イベントブログ

2016 出雲大社 合格絵馬奉納

2016 出雲大社 合格絵馬奉納

平成28年11月28日の出雲大社合格絵馬奉納の様子をレポートします。

八百万の神が集う出雲へ、受験生と保護者の皆様の思いを届けました!

2016出雲誓

受験生と保護者の皆様の思いが込められた絵馬を奉納すべく、当院職員が出雲大社へ赴きました。この日は八百万の神々が出雲に集う神在月。受験生と志望校との縁を結ぶため、心を込めて参拝します。

2016出雲願

御祈祷前に、まず全員で拝殿へ。二礼四拍手一礼という出雲大社独特の参拝方法で生徒全員の志望校合格を祈念しました。ここからの受験指導で生徒を最高の状態に導くことを誓いました。

2016出雲絵馬1

この日までに集まった絵馬は700枚を超えました。1枚1枚に受験生の決意と願いがしっかりと込められています。

2016-出雲絵馬2

大切な絵馬を胸に抱えて、参道を歩み出します。両腕にずっしりと感じるその重みは、私たちの責任の大きさを示しています。

2016-出雲絵馬6

境内に入ってまず目に飛び込んでくるのがこの拝殿。重さ1tにもなる大きな注連縄が印象的です。出雲大社は縁結びの神様として有名です。

2016-出雲絵馬3

本殿横にはたくさんの絵馬やおみくじが結びつけられていました。白石学習院の絵馬は、御祈祷の際に直接奉納させていただいています。

2016-出雲絵馬5

本殿前にある八足門。一般の参拝者はここから先には進めませんが、特別に御祈祷後、本殿に入ることを許されました(写真撮影はNG)。

2016-出雲絵馬4

参拝と御祈祷を全て終え、教室長と各部門の責任者が集合しました。受験指導の総仕上げに向けて、全力で取り組んでいきます。

白石学習院代表 永田 英樹より

当たり前のことですが、私たち塾の教師には入試シーズンは毎年繰り返しやってきます。しかし生徒にとっては一生に一度しかない中学入試、高校入試。その重みを私たち自身が強く心に刻むため、このたび有志社員一同で出雲大社に参拝するとともに、生徒そして保護者様の思いの詰まった大切な絵馬を神前に奉納させていただきました。八百万の神々が集う出雲の地で、滞りなく無事に合格祈願が終わりましたことをご報告申し上げます。しかし神頼みはひとまずここまで。嘘偽りなく「人事を尽くして天命を待つ」ために、これから私たちは受験指導の最終仕上げに取り掛かります。生徒にとっても勝負の時です。これからやってくる冬の寒さの中で心技体(心知体)を研ぎ澄まし、一丸となって濃密な時間を過ごしてまいります。全員が来たる入試を悔いなく迎えるために、どうぞ引き続きご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

平成28年11月28日
白石学習院代表 永田 英樹