ざっくばらん

歴史の勉強 ユダヤ人救出

杉原千畝(すぎはらちうね)氏は、第二次世界大戦中、日本領事館領事代理として赴任していたリトアニアで、ナチス・ドイツによって迫害されていた6000人のユダヤ人にビザを発給し、彼らの亡命を手助けしたことで知られています。日本政府の方針に逆らった行為であったため職を解かれ、当時の日本社会でも疎んじられました。しかしながら、領事館前に並ぶ何百人ものユダヤ人を目撃して、悩んだ末、自分の良心に従い安全な場所を確保すべくビザ発給に踏み切りました。それ故、日本では不遇でしたが、杉原氏と奥様はこの功績により、1985年、イスラエルから日本人として唯一、「諸国民の中の正義の人」に選ばれました。イスラエル最高裁判所判事によって、ナチス・ドイツのホロコーストの中で、自らの危険を顧みずにユダヤ人を救った人々に与えられる偉大な称号です。杉原夫妻の人道的支援に感動をいつも覚えます。

 

 

Chiune Sugihara was a Japanese consul in Lithuania in 1940. He risked his career to save 6,000 Jews at the beginning of World War II. He gave Jews entry visas; this was against the orders of the Japanese government. Because of his actions, he lost his job and the trust of much of Japanese society. However, faced with the hundreds of desperate Jews lined up outside the consulate, he followed his conscience and sent them to safety. He was fired due to this misdeed, but Jewish society honored him and his wife as “Righteous Gentiles” in 1985. This is what benevolence is all about.

このサイトを広める