合格体験記

【2019年度合格】緑井教室 Jクラス S・Yさん

  • 安田女子中
  • 広島女学院中

 私は、四年生の後期からこの白石学習院に通い始めました。私は塾に入るまで、学校ですごく成績が悪くて遊んでばかりいました。塾に通い始めてからは、得意な教科もでき始め、嫌いだった学校も行きたいと思うようになり始めました。そして五年生になって友達が増え、授業も楽しくなっていき、塾に行きたいと思えるようになり、一日一日がすごく楽しく思えました。しかし、苦手だった算数と理科でみんなと差がつきはじめ、塾が嫌いだと思い始めてきたときに、親と先生の面談があって「Yさんは頑張れば女学院に行ける」って応援されていたと親から聞いて、苦手科目だった算数と理科を強化していこうと思いました。でもなかなか模擬試験の結果が上がりませんでした。理由は、凡ミスでした。算数では計算ミスがとくに多く、次は気をつけようと思い、一度計算をしたら二回目もするようにしました。そうすると、凡ミスも少なくなり点も上がっていきました。六年生になり、算数をさらに強化していき、模擬試験の結果も上がっていき、そしてあと何か月もあるはずだったのに、あと何十日しかない時期になり、最後の模擬試験では今までで一番ひどい成績でした。これじゃあ志望校に合格できない。この結果から算数のやり方を少し変え、理科・社会の暗記ものを覚え、国語も漢字を復習して、入試当日、私は全く緊張していませんでした。むしろ他人事のようでした。そのときも白石学習院の先生がいて、この塾にしてよかったと思いました。
 無事に志望校に合格し、先生方にも喜んでいただいてすごくうれしかったです。そして、支えてくれた家族にもすごく感謝しています。いつも暖かい声をかけていただいて、本当にありがとうございました。

このサイトを広める