合格体験記

西風新都教室 Vクラス Y・Mくん

  • 広大附属中
  • 広島学院中
  • 修道中

 六年生の成績は波がありました。高く上がったと思えば下に落ちる。先生からは「勉強してないとは思わないが勉強しているとも思えない」と。その言葉がささったのか広大附属中に合格することができました。

 その中で自分が感じたことがあります。それは「勉強の質」です。どんなに多く勉強をしてもそれが役に立たなければ意味が無い、役立つことを勉強するべきだと思いました。

算数は逆比を利用する問題、国語は記述をしっかりとミスをせずに書く、社会は配点が大きい歴史をミスなく取れるようにすること、理科は基本語句を重点に置きました。これが合格につながったのかもしれません。

 そして苦手を徹底的に無くすことです。苦手な分野があれば点は下がり、不利になります。そのため苦手な箇所を見つけることを、過去問を通して行い、無くしていきました。

 悪い点もありました。それはこのことに気付くのが遅かったことです。自分は勉強を始めることが少し遅れましたが、受験をするみなさんは夏前からエンジンをかけ、入試前でラストスパートをかけるよう心がけてください。そうすれば勉強も楽になり、ここまで苦労することは無いと思います。

 この一年間を通して自分が感じたのは勉強も大切ですが質が必要であること、早いうちにエンジンをかけておくことです。入試前には緊張するかもしれませんが適度に緊張はしてください。来年受験をする人は自分が思ったことを参考にしてもらえたら幸いです。合格を願います。