合格体験記

西風新都教室 Fクラス H・Sくん

  • 修道中
  • 広島城北中

 今過去を振り返って思うことは、なかなか受験勉強に取り組めなかったということです。みんなが五年生の半ば、六年生のはじめ頃から必死に取り組むのに対して、僕は六年生の後半からようやく取り組むようになりました。入試の過去問をやりながら、これはまずいなと危機感を感じたからです。

 今思うことは、やはり自分から取り組まないとだめだということです。中学生や高校生になったら、自分でやらないといけないことがだんだん増えてきます。そのためにも、小学校の内からやっておくべきでしたが、僕にはそれができていませんでした。これから中学校生活を送る中で一番大切だと思うこと。それは、周りが何とかしてくれると思わずに、自分で解決しようと取り組むことです。

 大学受験では、早くから勉強して、準備が整っている状態で受けたいです。