愛情レシピ

パワーフードのお米!で【みたらし団子】

お米はパワーフード!

お米は炭水化物や糖質というイメージが強いですが、実はその他の栄養素も豊富です。炭水化物が一番多い割合ですが、ビタミンやミネラル、食物繊維、たんぱく質も含まれていて、同じ炭水化物のパン類よりも脂質が少なく、たんぱく質が豊富なため、たんぱく質源としてよく働くという利用効率が高いのです。

さらに、持続力が発揮できる炭水化物の食品ということで、長い時間、運動やお勉強などカラダや頭を使うエネルギー源として働くのが得意なのです。私達が思っている以上に“お米の栄養”は優れていますので、やっぱり<何といっても日本人はお米!>ということでしょう!

カラダと脳のエネルギー源のお米ということですが、皆様もご存じのとおり、人間の脳は糖質しかエネルギーとして利用することができません。いわゆるブドウ糖です。糖質を摂らなければエネルギーが供給されず、脳は活発に活動することができなくなります。

おまけに、なんと人間のカラダに必要なエネルギーの50%~70%程度は炭水化物から摂ることが理想とされているそうです。そして、お米は粒食のため、「しっかり噛める」というメリットがあります。よく噛むということは、脳を刺激して脳機能をアップし、自律神経のコントロールを促すことはもちろん、唾液がよく出て消化吸収率が上がるので、胃腸をしっかり鍛えて動かしてくれる食材でもあるのです。

お米は、カラダと心と脳を活性化させて、持続力と集中力アップにつなげるためには持って来い!の【受験生のパワーフード】と言えそうです。
そんなお米のパワーを見逃すわけにはいきませんよね!まだまだ続くステイホーム。

お子様の三食の食事やおやつ等、切実な関わりの中でアレコレと言うつもりはありません。

ただ、お子様にも喜んで楽しんでもらいたくて、“お米のパワー”を活用しながら、皆様ご一緒に、残りご飯で【みたらし団子】を作って、おやつにしてみませんか~♪残りご飯なのに、素早く作って食べられ、パワーフードでかつエネルギーチャージにもなる【みたらし団子】ですよ!

【みたらし団子】  

・残りご飯   茶碗1杯

  ~約15個位のお団子ができます!

(・片栗粉:水  各大さじ1)

<みたらしのタレ>

  • 醤油     大さじ2
  • 砂糖     大さじ3
  • みりん    大さじ2
  • 片栗粉    大さじ1
  • 水     80~100cc位

①タレの●を鍋に入れて火にかけ、よくかき混ぜる。お好みのトロミがついたらOK!

*レンジ600wで1分20秒くらい加熱でもOK!ですが、固まるので途中でかき混ぜなら行なってください。

②ご飯を温めてボウルに入れ、水で濡らした麺棒でつく。多少潰したら、(水と片栗粉を入れて、さらについて粒が無くなってきたら)ひと塊になるようにこねる。

③手を濡らして、丸めて団子を作り、(沸騰したお湯に入れて浮いてきたら水に取り上げて)タレをかけて、できあがり!

*テフロン加工のフライパンで丸めた団子に焼き目をつけたら、本格的なお団子に~♪

★もっと、簡単に手抜きでもOKならば、ご飯をついて丸め、タレをかけるだけでも美味しい【みたらし団子】です。

このサイトを広める