ざっくばらん

「ざっくばらん」最終号

「ざっくばらん」をいつもご覧いただきありがとうございます。「光陰矢のごとし」と言いますが、長い年月連載できましたことは大変光栄です。そもそも、このコラムの目的は、生徒の皆さんに大きな視野を持って欲しいこと、日本語と英語の言語で物事の解釈の違いがあることを知ってもらうことでした。そろそろ、その役目も果たせたように思います。ご覧いただきありがとうございました。

振り返れば、当院は、1975年に誕生し、皆様のご声援を得て46年間、しっかりと世代交代をした「老舗」と呼ばれ、広島では稀有な存在として今に至っています。開校以来、抜群の指導力、面倒見のよさ、無理なく子供達の潜在力を確実に開花させていくこと、すなわち「教え、育み、飛翔」を教育方針としています。その方針が生徒さんの成績向上・受験実績向上に直結しているのです。教師は挫けそうになったときには励まし、辛抱強く立ち直る姿を直視し、生徒さんの小さな成功体験を称えてきました。というのも、お預かりした子供には成功者になる能力があると信じているからです。

最後に、生徒の皆さんも東京オリンピック大会で破竹の勢いで活躍している若い日本人選手のように、大きな志をもって、将来、世界に羽ばたいて欲しいと願っています。

 

I am really delighted to know there have always been many fans of this column. Time sure flies. I have been writing this blog once a month for a long time. The purpose of this column was to encourage you to develop broader perspectives. I also wanted to help you learn about different cultures in both Japanese and English. I feel I have already served my purpose. By finishing this column, let me touch upon our education beliefs again.

Our educators’ beliefs haven’t changed even a bit since we established our school 46 years ago. We have dedicated ourselves to taking care of students, polishing our skills and waiting patiently to realize their potentials. We firmly believe that these methods can lead students to success.

When our students feel defeated, we motivate them by speaking words of encouragement, even if they don’t believe them yet. We wait patiently for them to fight through their fears and impulses to give up. I praise them for their smallest successes. Most importantly, we are vocal about our belief in their ability to be successful.

Last but not least, students, be ambitious like the young Japanese Olympic athletes.”

このサイトを広める