ざっくばらん

食べるビール?

ビールを食べたことがありますか。リゲーン醸造所の二人の社員は醸造過程が非常に非効率的だとわかりました。というのも醸造後大量の原料の残りかすがあるからです。ビール醸造会社では普通これを廃棄することにしています。それゆえ何とか他に転用し商品化できないかと考え、栄養価の高い食用バーを製造することになりました。このバーがビールのような味だと錯覚すれば、実はホップスが入っていないためがっかりする方もいらっしゃると思います。しかし美味しくてお客満足度の高い商品になっています。これはまさに酒かすからできた甘酒のような地球環境にやさしい商品なのです。試食してみますか。

 

Would you like to eat beer? Two guys at Regrained Brewery realized that the brewing process is very inefficient, because there is a huge amount of leftover grain left after the mashing process. Brewers often compost this material. Therefore, they decided that they could re-purpose these grains into something else, such as nutritional bars. If you expect the bars to taste like beer, you’ll be disappointed, simply because there’re no hops in the bars. However, people say that the bars are delicious and satisfying. It’s a sustainable product, just like “amazake”: a sweet drink made from malted rice. Give it a try.

 

2016/09/01

このサイトを広める