Theoria

タマシイ⑦ 西条教室

 こんにちは、今月は西条教室からの速読魂です。
受講生は毎回速読トレーニングを実施した後、西条教室の先生との脳トレ対戦を非常に楽しみにしています。「田中・岡村・貴戸先生の記録を超えろ!」を合言葉に、速読ブースの活気はうなぎのぼり。先生に勝ったときの快感が生徒のやる気スイッチをさらに押し上げているようです。それに伴い、自分自身の限界を少しずつ超えられているという喜びが、生徒たちの表情に自信と充実感をもたらしていることは間違いありません。
時折、まだ速読講座を受講をしていない生徒がトレーニング中の生徒を後ろからのぞきつつ、刺激を受けているようすが見られます。少しずつ速読の輪が広がっていることを実感します。
何事も継続してこそ結果が見えてくるもの。その中で自分の限界を超えたその瞬間が、生徒は一つ階段をあがった瞬間だといえるのです。そのときは徹底して褒める、賞賛する。
速読甲子園の結果が出そろい、まだまだ鍛えなければならないところが見えてきたのも事実。生徒一人一人に向き合いながら西条教室の速読講座をさらに盛り上げていきます。 by A.O