合格体験記

【2019年度合格】東雲教室 Vクラス K・Mくん

  • 広島学院中
  • 修道中

 僕は、四年生の時に入塾しました。四年生の時は模擬試験で一位をとることもあったけど、五年生からだんだん順位が下がっていきました。けれど僕は、全く気にせず五年生が終わってしまいました。
 六年生になってからは、受験をするという意識が出来始め、前期はとにかく算数を頑張りました。すると、成績が飛ぶようによくなりました。
 しかし後期は「このままで大丈夫だ」と気が緩んでしまい、勉強量が減っていきました。するとあっという間に入試直前になりました。ラストスパートでみんなが頑張っている姿に刺激を受けて、めげずに必死で勉強しました。なので、第一志望の広島学院中に合格することが出来ました。
 理科や社会については、冬期講座以降、暗記に使うことができる時間は次第に減っていきます。なので、皆さんは授業が終わった後に復習し、毎日コツコツと勉強して下さい。そうすれば成績は必ずアップします。
 算数は、とにかく問題を解いて知識を得るしかありません。先生に頼んで、プリントを貰ってください。
 国語は、とにかく本を読んで下さい。実際僕は本を読んでいなかったので、答練会で足を引っ張る科目になりました。
 受験は終わりではありません。始まりです。受験が終わっても、一喜一憂せず、頑張ってください。

このサイトを広める