ざっくばらん

国際宇宙ステーションと民間企業のコラボ

需要が高まっている宇宙開発事業にこれからの若い人たちが今後どうかかわっていけるのかを想像したことがありますか。空高く見上げるとその先の宇宙空間では、人間が開発した通信機材が動き、国際宇宙ステーションでは人が働いているのです。この未開拓の宇宙開発へのビジネスチャンスは未曾有といえます。高まる需要にあわせ、NASAは役目を終えたスペースシャットルに代えてその業務を民間2社に委託しました。Space X Dragon社とBoeing CST-100社ですが、Space X Dragon社が優れた技術力と再使用できるロケットを使用して従来の半分の価格で提供することにより優位に立っています。
Space X Dragon社は、すでに、複数回、定期貨物を国際宇宙ステーションへ搬送ならびに回収作業をしています。さらに将来ビジョンとして火星などへの宇宙飛行士や旅客を送る計画も持っているそうです。
日本では、やっと堀江貴文さんの率いる民間宇宙会社がロケット発射に成功しましたが、記者会見でSpace X Dragon社に追いつくように努力すると述べています。宇宙産業は始まったばかりですから、皆さんのような優秀な生徒さんが宇宙開発分野にも携わる日が近い将来来るのではないでしょうか。
(当院のエデュパークでは、二年に一回JAXAのツアーを行い子供達への啓発活動をしています。)

 

Have you ever wondered how you can contribute to our ever-growing need for space exploration? Let’s look high up in the sky and imagine that something you have helped to create is up there somewhere. The opportunities in this field are continually growing. As part of this growth, NASA has recently decided to do away with its own space shuttles in order to outsource this service to two different companies. The US selected two private spacecraft companies that take astronauts and cargo supplies to the International Space Station. The Space X Dragon is far ahead of Boeing CST-100 in the field of the Commercial Crew Program.
Space X has delivered cargo to and from the space station multiple times, providing regular cargo resupply missions for NASA. Someday, Space X hopes to use the Dragon to take astronauts and tourists to other destinations, like Mars.
In Japan, the entrepreneur Takafumi Horie said that his aerospace company may soon catch up with industry leaders, such as Space X, in the commercial space business. This aerospace industry is waiting for young hopefuls like you to turn their far-reaching goals into reality.

 

このサイトを広める