合格体験記

年度から絞り込み

合格校から絞り込み

中学校
高校

【2021年度合格】高校受験 R・Kくん

  • 基町高校

 ぼくは受験に向けて日々勉強してきました。入試では学校成績も必要となるので学校の授業をしっかりと聞き、定期テストで高得点を取れるように勉強してきました。勉強はしっかりと量をこなして、分からないところはしっかりと考えるようにしました。つらいと思うことがあっても自分に負けずにがんばることが大切だと思います。入試に向けてまずは、1年生や2年生の内容を完璧にするようにして、そして3年生の内容も完璧にするようにしました。不安になるときもありますが、今まで自分がやってきたことを信じて受けることが大切だと思います。

 テストなどで分からなかったことをしっかりと分かるようにすることも大切だと思います。定期テストなどでも計画的に勉強するようにしてきました。入試は範囲が広いので、計画的に勉強することが大切だと思います。入試で自信を持って受けられるようにすることが何より大切だと思います。

【2021年度合格】高校受験 Y・Oくん

  • 基町高校

 ぼくが合格するためにがんばったことは、過去問をひたすら解き、実際の入試で出題されそうな問題の答えを、あらかじめ用意しておくことだ。過去問をひたすら解くことで問題の傾向や出題形式を知ることができるから、合格するには絶対必要なことだと思った。出題されそうな問題の答えを用意しておくことは、問題を解くうえでとても有利になる。

 しかし、何よりも大切なことは、体調を整えることだ。僕自身はお腹を壊しやすい体質だったから、薬を飲んだり食べるものを決めたり、前日は早く寝たりした。その結果、体調は万全な状態で臨むことができ、本来の実力を十分に発揮できたと思う。

 これらを続けられたことが、合格できた大きな要因だったと思う。

【2021年度合格】高校受験 M・Hさん

  • 基町高校

 私が選抜Ⅰを受検することを決心できたのは、塾の先生の「やるだけやってみればいいじゃん」という一言です。私は中学1年生の頃から基町高校の選抜Ⅰを受けたいと思っていました。しかし、3年生になって進路の話のときに言われるようになったのは「選抜Ⅰの勉強をしたら選抜Ⅱの勉強ができなくなる」「選抜Ⅰ落ちてもすぐに切り換えられるのか」といった現実的なことでした。私はどちらかというとメンタルが弱いため、もし落ちてしまったら立ち直れないのではないかなど様々な不安がよぎりました。そんな時に背中を押してくれたのが塾の先生や友だち、両親です。目標を明確にできたことで、あとは自分の不安な気持ちが無くなるまで努力し続けることができました。

 私は選抜Ⅰを受けるまで、失敗することと人に頼ることを申し訳なく思っていました。でも、どんなにすごい人も絶対失敗をしているし、誰かに頼っています。私は、人に頼ることは本当に大きな力になり、思いっきり頼れることが受験生の特権だと思います。私自身、恥ずかしがらずもっと早くに頼っておけば良かったなと後悔しています。そして、そんな私を気にかけて、サポートしてくださった先生方には、感謝しかありません。

 目標を明確に持つことが、努力し続けることのできる最大の力になります。全てが完璧でなくても、失敗しても良いと思います。そこから学び、成長することが必ずあるからです。今まで頑張ってきた自分とこれから頑張る自分を信じて、あきらめずに頑張ってください。

【2018年度合格】高校受験 伊藤くん 基町高校合格

  • 基町高校

  

■基町高校 合格

■伊藤くん


 

 
僕が第一志望校を決めた時期は、中3の初め頃です。これだけ早くに志望校を決められたのは塾のおかげだと思います。白石では定期的に模試が行われますし、先生との面談の際にはっきりと成績の状況を言ってくれるため、自信がついたり、逆にもっとがんばろうと思えるようになります。しかし、ここまでやってこられたのは自分の意志だけでなく、ライバルがいたことが影響していると思います。自分は、ライバルに負けないようにと努力し続けた結果、成績を上げることができたと思っているので、塾に来て良かったなと思います。受験を成功させるためには、やはり努力が一番大切になってきます。努力しても最初は結果が出ないかもしれませんが、やり続ければ必ず結果はついてきます。頭が良い人で努力していない人はいないです。努力こそが自分の限界突破への道なので、あきらめず継続してください。がんばれ、受験生。

【2018年度合格】高校受験 城田くん 基町高校合格

  • 基町高校

  

■基町高校 合格

■城田くん


 

 
選抜Ⅱの一日目、最初の科目は私の苦手な国語でした。国語が終わったとき、自分が全然できていないことを知り、ひどく落ち込みました。内申点はそこそこあったものの、当日点が悪いから落ちてしまう。という悪い想像をしてしまい、動揺が収まらないまま二科目目、三科目目と受けてしまいました。しかし、このままでは三年間が無駄になると思い、気持ちを落ち着かせて二日目を迎えました。二日目は一日目と比べ少し落ち着いてできました。しかし、二日間を終えて「ああ、もう少しやっておけばよかったなぁ」という後悔の気持ちが生まれました。今回受かることができたのは白石学習院で三年間学ぶことができたからだと思います。なぜなら、この三年間支えてもらったおかげで高い内申点をとることができたからです。内申点は試験で有利になるだけではなく当日の自信にもつながります。この三年間の経験を活かして高校生活も頑張っていけるようにしていきたいと思います。

【2017年度合格】高校受験 尾﨑さん 志望校を体感せよ

  • 基町高校

 

■基町高校 合格

■尾﨑さん

志望校を体感せよ

 私はせっかく勉強をがんばるなら最難関校を目指そうと思って、志望校を基町高校にして受験勉強をしていました。でも、自分は本当に基町高校に行きたいのかとずっとモヤモヤしていました。
 しかし、中3の秋の基町高校の学校説明会に行き、モヤモヤが決意に変わりました。学校の雰囲気や先輩たちのイキイキとした表情を見て、ここに行きたい!!という強い意思を持つことができました。もし行かずにあのまま受験していたら合格できていなかったと思います。当たり前のことかもしれないけれど、自分の気になる高校には必ず行って自分の目でみるべきだと思います。周りの人の話を聞くのも大事ですが、実際に高校の雰囲気を味わうのはもっと大事です。志望校への強い気持ちがあれば、受験への不安や辛さも乗り越えられると思います。
 白石には最後まで共に戦ってくれる仲間がいるので志望校への強い気持ちを持っていれば合格の力はつくと思います。頑張って下さい!!

【2016年度合格】高校受験 S・Uさん たくさんの後悔を乗り越えて

  • 基町高校

私は選抜Ⅱの試験を受けて最初に思ったことは、ここまで手応えがないテストは初めてということでした。その理由は今年の試験は昨年と全く傾向が違い、記述題が多く出されて、自分の答えがあっているか、間違っているのか全く分からなかったからです。塾では、先生に傾向が変わっても対応できるようにと言われていたのに、試験が終わった後は情けないなと思いました。同時にああをしておけばよかったという後悔は合格発表日まで続き、早く結果を知りたいという思いと落ちているかもしれないという不安でいっぱいでした。
たくさんの後悔を抱えながらも、今笑えているのは受験に向かって一緒に頑張ってくれた学校の先生や塾の先生、疲れている私を気遣ってくれた家族のおかげです。
受験という1つの経験から努力の大切さや勉強の仕方を学び、最も大切な愛も感じました。合格したことよりも支えてくれる人がたくさんいることを知れたことが嬉しかったです。

【2016年度合格】高校受験 R・Yさん 思いは実現する

  • 基町高校

私が基町高校創造表現コースに進学をしたいと考えたのは、小さい頃から絵が好きで、将来は絵に携わる仕事に就きたいとずっと思っていたからです。
合格するためには、絵(デッサン)の練習と勉強の両立をしなくてはならなかったですし、塾と学校の勉強を両立させることも大変でした。絵(デッサン)はやり始めてすぐに成果が出るわけではないので不安でした。高校受験が人生初めての受験でもあるため、分からないことが多く、誘惑に負けて遊びたいと思うこともありました。でも「どうしても基町に行きたい」という強い思いがありました。それが原動力となり、志望校のためなら苦しいことも乗り越えられました。
これから受験する後輩の皆さん。まずは本当に行きたいと思える高校を見つけてください。そうすれば嫌な勉強も頑張って最後までやり遂げられます。そして勉強を一生懸命してください。必ず成果が出るはずです。合格に向けて頑張ってください!

このサイトを広める