愛情レシピ

即効☆脳チャージの「たこ」

瀬戸内、三原の名産の蛸=「たこ」!

「たこ」は世界で消費される半分以上が、日本というほど人気の食材です。

「たこ」のたんぱく質量はイカよりやや多い程度ながら、良質で高栄養・低カロリーな食材で、加えて脂質・糖質の代謝に優れたビタミンB2も、他の魚の2~5倍と大変豊富に含まれています。

そして、特筆すべき点は、魚介の中でもトップクラスに多い‘タウリン’の量!

‘タウリン’とは、栄養ドリンク等に多く含まれるものです。  

疲労回復や体力アップに優れ、免疫力を高める効果があると言われています。 

そして、受験生にとって嬉しい‘タウリン’効果は、即効に脳を活性化させるというもの!

「疲れた~」と感じた時には、即効で頭をクリアにしてくれて動きを活発化させてくれる働きがあると言われている、「たこ」は<クイックエネルギー食>のひとつなのです。

<クイックエネルギー食>とは、オリンピックに出場するようなアスリート達が、試合前の食事を取る時のもののことを言うのだそうです。

「たこ」は、即効にエネルギー源となって、力を発揮すること のできる食べ物ということです。

このような<クイックエネルギー食>の「たこ」をポイントとして、日本の伝統的な脳のエネルギー源となるごはんと一緒にいただくと、『即効☆脳チャージ』飯となるかも~、と思い、今回ご紹介するレシピは【たこの炊き込みご飯】です。

「たこ」に+ネギを使うと、健康美容効果が倍増する食べ合わせになるそうです~♪

粘膜・免疫力強化の効果がかなり期待されるようですよ。

 

【たこの炊き込みご飯】  2~3人分

・米    2合

・たこ  200g(足で2~3本位)

・生姜   2片(みじん切り)

・人参  1/3本(みじん切り)

・油揚げ 1/3枚(みじん切り)

・青ネギ 1~2本(小口切り)

・三つ葉 2~3本(茹でて結び三つ葉に)

   *残りは適量みじん切りにして、混ぜ込んでもOK!

  • 昆布茶  大さじ1 ~*簡単調味料のひとつです。
  • 酒    大さじ2
  • 塩    小さじ2

①米は洗米して水気を切り、炊飯器に入れて、2合の目盛まで水を加える。

②具材はみじん切り等にカットし、たこは食べやすい大きさにカットする。

③●の調味料を合わせて、①に混ぜ入れる。

④③に、②の具材をのせたら、スイッチON!

⑤炊き上がり後、ネギや三つ葉のみじん切りを入れ、サックリと混ぜ合わせたらできあがりです。トッピングに結び三つ葉をのせてください!

*「たこ」は冷凍して使用すると、軟らかくいただけるそうですよ! ぶつ切りの「たこ」を入れても良いですね。

 

<おまけ>

残った「たこ」を使って、さっぱり副菜

【たこ&胡瓜のおなます】です。

味付けは、ご家庭の甘酢でどうぞ!  

ポイントしては、わかめやとろろ昆布を入れると味がしっかりして美味しいですよ~♪

 

「たこ」は英語で“Octopus”=オクトパス! 

『置くとパスする!』と言われるゲン担ぎ(?!)の食材でもあります。 

「たこ」を使って、受験本番まで『即効脳チャージ』&『テンションアップ』で行きましょう!

 

 

このサイトを広める