だんだんみんなについていけるようになりました。
 しかし、答練会ではなかなか点数が伸びず、第一志望校の判定もD判定でした。僕は落ち込みましたが、「友達も頑張っているからへこんでいる時間はない」と思い、気持ちを切り替えて頑張りました。その後、最後まであきらめずに努力を積み重ねました。
 その結果、緑井教室内の月間MVPで「しがみついているで賞」をもらい、自信がつきました。
 そして本番、無事に合格することができました。先生とクラスメートに出会えたことにとても感謝しています。ありがとうございました。
 

【2018年度合格】牛田教室 Fクラス S・Tくん

  • 広島学院中
  • 広大附属中
  • 修道中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 僕は四年生の夏休みに塾に入りました。最初は緊張したけれど、しだいに楽しくなっていきました。僕が学院に行きたいと思ったのは三者面談が終わってからで、それまでは特に目標もなくただ勉強をしているだけでした。六年生の夏休みはゲームばかりして、勉強もしていなかったので成績がものすごく下がりました。そのあとの三者面談でクラス担任の先生と話して、学院に合格すると決め、それに向かって勉強を頑張りました。国語が不安定だったので読解チェックを毎日やっていく、理科が苦手だったので勉強時間を増やすなどしてやっていくと成績が少しずつ上がっていきました。そして学院の受験の日には腹痛が起きるなどアクシデントもありましたが、無事に合格できました。勉強では、成績は努力すれば必ず上がります。みなさんも勉強をさぼらずコツコツとやっていきましょう。

【2018年度合格】牛田教室 Vクラス W・Yくん

  • 広島学院中
  • 修道中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 僕は四年生の時、白石学習院に入塾しました。最初の模擬試験。そこでボロボロな点数を取り、努力をしないといい結果は出ないことを知りました。それに対して、順位表に初めて十三位のところに名前がのった時はとてもうれしかったです。
 五年生になり理科、社会が追加されました。五年生から予定表に勉強することを書き、勉強し終わったら消していく勉強法をしました。いつも母が予定を書いてくれて、夜に社会、理科の暗記科目を覚えたかチェックする母テストを行いました。このように勉強していったから、志望校合格が達成できたのだと思います。
 六年生になると勉強する時間が長くなりました。一日中勉強した日もありました。過去問で点数が悪くておちこんだり、良い点数をとって喜んだりしました。そうして広島学院中学に合格することが出来ました。合格できたのは、いい先生、友達に会えたからだと思います。

【2018年度合格】西条教室 Jクラス H・Kくん

  • 県立広島中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 僕が、この白石学習院に入ったのは、小学四年生でした。はじめはしっかりと勉強をするためだけに入っていて、受験のことは考えていませんでした。しかし、周りの友達が受験をするということもあり、僕も受験をしようと思ったのが合格への第一歩でした。
 六年生の一番大切な時期といっても過言ではない夏休み。僕の苦手な科目は国語と算数です。この夏休みに大きな失敗をしました。それは、自分の好きな科目の勉強を主にしてしまったことです。そして、答練会で国語や算数の結果が悪かったり、よかったりして安定しませんでした。そのため、冬休みでは、国語は読解チェック、算数は過去問を塾で今までよりも遅く残ってやり続け、塾の先生に質問をしました。その結果、過去問で前よりも点数が取れるようになりました。適性対策としては、過去問をひたすら繰り返し、何度も先生に添削してもらいながら、自分の弱点となっているところを克服していきました。塾の授業内で対策を万全にできたことも自信につながったと思います。
 受験生へのメッセージとして、好きな科目ばかりやって苦手科目をおろそかにしないように勉強をしてください。そして、夏休みは自分の苦手科目をたくさん勉強して、苦手科目を克服できるようにしましょう。

【2018年度合格】緑井教室 Jクラス F・Kくん

  • 市立広島中
  • 広島城北中

 僕は、四年生の夏期講座の時に入塾しました。入塾して五年生になった時に僕の嫌いだった社会と理科が加わって、あまりついていけなくて不安でした。それで試験の時は社会がいつも足を引っ張ってしまい、嫌になりました。
 そして六年生になって、先生が生徒たちに、六年生になったのだから、あせらなくてはいけないなどということを言いました。そして僕は、適当に過ごしてはいけないという気持ちから、気合を入れるために、自習に行ったり、塾に早めに行ったりして勉強をするなどして、成績を上げていきました。なので、答案練習会などではすべての教科を平均的に上げることができました。
 そして、入試が始まりました。そして学校の門のところで先生が僕に応援してくれて、緊張が少し取れました。そして、合格という電話が来て、とてもうれしかったです。僕は、白石学習院で良かったと思いました。

【2018年度合格】牛田教室 Vクラス M・Kくん

  • 修道中
  • 広大附属中
  • 広島学院中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

 僕は四年生の後期に塾に入りました。四年の時は楽しくガツガツ勉強していましたが、五年になり少しずつ勉強についていけなくなり、一度クラスがJに落ちてしまいました。しかし深く落ち込まずに頑張って勉強をしていたら、成績が上がってすぐにVFに戻ることができました。それからは気を抜かずにコツコツ勉強してその成績を維持することができました。
 受験を通して後悔していることもあります。それはやる気を出して本気でやろうとしても、なかなかやる気のスイッチを切り替えることができなかったことです。もう少し早く切り替えることができていたら、たくさん勉強してもっと解けない問題もできるようになっていたと思います。
 このことから僕が受験で学んだことは本気を出す時期を早くすることで、自分の満足する勉強ができ、最後にいい結果が出るということでした。
 

【2018年度合格】牛田教室 Vクラス A・Tくん

  • 修道中
  • 広大附属中
  • 広島学院中
  • 広島城北中
  • 近大附属東広島中

  僕は、小学五年生の春期講座に白石学習院に入塾して、受験勉強を始めました。途中から入ったこともあり、最初は授業のスピードについていくのが大変で、「こんなので本当に自分は大丈夫なのか。無事に合格できるのだろうか。」と思っていましたが、塾に通っているだんだん授業が理解できるようになり、模擬試験でも良い成績が取れるようになって、だんだん受験勉強が楽しくなりました。すると僕は、少し調子に乗って遊ぶ時間が増えるようになりました。その結果成績は下がり始め、「このままじゃダメだ。」と思い、元の勉強スタイルにもどして勉強するようになりました。でも、一度下がった成績はなかなか上がりませんでした。なぜかと言うと、他のみんなは六年生になるにつれて勉強量を増やしていたからです。だけど、めげずに勉強を続けていたら最後の模擬試験でようやく成績が上がり無事に受験をしたすべての学校に合格することができました。自分の経験から、これから受験をするみなさんへ言える合格の絶対条件は「あきらめない心」を持つことです。これさえあれば絶対に大丈夫です。今までの成績なんて気にすることはありません。もし、今までの成績で人から何か言われても無視すれば良いんです。逆に、「絶対に合格してやる!」という気持ちを持ってそんな人たちを見返してやってください。一生に一度しかない中学受験をしっかり楽しんでください。これが僕からのみなさんへのエールです。

【2018年度合格】東雲教室 Fクラス N・Kくん

  • 修道中
  • 広島城北中

 僕は、受験を初めて経験しました。もちろん、何をすればよいかなんて、全く分かりませんでした。しかし、塾に入ったことで、周りの人よりもゆっくりでしたが、勉強法というものがだんだんとわかってきました。
 まず大切なことは、分からないところがあれば先生に質問に行くということです。自習中は、一時間に一回は先生のところに質問を持って行くなどという目安を設定すればいいと思います。これができるようになるまで、模試などで痛い目にあい続けてきたので、絶対に意識して取り組むべきだと思います。
 次に、授業が無くても塾に行くことが大切だと思います。家で勉強しようと思っても、二時間も三時間も勉強するのは難しいという人もいると思います。しかし、塾に行ったら先生に質問ができるし、勉強の環境も整っているので、勉強がしやすくなります。
 最後に、何があってもあきらめないこと。これが、この受験という山場を乗り越える秘策だと言っても過言ではありません。みなさん、あきらめずに努力をして、花をさかせるよう頑張ってください。

1 / 41234