合格体験記

【2020年度合格】牛田教室 Vクラス I・Mさん

  • ノートルダム清心中
  • 広島女学院中

 私は三年生の後期に入塾しました。五年生のころまでは、宿題をするだけで、まあまあな点が取れていて楽だったけれど、六年生になると、うまくいかなくなりました。暗記は何度もくり返しやらなければ意味がないけれど、私は一度か二度やって終わっていたからです。教科での点数の差が大きくなって、社会は運まかせになってしまっていました。頑張ってもいないのに、「諦めようかな。」と思うことがありました。けれども、友達が「いっしょに頑張ろう。」と応援してくれました。お互いに問題を出し合ったり、過去問の点数で競争したりして、高め合うことができました。自分一人の力だったら、第一志望校に合格することが難しかったと思います。最後まで応援してくれた両親や先生方には感謝しています。
 受験勉強で、遊ぶ時間が減るなど、大変なこともあると思いますが、頑張ってください。

このサイトを広める