合格体験記

緑井教室 Vクラス K・Kさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中
  • 安田女子中

 私は、五年生から二年間塾に通いました。入塾当時は、志望校がなかったので、やる気が出ず、ただ両親に言われたことをやってばかりいました。

 五年生の一月になると、同じ教室の六年生の結果を耳にすることがありました。その時に初めて、来年にはこうなるんだという、受験の実感がわきました。そして、その時期に志望校も決まり、やる気が出てきて、前よりは勉強するようになりました。

 私は社会が全然できませんでした。五年生の最後の模試では、社会は偏差値五十を下まわりました。そのことがとてもくやしくて、社会の勉強をたくさんするようにしました。特に六年生の夏休みは、たくさん社会の勉強をして、成績が上がってきました。

 入試当日は、あまり緊張せずに試験を受けることができました。特に、面接のときには、言葉につまってしまったりするのがこわくて、少しきんちょう気味でしたが、係の生徒さんとの会話や、面接官の先生が笑顔で聞いてくださったことで、楽に話すことができました。試験は、自分なりに全力を出しきれたので、安心して合格発表を待とうという気になりました。

 合格発表は、合否照会システムなので、自分の受験番号を入力した後、次に進むのがとてもこわかったです。次に進んだ後、目をつむっていたら、母が「おめでとう」と言ってくれたので、合格したと知り、とてもうれしくなりました。

 私は中学受験を経験して、コツコツと勉強していくことの大切さを知ることができました。また、受験は「合格」をもらうためにたくさんの人に支えられ、感謝するきっかけになりました。