スーパートレーニング

スーパートレーニング

 

「スーパートレーニング」とは

当院全教室の小学6年生を対象に、通常授業よりもワンランク上の学習をします。この会には、「本気」ライバルたちが集い、男女別々のクラス編成・少人数制で授業を行います。科目は算数、国語を中心に行います。

難関国私立中学校合格への登竜門

白石学習院では、「スーパートレーニング」に参加することが、難関国私立中学校合格への登竜門であると位置づけています。「チャンスは全ての生徒」にあり、模擬試験の結果で条件を満たせばだれでも参加することが出来ます。また、全8回実施されるので、1回でも多く参加すれば、それだけ難関校の合格率が高まっていきます。

広島大学附属中学校合格率(2019年度中学受験結果から)
全8回中、6回以上参加で31%、8回参加で36%(男子50%)の合格率

広島学院中学校合格率(2019年度中学受験結果から)
全8回中、5回以上参加で75%、6回以上参加で82%、7回以上参加で92%の合格率

ノートルダム清心中学校(2019年度中学受験結果から)
全8回中、5回以上参加で81%、7回以上参加で100%の合格率

「スーパートレーニング」の授業内容

「スーパートレーニング」の算数の授業では、上記3校の傾向に絞り、全国の入試問題から初見の問題を多く採用することによって、その場の判断力を徹底的に磨いていきます。実際の入学試験で見たことのないような問題に遭遇しても、対応できる力を付けていきます。国語の授業では、中学入試によく出てくるテーマの文章に触れていきます。ただし、文章、設問ともに普段の授業では扱わないようなハイレベルなものとなっています。「感覚」で解くのではなく、「解法」に沿って考えさせることを徹底させていきます。また、読解問題だけでなく、漢字や語句の問題でも多くの言葉に触れさせ、語彙の増加を図っていきます。

現在の学力と、受験に必要な学力とのギャップを知る

「スーパートレーニング」では、早期に目標意識を高め、受験学習への取り組みを実行していきます。

「スーパートレーニング」への参加資格

5月から12月にかけて全8回実施される「スーパートレーニング」は、実力でライバルたちに勝たないと参加できません。当院の模擬試験で偏差値60以上が参加する条件です。

 

「自分はやればできる」という自己肯定感が高まる

「スーパートレーニング」への参加回数が増えれば増えるほど、生徒たちは自信を持ち、難しい問題に対しても積極的にチャレンジするようになります。難関校合格へのとても重要な要素です。

これからの時代に求められる「あきらめない力」

生徒たちは、難関国私立中学校合格という高い目標を持ち、努力を継続することを実践し続けます。生徒たちが将来何かにチャレンジし、今まで越えたことのないような壁を越えようとする時、この経験は大きな力になることは間違いありません。

 
 
このサイトを広める