ざっくばらん

心躍らせる春

 

春ほど美しいものはない。

野の草が、めくれるように、伸びやかに、美しく、青々と芽を出す。

鶫(つぐみ)の卵は地上の小さな空のよう。

鶫のさえずりはこだまする森を通り抜け、耳をすすぎ、絞るよう。

その鳴き声が、稲妻のように響くのだ。

ガラスのようにつややかな梨の木の葉や花が、垂れ下がる大空に

軽く触れる。その空の青色は、溢れるほどに豊かに降り注ぐ。

駆け回る子羊もまた、美しく飛び跳ねる。

この美しさの本質は、この喜びは、一体何だろう。

 

これはジェラード・マンリ・ホプキンスという19世紀イギリス・ヴィクトリア時代の詩人の「春」という詩歌です。皆さんは今年も心躍らせて新しい学年に進級し、新入生を迎え入れます。どんな厳しい環境下でも草木は確実に春を迎えます。皆さんが、しなやかな思考、日々の小さな成功を積み上げ、友を大事に、自分の今年の目標に向けて大きくこの春羽ばたいていくことを心から願っています。

 

Nothing is so beautiful as spring; When weeds, in wheels, shoot long and lovely and lush; Thrush’s eggs look little low heavens, and thrush Through the echoing timber does so rinse and wring The ear, it strikes like lightnings to hear him sing; The glassy pear tree leaves and blooms, they brush The descending blue; that blue is all in a rush With richness; the racing lambs too have fair their fling. What is all this juice and all this joy?
This is a poem,” Spring”, written by Gerard Manley Hopkins a 19th century English Victorian poet.
Just like all trees and flowers start to bloom in April in spite of how harsh our environment is, you move up to the next grade in your lives as students. I hope you will nourish flexible thinking, accumulate small successes and deepen your friendships. With these in mind, I hope every one of you will steadily reach out and strive for your goals this year as well.

このサイトを広める