ざっくばらん

砂糖税

英国の小学生一年生の10人のうち1人が肥満児ですが、最終学年になると5人に1人が肥満になっているそうです。英首相は2018年から新しい砂糖税を清涼飲料会社に課すことを発表しました。その理由として子供たちは毎日清涼飲料水を飲む傾向があること。2番目の理由として、その飲料水の中でも砂糖含有率が極めて高いものがあることを挙げています。税収は毎年、約5億2千万ポンド(約833億円)に上る見込みで、小学校のスポーツ活動資金に充てるといわれています。個人的意見ですが、日本が砂糖税を導入することはないでしょうね。

 

By the start of primary school, one in 10 kids in England is obese and by the end, it is one in five. Obesity is one of the major health issues among teenagers today. The chancellor has announced that a new sugar tax on the soft drinks industry will be introduced in the UK beginning 2018. The reason is that kids who drink soft drinks tend to have them every day, and some of the drinks are incredibly high in sugar. All the money raised – an estimated £520m a year – will be spent on increasing funding for sports in primary schools. As of now, it is unlikely that Japan will follow in England’s footsteps..

このサイトを広める