合格体験記

西風新都教室 Fクラス R・Kさん

  • 広島女学院中
  • 安田女子中

 志望校に合格し、自分の努力が認められたようでほっと安心したと同時に受験のためにたくさん勉強してきて良かったと思いました。

 「学問には平坦な大道はありません。そして学問の険しい坂道をよじのぼる労苦をいとわないものだけに、その明るい頂上にたどりつく見込みがあるのです」思想家のカールマルクスはそう言っています。受験の直前と直後は、あぁそうだなと思いました。私は算数が苦手でいつも「嫌いなところは入試に出ない問題だからやらなくても良いか」と思って、心の奥では「逃げちゃだめだ、やらなければならないんだ」とは思いつつも逃げてばかりいました。そうして迎えた最後の答練会。結果は自分が全く納得のいかない結果になりました。担任の先生にも「自分の嫌いな問題に逃げ続けている」と指摘され、このままでは不合格になると思いました。そして自分の苦手な算数に力を入れ、先生にたくさん質問して克服していきました。

 試験当日。誰の心にも不安と自信がありましたが、私は自信の方が強かったです。入試が終わり、結果は合格。やっぱり勉強して本当に良かったと心から思えることができました。

 今、後輩のみなさんに伝えたいことは「自分の苦手科目から決して逃げないこと」です。勉強は主に苦手科目をやる、そんな風に勉強していけばきっと最後は笑顔になれるはずです。自分の苦手科目をやることはやっていて嫌になってきます。得意科目をやる方が楽しく勉強できます。しかし、苦手科目を克服することで自分の成績が良くなります。だから苦手科目を勉強することがお勧めです。