Theoria

第44回

 「伊能忠敬」という人物は、受験生なら必ず暗記する名前です。編集担当が社会科の先生になりたての頃、色々な学校の入試問題に何度もこの名前が出てくることに気づき、そんなに頻出なんだと印象に残ったことを覚えています。
 もちろん名前は知っていたけれど、江戸時代に正確な日本地図を作った、ということ以外は浅学にして知りませんでした。ならば勉強してみようと思ったものの、硬質な歴史書や学術書はちょっと重かったので、書店でこれならまだ読みやすかろうと、井上ひさし先生の「四千万歩の男」を手に取ってみました(ただこれも大作なのでとても長いお話なのですが)。
 現在の千葉県に生まれた彼はのちに酒造家伊能家に養子に出されます。傾きかけていた伊能家の経営を完全に立ち直らせた彼は、次々と事業を拡大し、莫大な資産を築きます。これだけでも立志伝中の人物と言えそうなのですが、彼が本当の人生を「歩み始める」のはここからなのです。
 独学で暦学を学んだ彼は、49歳のときに稼業を全て息子に譲り、翌年本格的に天文学を学ぶために江戸に出ます。そこで幕府の天文方、高橋至時に弟子入りするのですが、大作「四千万歩の男」はここで最も盛り上がる場面を迎えます。
 至時は当時31歳。忠敬とは19歳も年齢が離れています。封建的な価値観で成り立っていた江戸期にあって、この弟子入りは常軌を逸したものでした。至時も当初は「年寄りの道楽」と思い、億劫に感じていましたが、忠敬と対面し、話を聞くと、それまでに学んだ算法の素養が意外にもかなりしっかりしたものである事に驚き、また、何より学問に向かう情熱に感化されました。
 2人は年齢差をこえた強い師弟関係で結ばれ、忠敬は至時を生涯敬い、また至時も忠敬を「推歩先生(星の動きを測ること)」と呼んでその情熱を讃えました。
 そして忠敬は56歳から72歳で亡くなるまで、実に17年をかけて日本全国を測量し続けました。その距離は何と4万キロメートル。地球一周分に相当します。愚直に、地道に継続した測量の結果、 枚を超える地図を弟子たちが繋ぎ合わせ、「大日本沿海輿地全図」が完成しました。
 人間は夢を持ち前へ歩き続ける限り、余生はいらない―そう語っ伊能忠敬が情熱をかけて作り続けたその地図は、明治時代まで使われ続けたそうです。
 学びと年齢は関係ない。必要なのは情熱と意志である。編集担当も今年、恐れず挑戦し続ける一年にしたいと思っています。