夏期講座《小学部》

夏期講座

【小3】対象夏期講座

小3対象
勉強好きになる習慣づくりを行います。
 
  • 算数
  • 国語
 
時間帯日数平日週2日
講座料金19,000円(税別)

【ご注意】夏期のみの場合は別途教材費がかかります。

 

小3保護者の夏期講座を利用する目的として「来年のために『塾慣れ』をさせておきたい」「夏休みの間も勉強する習慣を切らせたくない」といった声が多く聞かれます。そのようなご要望をふまえ、無理なく通塾できる日数と授業時間帯をバランス良く設定しました。

 
算数『かけ算に強くなる』
 まずは前期に学習した2ケタ×1ケタ、3ケタ×1ケタのかけ算と1ケタの数でわるわり算の復習をし、計算力を向上させます。さらにこの夏期講座では、その計算手法を発展させ、2ケタ×2ケタのかけ算まで学習します。小学3年生にとって、このかけ算を得意にするか苦手にしてしまうか、大きな分岐点になります。当院では、生徒の皆さんにかけ算を好きになってもらい、豊富な計算練習と文章題演習でその学力の定着を図ります。
国語『自分で考えるクセをつけよう』
 夏期講座では、文のつくり(主語・述語・修飾語)と、ことばの知識をつけるための演習問題に数多く取り組みます。ことばをただ暗記するような問題ではなく、「自分で考える力」を養えるような問題構成になっています。また、毎週音読をすることで、ことばをより活きた形で取り込み、単語ではなく、文章として内容把握ができるような練習を重ねていきます。
 
指導単元
  • 2桁3桁のかけ算・文章題
  • 文のつくり・ことばの知識・音読・文章読解
 

▼CKコース併用はこちら

  • 算数
  • 国語
  • CKコース
 
時間帯日数週3日
講座料金27,000円(税別)

【ご注意】夏期のみの場合は別途教材費がかかります。

 
 
指導単元
  • 2桁3桁のかけ算・文章題
  • 文のつくり・ことばの知識・音読・文章読解

【小4】対象夏期講座

小4対象
学校レベルを超える内容に挑戦します。
 
  • 算数
  • 国語
  • 理科
  • 社会
 
時間帯日数平日週3日
講座料金30,000円(税別)

【ご注意】夏期のみの場合は別途教材費がかかります。

 

学習内容が一段と深まり、一方で学力の差が徐々に開き始めるのが小4。「他の習い事もまだまだ続けさせたい」といった保護者観が大多数ですが、しっかりとした基礎学力の定着が何より大切なこの時期、将来の受験の判断基準とするためにも、この夏期講座は必須です。

 

算数『計算力増強と分数・立体図形』

 前期に、大きな数・かけ算・概数・わり算など、整数計算のすべてを学んできました。夏期講座ではその計算力の確認と復習から入ります。この夏、塾が初めての生徒さんには、まずは計算力をつけてもらい、けた数が多くてもひるまない力を養成していきます。後半では、分数の性質と大きさ・立方体と直方体の学習をします。そして分数の概念や立体図形の基本知識についてしっかりと演習していきます。

国語『先の読解につながる基礎を身につけよう』 

 主に「ことばの力」を身につけるためのカリキュラムとなっています。これは、先の小学5・6年生で必要となる読解力の基礎となるものです。文のつくりやことばの知識を、詰め込みの勉強ではなく、自分で考えさせるような問題構成になっています。さらに、音読の練習もすることで『単語→文→文章』へと、段階を踏んだ学習ができるように工夫しています。

理科『まずは不思議を感じるところから』

「こん虫の体と育ち方」「星座」「温度によるものの変化」と自然に関することを学習します。身近なものが“理科”につながっていることを知ることが、受験理科の学習の始まりです。実際に見たり経験できる内容で子どもの“興味”“関心”を大きくします。ここで得た知識は、夏休みの中で実際に体験・経験することで自分の力になり、『楽しく学ぶ』から『学ぶ楽しさを知る』ことにつながります。

社会『日本の地理を理解する』   

 小学5年生から本格的な中学受験の学習に入りますが、小学4年生の段階で社会科に興味を持ち、基本内容を理解しておくことで、受験では有利に働きます。夏期講座では都道府県の内容を中心に、社会科に興味を持ってもらうこと、そして、小学5年生の先取りを目的として学習していきます。近年の入試で差が付きやすい思考題もそのベースになるのは暗記です。暗記のコツをつかみましょう。

 

指導単元
  • 分数・直方体と立方体
  • ことばの種類や知識・音読・文章読解
  • こん虫・星座・温度によるものの変化
  • 日本の地理・地形
 

▼2教科ライトプランはこちら

  • 算数
  • 国語
 
時間帯日数平日週2日
講座料金19,000円(税別)

【ご注意】夏期のみの場合は別途教材費がかかります。

 
 
指導単元
  • 分数・直方体と立方体
  • ことばの種類や知識・音読・文章読解

【小5】対象夏期講座

小5対象
中学受験内容の基礎基本を習得します。
 
  • 算数
  • 国語
  • 理科
  • 社会
時間帯日数全16日(96時限)
講座料金51,000円(税別)

【ご注意】夏期のみの場合は別途教材費がかかります。

後の学力の伸びを左右する重要分野を中心に、夏休みだからこそ可能な圧倒的な塾内学習時間で、きっちり基本理解を高めます。

 

算数『中学入試重要単元に挑む』

夏期講座では中学入試での重要単元の基礎演習を行います。割合では百分率についての考え方を表とグラフ、線分図を通して学習します。また図形に関しては、角柱や円柱に対する知識を学び、そこから水量の問題に発展させます。文章題は「仕事算」の問題について学習していきます。どれも入試には頻出の重要な単元ですので、この夏期講座でしっかりと演習を行い、各単元の基礎知識の定着を図ります。

国語『演習量アップで読解力をつける!』

夏期講座ではたっぷりの授業時間があります。そのたくさんの時間を利用して、文章読解のキモとも言える「段落」・「主題・要旨」の読解演習を積むことで形式面と内容面、双方から文章理解を目指していきます。さらに、個別添削も加わることで演習量が増え、読解力の強化へとつながります。また、入試での頻出問題からは、「熟語のつくり」・「ことわざ・慣用句」の単元知識を増やし定着を図ります。

理科『なぜ?を“分かった!”へ』

「太陽の動きと気温・地温」「天気・地震」などの気象に関すること、「ものの燃え方と空気」の化学に関することを学習していきます。身近なことを理屈から説明していくので、今までの「なぜ?」が“分かった!”に変わっていきます。普段、当たり前だと思っている現象など、子ども達の「なぜ?」を鋭く解決していきます。自分の知らなかったことを知る喜びを経験して、またそれ以上に知りたくなる「興味」「好奇心」が大きくなるはずです。そんな理科の奥深さと面白さを夏期講座では体感してもらいます。

社会『日本の工業を完全マスター』

小学5年生の地理分野のヤマ場ともいえる「工業」を中心に学習します。工業は日本の産業の基礎となっていることもあり、他の単元とくらべると、暗記する内容が多いという特徴があります。工業の種類・工業のさかんな地域、工業の発達に伴う公害や環境問題について学習します。しっかりと時間が取れる夏休みの期間を利用し、体系的にマスターしていきます。

指導単元
  • 割合・図形
  • 文法・読解
  • 地学分野
  • 工業・環境

【小6】対象夏期講座

小6対象
過去問演習によって実戦力を鍛えます。
 
  • 算数
  • 国語
  • 理科
  • 社会
 
時間帯日数全20日(120時限)
講座料金60,000円(税別)

【ご注意】夏期のみの場合は別途教材費がかかります。

 

濃密かつ圧倒的指導量の夏期講座。単元別の総復習を行いながら、問題演習を繰り返すことで基礎固めから応用力までを鍛えていきます。

算数『各単元の基本を総復習!本格的入試演習に備える!』
 小学5年生から入試に必要な各単元の基礎・基本を学習してきました。夏期講座では、それらの広範囲にわたる基礎・基本の反復演習を中心に行い、総合力の土台となる部分を築きます。(授業での演習+家庭での復習)で徹底的に基本・標準問題の演習をしていきます。夏期講座以降の本格的な入試総合演習に向けて、この夏はしっかりと答案作成力をレベルアップさせます。
国語『記述題徹底演習で夏を制する!』
 夏期講座の充実した学習時間を最大限に活用し、読解の記述題を中心に、徹底的に演習量を積みます。授業内での演習に加え、生徒個別の添削演習も行います。また、入試実戦演習もこの夏からスタートさせます。さらに、漢字・語句文法といった入試における得点源として必須の「知識」も、効率的に総復習を行っていくことで、しっかりと定着させます。
理科『単元総整理!入試突破力をつける!』
 夏期講座では基本的な知識の暗記はもちろん、様々な現象の理屈を理解した上での暗記を定着させていきます。知識を豊富にし、単元の総整理を行い、その知識の使い方を総合演習により、自分のものにしていきます。思考問題は、「解くパターン」や「解く手順」をマスターさせます。自分の知らないことを知る喜びから、自分が得た知識を使える楽しさへ。理解を伴った暗記と思考の融合学習をすることで、入試突破力を養います。
社会『入試演習前の総復習』
 秋以降、小学6年生は本格的に入試問題演習を導入していきます。演習を積むことで本番での応用力や判断力を鍛えていきます。この夏期講座では、その前段階として、入試頻出の用語や必ず覚えておきたい内容の総復習を行います。地理・歴史・政治内容の各分野を、時間をとって学習に取り組みます。夏の時期に暗記内容の基礎の定着を図り、秋以降の本格演習や応用題に備えます。
 
指導単元
  • 過去問演習