合格体験記

【2021年度合格】高校受験 M・Hさん

  • 基町高校

 私が選抜Ⅰを受検することを決心できたのは、塾の先生の「やるだけやってみればいいじゃん」という一言です。私は中学1年生の頃から基町高校の選抜Ⅰを受けたいと思っていました。しかし、3年生になって進路の話のときに言われるようになったのは「選抜Ⅰの勉強をしたら選抜Ⅱの勉強ができなくなる」「選抜Ⅰ落ちてもすぐに切り換えられるのか」といった現実的なことでした。私はどちらかというとメンタルが弱いため、もし落ちてしまったら立ち直れないのではないかなど様々な不安がよぎりました。そんな時に背中を押してくれたのが塾の先生や友だち、両親です。目標を明確にできたことで、あとは自分の不安な気持ちが無くなるまで努力し続けることができました。

 私は選抜Ⅰを受けるまで、失敗することと人に頼ることを申し訳なく思っていました。でも、どんなにすごい人も絶対失敗をしているし、誰かに頼っています。私は、人に頼ることは本当に大きな力になり、思いっきり頼れることが受験生の特権だと思います。私自身、恥ずかしがらずもっと早くに頼っておけば良かったなと後悔しています。そして、そんな私を気にかけて、サポートしてくださった先生方には、感謝しかありません。

 目標を明確に持つことが、努力し続けることのできる最大の力になります。全てが完璧でなくても、失敗しても良いと思います。そこから学び、成長することが必ずあるからです。今まで頑張ってきた自分とこれから頑張る自分を信じて、あきらめずに頑張ってください。

このサイトを広める