ざっくばらん

群れから離れたムース

私はアメリカの西海岸シアトルから発信しているラジオをよく聴きます。その中で、デイビットさんとの対談が行われていました。彼は元酪農家でしたが、群れから離れた(ヘラジカ)ムースを育て上げ、保護地で飼いならすことで脚光を浴びることになりました。しかしながら、州法では保護のためとはいえ野生動物を3日以上飼育することが禁止され、しかも長期間飼いならすことも禁止となっているものですから大変なことになっています。デイビットさんは道義的責任があると強く反発しています。最終的に州は彼のような手法を許可するのでありましょうか、それとも自然界に戻れない動物を死に追いやるのでしょうか。(日本にも同様な動物法があります)

 

I usually listen to a radio station out of Seattle. There was a program about David, a retired dairy farmer, who has gained a growing reputation for nurturing orphaned moose, allowing them to reach maturity and live within a protected preserve. These animals are living as they would in the wild. However, state laws prohibit the rehabilitation of a wild animal for over three days and also forbid the confinement of wild animals. He is vehement in his belief that there’s a higher moral purpose to be served. Will the State reconsider and allow David’s practice to exist or will these animals be condemned to death?

 

2016/11/01

このサイトを広める