合格体験記

東雲教室 Vクラス Y・Sさん

  • 広島女学院中
  • 広島なぎさ中
  • 近大附属東広島中

 私は四年生の冬期講座から塾に通い始めました。最初は受験勉強のことは考えておらず、「お母さんに言われたから」という理由で塾に来ていました。しかし、そのうち、「楽しいから」という理由に変わっていきました。

 今考えると、自分がここまで続けることができたのは、最初がとても楽しかったからだと思います。また、「つらかったらいつでもやめていいよ」と言ってくれた母のおかげです。だから、母にはとても感謝しています。

 行きたい学校が決まると、余計に楽しくなりました。六年生の夏休みは授業後毎日自習をしました。それは、苦手だけど大好きな算数を少しでもできるようにするためです。

 私は授業が終わると毎日自習室に行き、先生に質問ができる午後七時十五分ぐらいまでの間、質問するところにふせんをつけて質問をしていました。長いときは一時間ぐらい質問させてもらっていました。でも、先生はどんなに長くなっても嫌な顔一つされませんでした。それで私は少しだけ安心していました。

 夏休みの間、毎日朝から夜まで残るのは大変だったけど、とても楽しかったです。問題が一問ずつ解けていくと、とてもうれしかったです。

 しかし、怒られるときはやっぱり嫌でした。でも先生のお説教はアドバイスばかりで、いつもやる気を出させてくださいました。そして、お説教のあとはいつも余計にやる気が出て頑張ることができました。

 このように、私の初めての中学受験の思い出は、楽しいこともつらいこともたくさんありました。でも、常に楽しんで全力で頑張ることができました。こうして、私を常に楽しく勉強させてくれたのは、家族や塾の先生たちでした。本当に感謝しています。

 私は、この中学受験という経験を活かして、これからも中学で頑張っていきたいと思います。