合格体験記

五日市教室 Vクラス T・Mくん

  • 広島学院中
  • 広島なぎさ中

 僕は、五年生になってから塾に入りました。五年生のうちは、模擬試験の直前に少し勉強して試験に臨んでいました。それでも成績はそこまで悪くなかったのですが、六年生になっても直前だけ勉強するくせが抜けなかったので、模擬試験の成績はだんだん下がっていきました。特に夏は遊びすぎて、これまでよりも大きく成績が下がってしまいました。

そして、夏期講座の前までに中学受験の全範囲の授業が終わり、そこからは、中学受験の全範囲が答練会に出題されるようになりました。そうすると、僕の模擬試験の成績はもっと下がりました。五年生のときのように、直前に決まった範囲を勉強するような勉強方法では、太刀打ちできなくなりました。でも、僕は範囲が決まっていないテストの勉強をどうすればよいか分かりませんでした。

 そこで、受験情報説明会で言われた、塾の授業でやった入試の過去問や各科目で渡されているプリントの解き直しを徹底してやることにしました。しかし、それもすぐに実行に移せず、先生たちに怒られました。そして、やっと間違えた問題の解き直しを集中的にやり始めて、結果が出始めました。そうすると、自分でも解き直しが大事だということがよく分かりました。また、その頃から、塾に早く来て勉強するようにしました。そうすると、とても効率よく勉強できて良いと思います。家だと周りの物に気が散るけれど、塾は気が散らないので勉強がはかどります。母や父には、僕の勉強に付き合ってもらって、感謝しています。そして、今まで教えていただいた塾の先生たちにもとても感謝しています。