ざっくばらん

スポーツの広がり

サンフレッチェ広島の新たな本拠地となるサッカースタジアム「街なかスタジアム」は、今から3年後、2024年に完成予定です。集客目標は、中央公園広場全体で現在の年間96万人から約2.3倍増えた220万人。久保 允誉サンフレッチェ会長は、新しいスタジアムは、スタジアムを経由して平和公園から広島城まで広域的に人の流れを生み出すものであり、その結果、市中心部の再活性を図ることができると述べています。その施設には感覚過敏を抱えるファンに配慮した観客席「センサリールーム」を常設し、900席を割り当てるといいます。これは日本で初めての試み。確かにオーティズムなどを抱えるファンにとっては朗報です。

もう一つの良いニュースは、女子プロサッカーチーム「サンフレッチェ広島レジーナ」が今年、日本初日本女子プロサッカーリーグのクラブ所属チームの一員となり,プロ第一歩を踏み出します。リーグ名称の「WE」は「Women Empowerment」の略です。25名のレジーナ選手のうち元日本代表が6人合流し、キャプテンは海外でも活躍したなでしこリーグの元日本代表近賀ゆかり選手です。9月に公式戦が開始されますが、現在プレシーズンの試合が行われています。コロナ過でも広島では新しいことが次々生まれ進化しているのを実感しています。勉強の息抜きに新しく誕生したサンフレッチェレジーナを観戦して楽しみましょう。

 

A new Hiroshima soccer stadium is going to be built in the city’s central park in 2024.
Masataka Kubo, Chairman of the Sanfrecche Hiroshima team said, “We expect that the presence of our new stadium will create a new flow of people, starting from Peace Park to Hiroshima Castle, via the stadium, which as a result will revitalize the whole inner-city area.” They are also going to set up a quiet room for fans with sensory difficulties, the first facility of this kind in Japan, because there are so many autistic kids nowadays.
Some more good news is that the Sanfrecche Hiroshima Regina team, the first professional female soccer club, was established in Hiroshima and has joined the Japan women’s professional soccer WE (Woman Empowerment) league. There are 6 former national soccer team players for Japan among the 25 Regina players. They invited a veteran player, Yukari Kinga, to be the captain of this team. They will officially kick off in September, 2021. Currently, we can enjoy watching their pre-season matches. It’s really great to see that new things are steadily evolving in Hiroshima.

Let’s have some fun, shall we?

このサイトを広める